生命保険カテゴリー

生命保険記事一覧

このページでは、日本国内で営業を行っている生命保険会社を国内生保、外資系、損保系、ネット生保に分類し紹介しています。

このページは、生命保険の概要、保障の内容、責任開始日とは、特約とは、告知や告知義務違反等について解説しています。

「生命保険って種類がたくさんあってよくわからない」との声をよくお聞きします。そこでこのページでは、それらの疑問を解決できるように生命保険の種類にはどのようなものがあるのかについて、なるべくわかりやすく解説してみました。※共済は除いています。

掛け捨て保険の代表格である定期保険。その種類には、平準定期、逓減定期、収入保障、逓増定期保険などがあります。これらの詳細についてわかりやすく解説していますのでご覧ください。

生命保険に加入されたことのない方にとっては、いきなり養老保険という言葉を聞いてもなんのことを言っているのかさっぱりわからなないかと思います。そこでこのページでは、養老保険についてわかりやすく解説してみました。ここで解できることは以下の3点になります。養老保険の特長養老保険のデメリット・メリット養老保険の種類それでは本文をご覧ください。

生命保険初心者のための記事です。さて、生命保険は大別すると3種類ありますが、ご存知でしたか?その3種類とは、定期・養老・終身になります。こういってもピンとこないと思いますので、まずは終身保険について解説します。内容は、終身保険とは?種類、メリット・デメリット、活用法などについてです。長文ですが、どうぞ最後までご覧ください。

新聞や雑誌、インターネットなどで医療保険の広告をよく見かけます。これを見てすでに契約されている方はどのようなものかおおよそは理解できるかと思いますが、はじめての方にとっては、医療保険にはどのようなもので、どんな種類があるのかわからないかと思います。そこで、このページでは保険会社が販売している医療保険の種類について解説してみましたのでご覧ください。

新聞や雑誌、インターネットなどで「がん保険」の広告をよく見かけます。これを見てすでに契約されている方はどのようなものかおおよそは理解できるかと思いますが、はじめての方にとっては、がん保険にはどのようなもので、どんな種類があるのかわからないかと思います。そこで、このページでは保険会社が販売しているがん保険の種類について解説してみましたのでご覧ください。

介護保険というと公的介護保険を思い浮かべますが、保険会社でも介護保険を販売しています。公的介護の不足分を補うのが目的の保険です。このページでは保険会社が販売している介護保険の種類について解説してみましたのでご覧ください。

すでに個人年金の契約をされている方はどのようなものか理解できているかと思いますが、はじめての方にとっては、個人年金がどのようなもので、どんな種類があるのかわからないかと思います。そこで、このページでは保険会社が販売してい個人年金の種類について解説してみましたのでご覧ください。

筆者も保険の見直しをしたことがあります。インターネットで保険の広告を見て、自分の保険料より安くて内容もよさそうなので比べてみたことがあります。その結果、加入している保険と保険料はさほど変わらないにもかかわらず、内容がよかったので見直ししました。これが最初の保険の見直しです。2度目は、収入が減ってしまい、保険料負担がきつくなってきたので見直しをしました。誰でも、保険を掛けるときには、このくらいの保険...

生命保険の診査について解説。生命保険には、いくつかの診査方法があります。健康状態によっては承諾されなく、生命保険に加入することができないということもあります。

このページでは、2014年に世界中を震撼させたエボラウイルスなどの死亡を含んだ災害死亡の保険金支払いと免責について解説しています。

長期入院したときに医療保険の給付請求をおこなうのにいつしていいのか迷うことがあります。そのタイミングについて解説しています。

生命保険の請求でもあまりしたくないのが死亡保険金だと思いますが、この死亡保険金を受け取った際には税金はどうなっているのでしょうか。所得税、相続税、贈与税のどれに該当するのか、このページでは生命保険で死亡保険金を受け取った場合の税金について取り上げて解説しています。

毎月銀行口座から引落される生命保険の保険料。実は保険料には内訳があるのはご存知でしょうか。純保険料と付加保険料という要素で構成されているのです。そして純保険料を決めている要素に関係しているのが2つの率になります。ではその率とはどのようなものなのか、そして付加保険料とはどのようなものなのかについて、ご紹介していますのでご覧ください。

このページでは社長や役員は生命保険に加入する必要があるのかについて解説しています。

近年においては2008年10月に大和生命が倒産しましたが、それ以降今年2015年まで保険会社の倒産はありません。そのため、「保険会社が倒産するかもしれない」という危機感を感じている人は減ってはいますが、それ以前の西暦2000年前後にたくさん倒産した記憶が残っている人もいるため、初めて契約する保険会社だとその点が気になってしまう方もいます。そこでこのページでは、保険会社が倒産してしまった場合に、契約...

