保険会社が倒産したら保障はどうなる。過去の事例から学ぶ

近年においては2008年10月に大和生命が倒産しましたが、それ以降今年2015年まで保険会社の倒産はありません。そのため、「保険会社が倒産するかもしれない」という危機感を感じている人は減ってはいますが、それ以前の西暦2000年前後にたくさん倒産した記憶が残っている人もいるため、初めて契約する保険会社だとその点が気になってしまう方もいるでしょう。

 

そこでこのページでは、保険会社が倒産してしまった場合に、契約はどうなってしまうのか、死亡保険金の支払いは行われるのか?などについて解説しています。また、ご自分で保険会社の健全性を見るポイントもアドバイスしていますので、ぜひご覧ください。FP2級技能士がまとめた記事です。

 

保険会社の倒産による契約への影響

倒産したなどとなれば、なにはともあれ、自分の加入している保険が、どうなってしまうのか心配になります。
わたし自身が加入していた保険会社が倒産してしまった経験がありますので気持ちがわかります。付き合いで第一火災海上保険に加入したのですが、契約してから3ヶ月という極短期間で倒産したのでよくおぼえている出来事です。結局は契約してまもなかったので解約しました。

 

さて、誰もが心配する契約への影響ですが、この点については、契約の保護を図る目的で「生命保険契約者保護機構」が設立されています。

 

この生命保険契約者保護機構が資金援助等を行ったり、救済保険会社を見つけたりして契約の保護を図るので契約が無効にはなりません。ですからあわてて解約する必要はありません。

 

保険会社倒産後の処理は2つのパターンに分かれる

万一、生命保険会社が倒産した場合には生命保険契約者保護機構の対応は次の2つのパターンに分かれます。

 

①「救済保険会社」が現れた場合は、資金援助等を行ないます。そして倒産した保険会社から救済保険会社へ契約の移転等が行われ、契約の継続ができるようになります。ただし保険金等の削減等が行われる場合があります。

 

②一方、「救済保険会社」が現われない場合には、生命保険契約者保護機構の子会社として設立される承継保険会社への保険契約の承継、または「保護機構」自らが契約の引受けを行うことにより、保険契約を継続させ保険契約者の保護を図ることになっています。

 

どちらのパターンにしても効力を失ってしまうことはありません。

 

生命保険契約者保護機構について

保険会社の倒産が相次いだことで設立されたのが、生命保険契約者保護機構です。保険業法に基づいて平成10年(1998年)12月1日に設立・事業を開始しました。

 

主な業務

①破綻した保険会社の契約を引き継ぐ救済保険会社への資金援助
②救済会社が現れない場合は、契約者保護機構の子会社として設立される承継保険会社への契約の承継をする。また、契約者保護機構自身が保険契約の引受を行うことにより、契約を継続させるという活動や援助を行います。国内で営業を行うすべての生命保険会社が、契約者保護機構に加入して<います。
生命保険契約者保護機構に加盟している保険会社一覧

 

国内で営業している生命保険会社を国内生保や外資系等で分類した一覧ページ

農協(JA)や生協などが倒産したらどうなる?

JAにおいては、保険会社ではないため生命保険契約者保護機構には加盟していません。そのため倒産した場合に契約は以下のような取扱いになります。

 


以下JAホームページより
窓口となっているJAの経営が困難になり破綻するような場合でも、共済契約は他のJAとJA共済連が共同して、またはJA共済連が単独でお引き受けすることにより、保障を継続してまいります。

と明記されています。

 

そして、他の生協などの共済が破綻したときにおいても、やはり公的な保護機構はありません。ですが、契約はそのまま連合会などに引き継がれます。ただし、小さいところも含めてすべての生協の共済が連合会などに必ず引き継がれるかどうかは定かではありません。

倒産した場合に保険会社の業務はどうなる

倒産した後の保険会社の業務について解説します。その場合には次の業務が停止になります。

 

停止となる業務

停止となる以下の業務についてはとりあえずは何もできません。

 

