失業保険や健康保険、確定拠出年金、自動車保険、生命保険、火災保険について賢くなろう

失業保険、労災保険、生命保険、自動車保険、自賠責保険、火災保険、地震保険、住宅ローン、確定拠出年金、母子家庭などの解説サイトです
サイトマップ

旬な話題の記事

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関、選択ポイントは4つの特徴

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、銀行や信用金庫などの金融機関、証券会社、保険会社などたくさんのところで取り扱っています。 当然、それぞれのファンドには運用成績の良し悪しがあります。また毎月差し引かれる口座管理手数料は異なっています。このような点から、選択次第では大きな差が出てしまいます。

評価 評価4.5
備考 毎月5,000円から運用できるのが個人型確定拠出年金です

 

家計のポータルサイト

家計のポータルサイトへようこそ!
当サイトは、社会保険、民間保険を中心に構成したWEBサイトです。
記事につきましては、本人の体験、関係機関への電話取材、または、訪問しての取材等を元に最善をつくして作成しています。

 

失業保険

生命保険

失業保険給付

失業保険の加入条件、被保険者に該当する方等について解説しています。続きを読む

雇用保険料

生命保険は大きく分けると定期・養老・終身の3つになります。その種類について詳しく解説しています。続きを読む

自動車保険

労災保険

失業保険の給付日数

自動車保険は、賠償責任と傷害・車両の3つに分けられ、全部で7種類になります。続きを読む

失業保険のもらい方

労災保険保険にも療養補償や休業補償などたくさんの給付の種類があります。それらについて解説しています。続きを読む

人気の記事

母子家庭

母子家庭や父子家庭の就労や収入の状況、受取れる児童扶養手当や助成金、医療費助成、税金の割引、遺族年金、国民健康保険税の免除、教育訓練給付の講座や資格などについて解説しています。

失業保険とアルバイト

失業保険をもらうだけじゃ金額が少ないからアルバイトしたいと考える方は多いです。だって、離職前に給料をたくさんもらっていた人ほど給付率が50%と半分になってしまうわけですから。そこで、失業保険を受給してもアルバイトをして問題ないのかについて解説しています。

育児休業給付金

働いている方がこれから出産を迎えるにあたっての心配ごと。そのひとつに、その先にある育児のために仕事を休むことがあげられます。休めばやはり、いままでのようにお給料が入ってこないからです。そこで雇用保険の育児休業給付金があるわけですが、いくらもらえるのか、どのように手続きをするのかについて解説しています。

第4位 

会社を辞めて失業したときに、失業手当がもらえます。もちろん雇用保険の被保険者になっていないともらえませんし、ハローワークに求職手続きにも行かないともらえません。
では、その手続きに行ったとして、失業保険はいつから、そしていくらもらえるのか。これら疑問点について事例をあげて解説します。

第5位 

失業保険に加入していて一定の条件を満たしている方は、ハローワークに行って手続きをすれば失業手当をもらうことができます。もらえる金額は現職時の給料と同額とはいきません。およそ50~80%になります。そのため、失業手当をもらわずに転職できたほうが経済的にはよいことになります。