このページでは医療保険で誤解しやすい日数と検査入院は支払われるのかについて解説しています。

このページではむちうち症で入院したときに生命保険から支払いがあるのかどうかについて解説しています。

生命保険に加入している方が結婚すると、住所変更や口座変更、名義変更などおこなう必要がでてくる場合がありますので、それらについて解説しています。

このページは、生命保険を募集するにあたっての禁止行為について保険業法を含めて掲載しています。

このページでは60歳からの方が保険を選択する場合にどのような商品が考えられるのか様々な角度から検証し解説しています。

相続人同士、遺産分割がすんなりといかず禍根を残すトラブルは結構あります。どのくらいトラブルがあるのか統計からその実態を取り上げていますが、実際には財産の多い少ないは関係ありません。そこで、その対策としてこのページでは、「どのような生命保険を活用すると遺産相続争いを回避できるのか」について取り上げてみましたのでご覧ください。

日本では、公的な医療保険制度が整備されています。そのため病院への外来でも、入院や手術をしても最高でも医療費については3割負担です。また、高額療養費制度もあるため、医療費の上限は決まっています。そのため生命保険会社が販売している医療保険って加入する必要があるのかどうかという点です。そこで、このページでは「医療保険は不要なのか、必要なのか」について検証してみました。

このページは学資保険を満期等で受取ったときの税金についてと確定申告をする必要があるのかどうか、また満期の事例を取りあげての計算方法、さらに書面を使っての確定申告の方法について解説しています。

このページでは、学資保険は必要なのか不要なのかという声に対してメリット・デメリットを取り上げて解説しています。

このページは、学資保険のデメリットとメリットについていろいろな面から解説していますのでご覧ください。

学資保険も大きくわけると2つのタイプがあります。ひとつは元本割れしないタイプ。もうひとつは元本割れするタイプ。返戻率が100%を上回れば元本割れしないタイプですが、100%を下回る元本割れするタイプになります。このページではそれぞれについて書いてみましたのでご覧ください。

「かんぽ生命」は、民営化前は郵便局の簡易生命保険といい、昔から学資保険や養老保険がメインで多くの国民に親しまれてきた商品です。そんな学資保険も他社との比較で見劣りがあったため、リニューアルが行われ、貯蓄性を高め販売されたのが2014年です。しかしながら、ここのところの長期金利の低下でかんぽ生命だけではありませんが、貯蓄性も落ちてきたかと思いますので、そのあたりの状況はどのようになっているのか調べて...

国営時代は、簡易生命保険という名称でしたが、現在は民営化され「かんぽ生命」という名称になっています。そのかんぽ生命が販売している養老保険についてわかりやすく解説しています。

かんぽ生命は、医療保険そのものは販売していません。そのため入院保障がほしい場合には、基本契約に特約として「疾病傷害入院保障」などをつけることになります。しかしながら、かんぽ生命では、他の保険会社と違い、1日あたりの給付金額等がわかりずらい点があります。そこで、その点などについてわかりやすく解説してみましたのでご覧ください。

こどもの将来の教育費のためと思って、かんぽの学資保険に加入する方はたくさんいます。それでも途中で諸般の事情により支払いができなくなってしまうことがあります。保険料を支払わなければ、一定期間後には「失効」といって、保険の効力は失われてしまいます。復活といって、もとに戻すことはできますが、遅延してる分の保険料をまとめて納めなければいけませんので復活は難しいです。ですからそのままでは保険の意味をなしませ...