  • 新たな契約の締結、特約の中途付加、保険金額及び給付金額の増額、企業保険の引受割合の増加
  • 転換
  • 解約受付、契約失効時の払戻金の請求受付
  • 保障金及び給付金の減額、特約の解約受付、企業保険の引受割合の減少
  • 契約者貸付
  • 契約の払済、払済年金(団体年金を除く)及び延長定期への変更
  • 払込回数の変更
  • 年金支払開始日の変更
  • 保障期間、払込期間の変更
  • 保険・年金の種類変更
  • 年金の一括支払
  • 契約者の変更

入院給付金や満期保険金、死亡保険金等の支払い以外は停止されます。
もちろんずっと停止になるというわけではなく、受け皿会社や更生計画が決まれば可能になりますが、解約などは早期解約控除というペナルティーがつきます。

 

次に、過去に倒産してしまった保険会社を振り返ってみたいと思います。

過去に倒産した保険会社

この項目では過去にあった生命保険会社の倒産について解説しています。
過去を振り返ってみますと、1997年の日産生命の倒産から数えると、2015年まで合計8社あります。(損保は除く)

 

過去に倒産した保険会社

  1. 日産生命(97年4月)
  2. 東邦生命(99年6月)
  3. 第百生命(00年5月)
  4. 大正生命(00年8月)
  5. 千代田生命(00年10月)
  6. 協栄生命(同)
  7. 東京生命(01年3月)
  8. 大和生命(08年10月)

 

なぜ日産生命などは倒産したのか

過去に倒産した日産生命をみてみますと、複数の要因が重なったということが倒産の原因です。

 

①予定利率の高い個人年金保険の乱売
掛け捨て型の保険に比べて予定利率の高い年金保険が占める割合が高くては会社がもたないのはあきらかです。

 

当時、業界全体による個人保険販売のうち個人年金占有率は5.6%でしたが、日産生命は約25%もありました。いかに異常に販売されていたかがよくわかります。本来であれば経営側がそうなる前に販売中止をしなくてはいけないのですがブレーキ効かずに暴走してしまったのでしょうか。

 

②株式低迷や金利低下による逆ざやによる財務内容の悪化
バブル崩壊で含み益が消え、金利が低下しても予定利率の高い保険や年金は解約しないで残るため会社の体力が保てるわけがありません。

 

③新規契約販売の低迷や解約・失効の増大

 

④運用の失敗

 

日産生命以外の大手生保でも危ない会社はあったと当時は噂されていましたが、中堅の保険会社に比べて体力があったためギリギリ存続できたようです。

 

契約者にとって予定利率の高い契約を保持することはお宝となりますが、保険会社にとっては将来リスクを抱えるため、諸刃の剣となります。

死亡保険金の支払いはどうなる

倒産(破綻)したら死亡の支払いはどうなってしまうの?このことも心配になりますよね。以下のような扱いになります。

 

死亡保障の取扱い

もしも他の会社に契約移転が行われるまでの間に死亡事故等の支払いが発生したとなると、契約している保障金額等の90%(高予定利率契約は除く)を掛けた金額で計算され支払いが行われます。

 

ただし、倒産した保険会社と契約者保護機構の間で「補償対象保険金の支払に係る資金援助に関する契約」が締結された場合という条件はあります。

 

その後、更生計画等により定められた保険金が、先に支払われた金額よりも大きい場合は、その差額は追加して支払われます。

 

倒産すると保険金は減らされるのか

保険金が減らされるのは、主に貯蓄性の保険です。予定利率が高い保険ほど減らされます。いくら減らされるかはケースバイケースで違ってきます。

 

予定利率とは、生命保険の契約者に対して約束する運用利回りのことです。あらかじめこのくらいの%なら運用できるということで見込んで割引いて保険料をはじいています。ですから予定利率の高い契約は保険料が安いのです。貯金の金利と予定利率は違います。

 

高い予定利率以外の契約は責任準備金については保護機構によって破綻時の90%まで補償されます。つまりは、倒産してしまった保険会社に90%も責任準備金がないときは保護機構が不足分を穴埋めします。

 

責任準備金とは、将来発生する解約返戻金や死亡金、あるいは個人年金などの支払いのために保険料の一部を積み立てているお金のことです。途中で解約したら戻ってくるお金です。

 

90%と聞くと、支払った保険料や満期保険金の分とか思ってしまいがちですが、あくまで責任準備金の90%ですから間違えてはいけません。いずれにしても保険会社の倒産により損はしても得することはありません。

