母子家庭記事一覧

シングルマザーが再婚するにあたって、実務上おこなう必要がある社会保険等に関する手続きとその他関連する手続きと手順について解説します。シングルマザーが再婚(結婚)するとなると、ご存知の通り、役所に婚姻届を出すのが最初に行います。この手続については、一度は経験済みのことと思いますので説明は省きます。主な市役所等の手続きとしては、世帯主の変更があれば戸籍住民課に住民票の届出。引っ越しにより住所が変わる場...

このページでは、母子家庭(シングルマザー)や父子家庭がもらえる自立支援給付金の概要や対象者、支給額について解説します。母子・父子家庭の貸付制度についてはこちらの母子・父子寡婦福祉資金とはどのような貸付制度なの?をご覧ください。

母子家庭(シングルマザー)や父子家庭、いわゆるひとり親家庭の市役所等からの住宅手当や家賃補助についての一般的な内容についてご紹介。また母子家庭(シングルマザー)が住宅ローンを借入れる前に知っておいたほうがいいことと、借入を成功させるためのヒントなどについてご紹介します。

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのhamaです。今回のテーマは、母子家庭の手当や支援制度についての記事です。母子家庭には、国と地方それぞれでいくつかの手当と免除、減額などの支援制度が設けられています。その中でみなさんが代表的な手当として思い浮かべるのが児童扶養手当かと思います。児童扶養手当は、一人親家庭に該当される方の手当ですから、条件にあえば母子家庭のみならず父子家庭でも受取ることはできま...

児童扶養手当は、父母が離婚や父母のどちらかが死亡したなどの児童に対して国から支給される手当です。子ども1人に対しての手当が基本となり2人目、3人目の手当は加算するイメージになります。ただし、所得によっては、支給されない場合がでてきます。いわゆる「所得制限」です。そこで、このページでは児童扶養手当(母子手当)の金額や所得制限、そして請求手続きに必要な書類、一部支給停止適用除外事由届出書について解説し...

このページは、特別児童扶養手当についての概要、手当額、所得制限等について解説します。最後までご覧ください。当ページの情報は、厚生労働省の特別児童扶養手当について、あきる野市、東京都心身障害者福祉センターの特別児童扶養手当などを参考にまとめたものです。

厚生労働省の資料(平成23年度全国母子世帯等調査の概要)によりますと、母子家庭となった理由は、推計値123.8万世帯の母子家庭は離婚が80.8%、死別が7.5%となっています。父子家庭の場合は、離婚が74.3%、死別が16.8%です。ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)となった理由は、離婚ばかりでなく、意外にも死別が多いのです。ところで、それまで夫婦お互いの収入で生活が成り立っていた場合には、ひとり...

児童扶養手当は、毎年現況届を提出しますが、すでに受取っている児童扶養手当も状況が変われば受取れなくなることがあります。再婚などしたときはそうなりますが、実家に戻ったことでももらえなくなることもあります。今回は、そのようなことでもらえなくなった体験談をご紹介します。

児童扶養手当は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童。または、20歳未満で心身に一定の程度の障害がある児童がいる母子家庭などが受取ることができます。児童扶養手当の詳細については、こちらの児童扶養手当の金額(平成30年4月)はいくら?所得制限はどうなっているの?をご覧ください。しかしながら一度だけ申請すればずっともらえるものではありません。毎年現況届を提出する必要があります。そこ...