このページではお風呂場で足を滑らせ亡くなった、食物をのどに詰まらせた等の生命保険金の支払いについて解説しています。

個人年金の保険料控除の説明のまえに、個人年金についてお話しします。個人年金とは、正式には「個人年金保険」という名称になります。個人的に任意に積立てるから個人年金といいますが、国民年金および厚生年金、共済年金という公的年金の上乗せ目的の年金です。なぜ公的年金の上乗せをする必要があるのかは社会人の方なら意味はわかりますよね。そうです。公的年金だけではほとんどの方は老後資金が不足してしまうからです。別に...

学資保険を選択する際に、支払う保険料に対して、満期保険金がいくら受け取れるのかという返戻率は大事なポイントになります。そこで、各保険会社でどのくらい違うのか調べてみました。

生命保険の契約しても、支払いが困難になってしまったり、見直しにより他の保険に乗換えるなどにより解約をすることもでてきます。そこで、よくある疑問点として「解約金の税金」、「解約のタイミング」、「解約の手続きなど」、「解約とトラブル」などについて解説したページです。

生命保険会社にとっては、「解約」は保険料収入が減ってしまうのわけですから当然のごとく歓迎するべきことではありません。そのためホームページ上では解約について記述したくないのが保険会社の本音かと思います。それでも受け入れ難いであろう解約についての記述が多ければ、情報開示にオープンな保険会社であり、契約者にとって親切だと考えられ保険会社選びに役立つかと思います。そこで各社ホームページ上の解約関連記述につ...

学資保険といえば、かんぽの学資保険やソニー生命の学資保険が有名ですが、日本で長年にわたりガリバーとして君臨している日本生命にも貯蓄型の学資保険があります。商品名は「日本生命(ニッセイ)学資保険」といいますが、中身はどのような商品なのか徹底分析してみました。(2016年2月1日現在の内容です。)

生命保険・学資保険の保険料に限らず、自動車保険や火災保険などもクレジットカード払いができる保険会社はあります。銀行口座落としでもクレジットカード払いでも支払う保険料に変わりはありませんが、カード利用をすることによりポイントがたまります。このポイントをお買い物等に利用したり、他のポイントに交換することで、家計の節約に役立てることができます。ポイント還元率は?ほとんどのカードでポイント還元率は1%くら...

生命保険には必ず死亡保険金の受取人が指定されています。そのため被保険者が死亡した場合には、その受取人が保険金を受取ることになりますが、はたしてこの場合に税金はどうなるのかについて解説したページです。

通常、自分の生命保険は、自からの口座やクレジットカードから保険料を支払いますが、それとは違い、会社(法人)や団体が役員、及び従業等のために保険を掛けることがあります。このような場合にたくさんの従業員に保険を掛けるとなると会社や団体の負担が重くなってしまいます。そこで、なるべく廉価な保険料で掛けたいという要望に対して候補としてあげられるのが「総合福祉団体定期保険」になります。では、総合福祉団体定期保...

生命保険を契約している契約者本人が保険証券を見たときにふと思うこと。それは、「受取人は変更できるのか」ということ。あるいは、「もうひとり別に受取人を増やすことができるのか」そして「受取人を変更すると税金はどうなるのか」などです。また、被保険者が亡くなったときにすでに「受取人が死亡していても新たに指定していなかった」などがあります。そこで、生命保険と受取人のいくつかの疑問について取り上げてみました。

平成28年7月4日に太陽生命が無配当特別終身保険の販売を開始しました。特別とついているだけあって、今までの終身とは内容が違っています。では、どこが違うのか、どのようなメリットがあるのかなどについて解説しています。※ こちらは、太陽生命が群馬銀行や横浜銀行などの金融期機関をとおして販売されている商品です。

アフラックは、2016年7月19日から新商品の「給与サポート保険」を販売開始しました。この保険は、入院だけでなく自宅療養でも就業不能状態が60日継続したと医師に診断されたときに生存していれば、給付金が支払われる保険となっています。詳しくは後述していますが、現状ではこの手の商品は、ライフネット生命や日立キャピタルが所得補償保険として販売していますが、他の生命保険会社では販売していない、もしくは力を入...