 

ところで、この90%は絶対ではないのです。過去にはもっと減らされてしまったケースもあります。
引き続きご覧ください。

 

責任準備金が90%を下回る契約とは

電卓で計算

 

倒産時より直前の5年間の予定利率が常に基準利率を超えていた契約、つまり、「高予定利率契約」については、下記の算式によって算出される率が補償限度ですので、さらに削減されます。

 

90%-{(過去5年間の各年における当該保険契約の予定利率-基準利率の総和)÷2}

 

平成26年8月時点での基準利率は3%ですが、それよりも過去5年間予定利率が高い契約は責任準備金は90%を下回ります。つまり積立てになっているお金がさらに減ってしまいます。

 

基準利率とは

基準利率は、生命保険各社の過去5年間の平均運用利回りを基準に、金融庁長官及び財務大臣が定めます。現在(平成26年8月)の基準利率は、3%です。この基準利率は、全生命保険会社の年平均運用利回りの状況により、見直しされます。

 

責任準備金の削減説明図

生命保険契約者保護機構の補償の対象となる契約

補償対象となる契約は、運用実績連動型保険契約の特定特別勘定に係る部分を除いた国内におけるすべての契約です。

 

特定特別勘定の保険とは

特定特別勘定とは運用実績で保険金等が変わる商品の運用は保険会社の資産とは別に区分して運用されます。

 

このように特定特別勘定商品は補償対象からはずされていますが、責任準備金を削減するかどうかは個別案件になりますが、削減しない更生計画を作成することは可能です。

 

早期解約控除について

倒産すると多くの人が少しでも早く契約を解約したいと殺到します。
早期解約をされる方が続出すると資金が流出し、その後の承継の予定に影響を及ぼしてしまうため、早期解約控除というのを設ける場合があります。

 

早期解約控除の例

早期解約控除というのは、通常支払う解約返戻金よりもペナルティーとして倒産(破綻)時からの経過年数によって割引いて支払うものです。

 

たとえば「本来なら200万円の解約返戻金があるけど、今解約すると160万円の支払いになります。しかし10年経過すれば、200万円支払います。」こういった感じのものです。

 

ですから、解約して定期預金にしておいて10年後に200万円になれば解約してもよいということになりますが、そうはならないはずですので、今すぐ現金が必要でなければ解約するよりも継続されたほうがよいとなります。

保険会社倒産後の保険金のモデル試算

この項目では倒産により予定利率や責任準備金がどのようになるのか試算しています。
倒産により予定利率や責任準備金を引き下げした場合の機械的試算によりますと以下のようになります。
モデル例は、「30歳で保険金100万円、保険料払込期間30年間の各商品に加入し、倒産により平成15年に契約条件を変更した場合」養老・定期保険の契約は保障期間を30年としています。(出典:金融庁データより)

 

以下、「養老保険は養老」、「終身保険は終身」、「定期保険は定期」と記載しています。

 

予定利率を3%に引下げ・責任準備金は100%のまま

昭和58年加入(予定利率5%)
  • 養老100万円→87万円
  • 終身100万円→71万円
  • 定期100万円→95万円
昭和63年加入(予定利率5.5%)
  • 養老100万円→79万円
  • 終身100万円→69万円
  • 定期100万円→92万円
平成5年加入(予定利率4.75%)
  • 養老100万円→82万円
  • 終身100万円→70万円
  • 定期100万円→94万円
平成10年加入(予定利率2.75%)
  • 養老100万円→100万円
  • 終身100万円→100万円
  • 定期100万円→100万円

 

予定利率を1.50%に引下げ・責任準備金も90%に引下げ

昭和58年加入(予定利率5%)
  • 養老100万円→72万円
  • 終身100万円→48万円
  • 定期100万円→88万円
昭和63年加入(予定利率5.5%)
  • 養老100万円→63万円
  • 終身100万円→42万円
  • 定期100万円→85万円
平成5年加入(予定利率4.75%)
  • 養老100万円→65万円
  • 終身100万円→46万円
  • 定期100万円→86万円
平成10年加入(予定利率2.75%)
  • 養老100万円→84万円
  • 終身100万円→72万円
  • 定期100万円→93万円

