確定拠出年金

このページは、確定拠出年金の記事についてエントリーがされています。
確定拠出年金のメリット・デメリット、おすすめの商品、確定拠出年金法の改正、ポータビリティー、解約などの記事がエントリーされています。

確定拠出年金記事一覧

このページは、各金融機関の確定拠出年金個人型の運用を1年と3年でのベスト3を掲載してみました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、銀行や信用金庫などの金融機関、証券会社、保険会社などたくさんのところで取り扱っています。当然、それぞれの確定拠出年金に組込まれているファンドには運用成績の良し悪しがあります。また毎月差し引かれる口座管理手数料は異なっています。このような点から、選択次第では運用益に大きな差が出ます。結果、将来受取れる年金に違いがでてまいります。そこで、ここでは、おすすめの確定拠出...

2016年5月24日に確定拠出年金改正法が衆院本会議で成立・可決しましたので、2017年1月から主婦や公務員の方でも確定拠出年金に加入できるようになりました。そこで、確定拠出年金とはどのような商品で、どういったメリットやデメリットがあるのか、おすすめはどこなのかについて解説しました。《こんなんときどうする》会社を退職したら確定拠出年金はどうすればいいの確定拠出年金加入者が死亡した国内または海外に住...

このページでは、確定拠出年金個人型(iDeCo・イデコ)と企業型の違いはどういう点にあるのかと途中退職などして企業型から新しい職場への企業型へ、あるいは個人型に移し替えするなどの持ち運びについて解説します。

おすすめ

2016年5月24日に確定拠出年金改正法が衆院本会議で成立、可決しましたので、2017年1月から確定拠出年金制度の改正が行われることになりました。これにより今まで加入できなかった公務員や家庭の主婦が加入できるようになりました。これらの点も含めた改正内容と確定拠出年金はなぜ加入者が伸び悩んできたのかについて考察してみましたのでご覧ください。

このページでは確定拠出年金個人型(iDeCo・イデコ)のメリットやデメリット、所得控除でどのくらい得をするのかについて解説しています。

年間収入(給与所得)を103万円以下にすれば控除を受ける人は配偶者控除が使え、本人の所得税もないのでそうしている方は多いです。ただし控除を受ける人の所得が1000万円以下であれば、103万円を超えても141万円未満までは配偶者特別控除が使えます。といっても、控除額は段階的に縮小されていくので本人の所得税や住民税が増えてしまうのは事実です。そこで考えてみたのが、パートの方でも加入できるようになった確...

確定拠出年金を始めるにあたって知っておきたいのが、メリットとデメリットです。特にデメリットについては十分把握しておく必要があります。すでに確定拠出年金法の改正が成立し、2017年1月から施行されましたので、ここであらためてご紹介します。

SBI証券確定拠出年金

なぜ、SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)と企業型確定拠出年金は人気があるのか調べてみました。特長や商品種類、他社との違いなど、わかりやすくご紹介しています。

確定拠出年金個人型をはじめるにあたって悩むのが金融機関の選択です。金融機関の選択は、こちらのおすすめの金融機関の記事をご覧いただければと思いますが、次に悩むのが資産配分やポートフォリオではないでしょうか。運営管理機関に聞いても、運用商品の推奨は不可とされているため提案はしてもらえません。そこで、資産配分やポートフォリオについておすすめの考え方について紹介します。資産配分は、アセットアロケーションと...

2017年1月から公務員の方でも個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)に加入することができるようになりました。公務員といっても大きく分ければ国家公務員、地方公務員に分けられます。職種では、裁判所職員、警察、消防、教員、保育士、自衛官などに分けることができます。これら公務員の方は、現状でも一般財形貯蓄や財形年金貯蓄、共済貯金、保険会社の個人年金などでも老後資金作りはできますが、確定拠出年金が加わっ...

所得税や住民税が安くなるということなので確定拠出年金に興味はあります。だけど、「運用成績は自己責任です」なんて言われると、やはり引いてしまう方もいるでしょう。そのような方には、定期預金や保険会社の積立年金=元本確保型が用意されていますから元本を減らす心配がなくはじめることができます。といっても、「金利や手数料はどうなんだ」なんて思う方もいらっしゃるでしょう。そこで、本ページでは、個人型確定拠出年金...