母子家庭

母子家庭記事一覧

このページは、児童扶養手当のシェアハウス問題から厚生労働省は35年間見直されていなかった課長通知を見直し、都道府県を通じ支給を行う市区町村に適正な反映を要請したという内容です。

シングルマザーが再婚するにあたって、実務上おこなう必要がある社会保険等に関する手続きとその他関連する手続きについて解説しています。どうぞ最後までご覧ください。

このページでは、母子家庭(シングルマザー)や父子家庭がもらえる自立支援給付金の概要や対象者、支給額について解説しています。母子・父子家庭の貸付制度についてはこちらの母子・父子寡婦福祉資金とはどのような貸付制度なの?をご覧ください。

このページでは、母子家庭(シングルマザー)と生命保険について考察しています。加入する必要があるのか、必要ないのか、あるとすればどういう保険種類を選択したらいいのかなどについてです。

このページでは、母子家庭(シングルマザー)や父子家庭、いわゆるひとり親家庭の住宅手当や家賃補助、住宅ローンについて掲載しています。

このページでは、母子家庭の人数や就業、収入の状況、代表的な手当である児童扶養手当、助成や支援制度として医療費助成、税金控除、国民健康保険税の免除、就業を支援するための教育訓練給付金、該当する講座や資格などについて解説しています。文章量が多いのでご興味ある項目を選んでご覧ください。

このページでは児童扶養手当で受取れる金額や所得制限、請求手続きに必要な書類、一部支給停止適用除外事由届出書についても解説しています。※平成29年4月から物価の上下に合わせて支給額が変わる物価スライド制が加算額にも導入されます。※平成28年8月分から児童扶養手当の第2子および第3子の手当額が増額されました。※平成28年4月以降の児童扶養手当の改定について児童扶養手当等の手当額は自動物価スライド制が採...

ひとり親が児童扶養手当の申請をしないのは、市のホームページに掲載されている表現が不適切であるためという報道についての記事です。

母子家庭(シングルマザー)は子育てと仕事を両立させるのはたいへんですが、働かなければ収入も入ってきません。でも、どうやって仕事を探すのがいいのか?ということでいろいろと情報を書いていますのでご覧ください。企業のウラ情報ではありませんよ。(笑い)

このページは、特別児童扶養手当についての概要、手当額、所得制限等について解説していますので、最後までご覧ください。※特別児童扶養手当は、母子家庭に限った手当ではありませんが、母子家庭のカテゴリーに入れています。

このページは、母子家庭に関係する「母子支援施設」について解説しています。

このページでは父子家庭に対しての助成金や所得控除など国や各自治体が独自でおこなっている制度について紹介しています。

厚生労働省の資料(平成23年度全国母子世帯等調査の概要)によりますと、母子家庭となった理由は、推計値123.8万世帯の母子家庭は離婚が80.8%、死別が7.5%となっています。父子家庭の場合は、離婚が74.3%、死別が16.8%です。ひとり親家庭となった理由は、離婚ばかりでなく、意外にも死別が多いのです。ところで、それまで夫婦お互いの収入で生活が成り立っていた場合には、ひとり親家庭ともなると収入減...

36年ぶりに児童扶養手当の改正が平成28年5月2日の参議院で可決、成立しました。これにより、2人目と3人目の手当額が増額されることになります。内容は下記をご覧ください。