予定利率を2.50%に引下げ・責任準備金は100%のまま

昭和58年加入(予定利率5%)
  • 養老100万円→84万円
  • 終身100万円→64万円
  • 定期100万円→94万円
昭和63年加入(予定利率5.5%)
  • 養老100万円→75万円
  • 終身100万円→56万円
  • 定期100万円→90万円
平成5年加入(予定利率4.75%)
  • 養老100万円→77万円
  • 終身100万円→62万円
  • 定期100万円→92万円
平成10年加入(予定利率2.75%)
  • 養老100万円→98万円
  • 終身100万円→95万円
  • 定期100万円→99万円

終身保険の受け取り金額

加入したときの予定利率が違うため、倒産したときの経過年数によっても下記のように違っています。倒産前の終身保険金額を100とした30才男性の場合の金額です。(出典:金融庁データより)

 

終身保険60才払込済み 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
日産生命 100 80 80 65 58 58 57 61 61 61
東邦生命 72 71 70 56 56 45 40 39 39 41
第百生命 - 62 62 61 49 49 39 35 34 34
大正生命 67 55 55 55 2 42 35 30 30 30
千代田生命 - 70 69 69 53 53 42 35 35 35
協栄生命 92 76 76 76 55 55 54 39 39 39
東京生命 100 100 97 97 97 78 77 62 55 55

保険会社の倒産を心配するなら自分でも調べてみよう

保険会社の経営が健全であれば倒産とは無縁です。そこで健全性をみる指標として、①ソルベンシーマージン比率、②格付け、③基礎利益等がありますのでご紹介します。

 

ソルベンシーマージン比率

ソルベンシーマージン比率とは、通常の予想をこえたリスクが発生した場合に対応できる支払い余力を数値%で表したものです。

 

△△△保険会社:640%
☓☓☓☓保険会社:830%
○○○保険会社:400%

 

このような%で表示されます。数値が大きいほど安全と判断されています。

 

ただし、設立からまもない新しい保険会社では、資産運用リスクや保険金支払いリスクがほんんどないため数値は高くなります。

 

そのため経営歴の長い保険会社と比較しても意味はありません。問題なのは、この数値が200%に近いかどうかということになります。この数値を割ると金融庁から是正措置がとられることになっているからです。

 

信用格付け

格付けとは、格付会社が投資家向けに投資の判断材料として適格か不適格を記号で表しているものです。格付会社によって記号の表示は異なっていますが、最上級はトリプルA、最低ランクがCになります。

 

基礎利益

基礎利益とは、保険料から入ってくる収入と、保険金や事業をおこなっていく上での支払等の保険収支です。
それに加え、預金利息や株式・債権の配当金等収入を中心とする運用関係の収支からみる本業の儲けを示す指標です。2000年度から開示されるようになっています。

 

この基礎利益を単年度だけで見るのでなく、数年間の推移を見ることで経営がどのような状況をたどっているのかが分かります。最近では、株高のため、ほぼ各社とも運用収益が高くなり基礎利益に貢献しています。

 

逆にいいますと株式が下がれば基礎利益も減ります。そのため本当の意味では本業の儲けを示す指標とはいえません。

 

やはり、保険料契約件数なり、保険料収入がどうなって、支払い保険金がどうなっているのかを見ることで保険経営の状況が正確に把握できます。その点では、平成25年と比較しますと各社ほぼ保険料収入を減らしています。

 

外貨建てや円建て終身の一時払いを銀行窓販により販売して増やした保険会社もありますが、それを除けばやはり通常の保障性商品は減らしています。このような点をホームページにでている決算書を見てみるといろいろな発見があります。

 

保険会社倒産の記事のまとめ

保険会社が倒産してしまった場合には、様々な業務が停止され、また早期解約を防ぐため解約控除率が設けられることがあります。

 

しかしながら、倒産後に死亡の支払い等が発生した場合については、契約金の90%が支払われます。その後、更生計画により定められた保険金が先に支払われた金額よりも多い場合には追加で保険金が支払われます。

 

また、倒産によって責任準備金は、90%に削減されたり、予定利率の高い契約は予定利率も引下げられたりることになりますので、100万円という金額が70%や50%へと削減される契約もあります。

 

いずれにしても、倒産してしまった場合には、予定利率の高い貯蓄型の商品ほど影響が一番大きいということになります。

 