アフラックの給与サポート保険は、就業不能状態が60日継続したと医師に診断されたときに保険金が支払われます。このような保険を一般的には所得補償保険と言います。また住宅ローンを抱えている人にとっては別称として住宅ローンサポート保険とも言っています。同じような保険として、団体信用生命保険の補償拡大版として、りそな銀行から三大疾病や身体障害になると住宅ローンが0円になる特定状態保障特約付住宅ローン「団信革...

就業不能保険や所得補償保険は生命保険会社や損害保険会社が販売しています。一般的には所得補償保険は保険期間が1年更新で、5歳刻みの年齢枠を採用しているため、この枠を超えるごとに保険料はアップしていきます。内容はそれぞれの商品によって違っていますので、前回、就業不能保険や所得補償保険の免責期間を比較をしてみましたの記事で取り上げました。今回は、ニッチではありますが、株式会社パルふれあいサービスが販売し...

アフラックから新商品発売されました。商品名称は「給与サポート保険」です。興味がありましたので早速資料請求をしてみました。

労働者のリスクのひとつとして、病気やケガでの長期休業があります。健康保険に加入しているサラリーマンなら1年6カ月まで健康保険からサポートがありますが、自営業者にはありませんので直に収入減につながってしまいます。このようなときのリスクに備えるために就業不能保険が販売されています。しかしながら、先ほども触れたように、サラリーマン等には、健康保険から傷病手当金が支給されますし、障害状態になってしまった場...

一般的には、就業不能保険や所得補償保険では、うつ病などの精神疾患で就業不能状態となっても給付の対象にはなっていません。その点、チューリッヒ生命の就業不能保険では、このような疾病でも条件はありますが、支払い対象になっています。また、その他に、チューリッヒ生命の就業不能保険と他社の商品ではどのような点が違っているのかについてご紹介しています。

新しいタイプの保険が明治安田生命から発売されました。商品名は「じぶんの積立」です。養老保険と同じように満期がありますが、養老保険ではありません。いつ解約しても損しない保険です。そこで、どのような内容の商品なのか調べてみましたのでご覧ください。内容は2016年10月時点のものです。

2016年4月23日号の週刊ダイヤモンドによると、就業不能・所得補償保険部門において、ランキング1位を獲得したのが、ライフネット生命の「働く人への保険2」です。そこで、このページでは、この保険の概要や特長、他の就業不能保険と比較してどこに違いがあるのかについて取り上げてみました。内容は2016年10月時点のものです。

昨今、各生命保険会社から就業不能保険がリニューアルされたり新商品が発売されている状況となっています。東京海上日動あんしん生命においても2016年11月2日から従来商品がリニューアルされ「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン」が発売されますので、その保障内容についてわかりやすくご紹介します。

公的年金の不足分を補うための商品としては、個人年金が一般的商品になります。ところが、ここ最近は利回りが特に低いため魅力的とは言えない状況が続いています。そうした中、銀行窓口での販売力もあり、外貨建ての一時払い年金を検討される方が増えてきています。外貨建ては、日本の利回りと比べると高利回りのため、とても魅力的に映ります。この点だけを見れば契約に前のめりになりがちですが、そこはやはりデメリットもありま...

通常、生命保険の契約をする際には、被保険者は「告知」をします。被保険者は、健康状態だけではなく、職業についても告知をする義務があります。これを「告知義務」といいますが、正しく告知をしないと告知義務違反となり、保険金の支払いが行われなかったり、契約そのものまでもが解除されてしまいます。ですので、生命保険に加入できたからといって、死亡や入院、手術等の給付金を請求しても告知義務違反となれば支払われません...

生命保険各社とも次々と新タイプの保険を発売しています。そんな状況の中、平成28年10月2日に日本生命が発売したのは、国内初となる不妊治療の保障をする保険です。不妊治療といいっても、すべてが対象になるのではなく特定不妊治療のみになります。では、国内初の不妊治療保険とはいったいどのようなものなのかレポートしてみましたのでご覧ください。

生命保険会社といえば思い浮かべるのが、日本生命や第一生命、明治安田生命、かんぽ生命など有名なところになるかと思います。分類としてはこれらの保険会社は、国内生保になります。一方、海外に本拠地があるのが外資系生保です。その中で今回は、チューリッヒ生命について取り上げてみましたのでご覧ください。