地震保険

地震保険記事一覧

2011年3月11日に起きた東日本の三陸沖大地震を皮切りにその後も各地で大きな地震が起こっています。中でも記憶に新しいのが2016年4月14日に起こった熊本地震です。こちらも津波の被害こそなかったものの震度7の大きさもあり、非常に大きな被害をもたらしました。こういった大きな地震が起こったあと、すでに契約している方は、どのくらいの地震保険金額に契約していたのか確認したくなりますし、まだ契約されていな...

マンションの地震保険は必要なのか?そんな疑問に対してヒントになれるよう書いた記事です。

このページでは長野県白馬村で起こった地震による建物被害と地震保険金の支払いについて考えてみたページです。

東日本の大地震があってから地震保険加入者はだいぶ増えました。あのような大規模な被害を見てしまうと、地震保険に加入や検討しようかなという気持ちは当然かと思います。しかしながら加入にあたり気になるのが、地震保険料ではないでしょうか。そこで、このページでは地震保険料の計算方法に解説してみました。こちらは、FP技能士としての知識と財務省の地震保険制度の概要、日本地震再保険株式会社、三井住友海上などの記事を...

地震保険料を支払っている方は、地震保険料控除を受けることができます。結果、所得税の還付や住民税の軽減になります。では、地震保険控除額の計算はどうやるのか、給与所得者が控除を受けるためには、給与所得者の保険料控除申告書に記入しますが、どのように記入すればよいのかなどについて解説しています。こちらは、国税庁の地震保険料控除の概要、地震保険料控除の対象となる保険契約、三井住友海上の地震保険料控除制度など...

地震保険には、建物補償と家財補償の2つがあります。建物だけの地震保険に加入している場合、建物に一定以上の損害がなければ家具や電気製品などの家財が倒壊して部屋がめちゃくちゃになっても1円も支払われません。両方とも契約しておけばどちらに被害があっても支払い査定の対象にはなりますが、地震保険は単独では契約できないため、建物の火災保険料、家財の火災保険料、それに加えて両方の地震保険料も支払うことなります。...