最後に・・・
保険会社が倒産してしまうことにより、契約者も困りますが、同時に従業員は路頭に迷うことになります。そんなときに頼りになるのが失業保険です。

 

保険会社の倒産記事とは直接関係がありませんが、倒産つながりで「会社都合、倒産でやめた場合の特定受給資格者について解説」も掲載してますのでよろしければご覧ください。

 

また、損害保険会社の倒産(破綻)記事についてはこちらの記事をご覧ください。

 

次のページ
医療保険の支払い日数と検査入院について
生命保険のまとめページに戻る
生命保険の種類について
生命保険の解約と税金についての解説ページ

関連ページ

国内の生命保険会社一覧
国内で営業している生命保険会社を国内生保や外資系等に分類したページです
更新型の生命保険とは
生命保険の更新型について解説
生命保険の失効とは
生命保険の失効について解説
生命保険の種類
はじめて生命保険に加入する方にとっては、どんな種類があるのかよくわかっていないかと存じます。そこでこのページでは生命保険にはどのようなの種類があるのかについて解説しています。
定期保険の種類
定期保険の種類は、平準定期や逓減定期、収入保障保険など
養老保険とは?
このページは、養老保険ついての説明とメリット・デメリットについて取り上げて解説しています。
終身保険とは?
このページは、終身の基本的なことや種類、活用法、またメリット、デメリットについて解説しています。
医療保険の種類
医療保険の種類について解説しています。
がん保険の種類
がん保険の種類について解説しています。
介護保険の種類
このページは、保険会社が販売している介護保険の種類について解説しています。
個人年金の種類
このページは、個人年金の種類について解説しています。
保険見直しの方法
保険を見なおしして保険料を節約するための方法について解説しています
生命保険の診査
生命保険に加入する際の診査について解説しています
ペストやエボラウイルス病と生命保険
生命保険の災害死亡に該当するエボラウイルスんどの疾病と免責について解説しています
長期入院の給付金請求
長期の入院や手術をした場合の給付金請求を行うタイミングについて解説。入院請求は1度に請求をすれば費用も少なくなります
死亡保険金の税金
死亡保険金を受け取った場合の税金について解説しています
生命保険の保険料の仕組み
生命保険の保険料がどのような仕組みで構成されているのか詳しく解説しています
社長や役員と生命保険
社長や役員が会社契約者とする生命保険について解説したページです。会社が社長の保険契約を締結する必要があるのかについて解説しています
医療保険の支払い日数
医療保険の日数の誤解と検査入院について解説。病気で入院し、その後同じ病気で再入院した場合には、どういう計算をするのかなど解説
むちうち症状と生命保険
むちうち症状があり入院したときに生命保険から支払いはあるのか?あなたはどう思いますか。そんな疑問に答えたページです
生命保険の改姓
結婚と生命保険の手続きについて解説したページです。結婚によって行なう手続きについて解説しています
保険業法などの禁止行為
生命保険を募集するにあたって保険業法、保険法、金融商品販売法、金融商品取引法などで禁止行為が定めれています。禁止項目の詳細とそれらの事例も掲載しています
60歳からの生命保険
60歳からの生命保険を考える。終身保険、医療保険、ガン保険について
生命保険での相続対策とは
生命保険を活用した相続対策のメリットなどについて取り上げた記事です。
医療保険は不要か必要か
医療保険は不要か必要かどうかについて解説しています
学資保険の確定申告と税金
学資保険の満期金を受取ったとき税金は一時所得かあるいは贈与になるのか、計算事例を出して解説しています。また確定申告はどうやっておこなうのか、オンラインでの申告書の作成手順も掲載していますのでぜひご覧ください
学資保険は必要か不要か
親として、子供が生まれると将来の教育費を貯めるために検討することが多い学資保険。そこで、はたたして学資保険は必要か、あるいは不要なのかについて検証してみました。また学資保険のメリットは何があり、デメリットは何なのかについても解説しています
学資保険のデメリットとメリット
ここでは学資保険のデメリットとメリットについてどのようなものがあるのか解説しています
学資保険の元本割れとは
元本割れする学資保険と元本割れしない学資保険について解説しています
かんぽ学資保険の保険料
2016年6月時点と2016年9月時点での「かんぽ学資保険」の保険料を比較してみました。
かんぽ生命の養老保険とは
かんぽ生命の養老保険の内容と配当金についてわかりやすく解説
かんぽ養老保険の貸付
かんぽ生命の貸付制度について解説しています。
かんぽ生命の解約手続き
かんぽ学資保険の解約の手続きや必要書類等について紹介しています。
かんぽ生命の入院保障とは
かんぽ生命には医療保険がありませんので、特約で入院保障をつけることになります。その仕組みについて解説しています。
お風呂場亡くなった場合の保険金
お風呂場や食べ物をのどに詰まらせ亡くなるというケースでの保険金の支払いについて検証しています
個人年金の保険料控除
個人年金の概要やメリットのひとつでもある個人年金保険料控除について、そしてデメリットについて解説しています
学資保険の返戻率比較
学資保険の返戻率は保険会社によってどうちがうのか調べてみました
生命保険の解約金の税金
収入が減ったので保険料を減らしたい、生命保険に入りすぎていた、他の生命保険に乗り換えたいなどの理由で解約することもあります。その際の税金や知っておくべき点について解説しています。
ニッセイ学資保険とは
日本生命の学資保険である「ニッセイ学資保険」の返戻率や特長などについて分析しています。
生命保険のクレジットカード払い
生命保険、学資保険、個人年金、自動車保険、火災保険などはクレジットカード払いすればポイントが付与されます。お買い物や時での利用やnanacoなどの他のポイントと交換することにより節約ができます。
死亡保険金を受取った場合の税金
生命の死亡保険金を受取ると相続税で計算されます。これらの詳細を解説しています。
総合福祉団体定期保険とは?
総合福祉団体定期保険の概要とメリット、保険料について解説
生命保険の受取人変更
死亡や満期受取人が指定されていても変更はできるのか?また受取人が死亡したときに変更をしなかった場合にはどうなるのかなどについて取り上げています。
太陽生命の相続に役立つ保険
太陽生命が平成28年7月4日に販売した無配当特別終身保険(商品名:まごころの贈り物)の内容について解説しています。
アフラックの給与サポート保険とは
アフラックが新たに発売した給与サポート保険のポイントについてFP目線で他社の所得補償保険との違いを比較しています。
給与サポート保険と団信革命の比較
就業不能状態が継続すると保険金が支払われるのがアフラックの給与サポート保険(所得補償保険)ですが、りそな銀行にも住宅ローン残高が0円になる特定状態保障特約付住宅ローン「団信革命」がありますので比較してみました
ぱるるでも就業不能保険とは
ぱるるで販売されている就業不能保険について調べてみたのでご紹介します
就業不能保険は必要か不要か
就業不能保険とは?必要なのかそれとも不要なのか。傷病手当金や障害年金などの公的保障との関係、就業不能保険の比較、保険料控除などについて紹介。
チューリッヒ生命の就業不能保険とは
チューリッヒ生命の就業不能保険について紹介しています。
明治安田生命の積立保険とは
明治安田生命から発売された積立保険のご紹介です。商品名は、「じぶんの積立」です。商品内容はどうなっているのか検証してみました。
ライフネット生命の就業不能保険とは
就業不能保険のランキング1位と目されるライフネット生命の「働く人への保険2」の鍾愛。他の就業不能保険と比較を交えて解説しています
家計保障定期保険NEO 就業不能プランとは
あんしん生命から2016年11月2日に新商品として「家計保障定期保険NEO 就業不能プラン」が発売されますので内容についてご紹介します。
外貨建て個人年金のデメリット
契約する前に知っておきたい外貨建て個人年金のメリットとデメリットについて解説しています
告知義務違反とは?
生命保険の契約をする際に告知があります。もれなく正しく告知をしないと後に告知義務違反で契約が解除されてしまうことがあります。そこで、告知義務違反とは?2年で時効になるのかについて解説しています。
特定不妊治療の保険とは
国内で初となる特定不妊治療を受けた際に給付金が支払われる保険が日本生命から発売されましたので内容について詳しくご紹介します
チューリッヒ生命とは
チューリッヒ生命の医療保険、がん保険、就業不能保険などの保険種類だけでなく、会社概要などについても掲載しているまとめページです