失業保険について様々な内容を網羅

このページは失業保険の給付金、もらい方、アルバイトとの関係、扶養との関係、求職活動実績、保険料の計算、もらいかた、給付期間、育児休業給付金などについて構成してています。

 

 

失業保険カテゴリーでの人気ページ

失業保険受給中のアルバイトとハローワークにバレルわけ

失業保険の就職活動実績って何回必要でスケジュールはどうなっているの?

育児休業給付金とパパママ育休のためハローワークで申請手続きと計算

失業保険記事一覧

このページでは、「雇用保険とは?」どんな保険だったか忘れてしまった方、この保険について知っておきたい方、説明を受けたけど忘れてしまった方のために雇用保険の全体像がわかるように解説します。このページは、厚生労働省のホームページ、厚生労働省 職業安定局の資料、雇用保険法(適用除外)第六条、雇用保険に関する業務取扱要領(平成29年4月1日以降)・20302(2)被保険者の種類、ハローワークインターネット...

雇用(失業)保険の加入条件を満たしていれば、被保険者になります。ではその条件とは何か。また、失業(雇用)保険にはどのような給付があるのかについて解説します。なお、当記事は、厚生労働省のサイトにあるQ&Aページ、各種資料、ハローワークインターネットサービスのページを参考にまとめています。情報の正確性は、です。雇用保険の被保険者の形態についてはこちらの記事をご覧ください。

雇用(失業)保険の被保険者には、以下の4つの形態に分かれています。一般被保険者、高年齢被保険者、短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者です。それぞれ解説します。こちらの情報は、厚生労働省の「雇用保険事務手続きの手引き平成28年8月版第4章 被保険者について」と「雇用保険の適用拡大等についてのリーフレットを参考にまとめています。

雇用保険料を支払っていたからといって、会社を退職さえすれば失業保険から手当がもらえるわけではありません。もらえる条件に合致し、その上で自分自身で手続きをする必要があります。では、その条件とは何か?どこでどのような手続きをすればいいのか、その時にどんな書類が必要なのか、いつもらえるのか、どのくらいの期間もらえるのか、合計でいくらもらえるのかなど方法と手順について解説します。

雇用保険料は、労働者負担と事業主負担で構成されています。労働者が負担する雇用保険料は、失業等の給付のためです。そして、事業主が負担する雇用保険料は、失業等給付と二事業のためのものになります。二事業とは、雇用安定事業と能力開発事業(公的職業訓練)の2つを言います。雇用安定事業では、「事業主に対しての助成金」「中高年齢者等再就職の緊要度が高い求職者に対する再就職支援」「若者や子育て女性に対する就労支援...

ここでは、雇用保険料の計算方法、交通費や通勤手当は計算に含めるのか、端数処理についてはどうするのかなど手順について解説します。雇用保険についての全体像はこちらのページをご覧ください。

ハローワークのホームページを見てもどうもよくわからないという方のために、このページでは失業保険から受取れる失業手当の計算についての方法と手順について解説します。失業手当は、会社都合と自己都合等による離職では給付日数が違っている点も計算上大事なポイントです。

こんにちは。家計全般ライター・ファイナンシャルプランナーのハジメです。会社を退職した理由によって「失業手当」は給付制限期間が「ある」「なし」に分かれるのはご存知でしょうか?「ある」に該当すれば3ヶ月間も制限期間がありますので、なしとは大きな違いです。そして、他に、自己都合による離職かと思いきや「特定理由離職者」に該当し、給付制限期間がないものもあります。そこでどういった離職理由が「特定理由離職者」...

失業保険に加入していて一定の条件を満たしている方は、ハローワークに行って手続きをすれば失業手当をもらうことができます。金額は現職時の給料と同額とはいきません。およそ50~80%です。そのため、失業手当をもらわずに転職できたほうが経済的にはいいです。そうはいっても突然の会社倒産やリストラなどではそうはいかないケースも多々あります。すでにハローワークに行った経験がある方はもらうまでの手続もわかるでしょ...

このページは、失業保険の手当としてある、失業手当や技能習得手当、育児休業給付金、高年齢求職者給付金、就業促進定着手当等の手続きについて解説します。失業保険をもらうための手続きについてはすべてハローワークで行います。失業保険にはたくさんの手当がありますが、以下にひとつずつ必要な書類と手続きについて解説します。

ハローワークで、失業認定日に確認するものが失業認定申告書です。原則4週間に一度確認があります。この失業認定申告書により、失業手当が不支給となったり、あるいは減額されるものですから重要な書類です。また、記入にあたって、アルバイト等で4時間以上の仕事をしたか、あるいは4時間未満の仕事をしたかでカレンダー欄への〇✕印のつけ方が違ってきます。ただし4時間未満でも〇をつける場合があります。求職活動の実績欄へ...

このページでは、ハローワークはどういった組織で、どのような業務等を行なっているのか、東京や埼玉、千葉県など関東圏にはどこにハローワークがあるのかについて掲載しています。

育児休業後に働こうと思っていても子どもの病気や自分の体調が思わしくなくそのまま退職というケースもあります。そこで、このページでは、育児休業給付と退職について詳しく解説します。

育児と言えば母親の行うものというイメージがありますが、この頃は男性が育児にかかわる「イクメン」などがマスコミでも取り上げられるようになってきました。最近では国会議員のイクメン扱いについて論争もあり、益々注目されてくるテーマであります。さて、働いている母親または父親が育児をするともなれば、会社を休むことになります。そこで気になってくるのがお給料です。会社はこの期間の給料の支払い義務はないためほとんど...

高校を卒業したものの就職をしないで、短時間のアルバイトしながらやりたいことを見つけていたA君。また、雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられないB君。そんなA君、B君がやりたい仕事がiPhoneのアプリ開発。でも、二人ともアプリ開発を学ぶための学校に行くにはお金もかかるし、アルバイトができなくなるというジレンマをもっています。このようなケースで考えられるのが「求職者支援制度」です。求職者支援...

ここでは、失業給付期間が倒産や解雇、自己都合でなどの理由によってどう違ってくるのか、特定受給資格者や特定理由離職者などはどういう人が該当するのかについて解説します。

妊娠・出産などで会社を退職した場合は、被保険者期間が12ヵ月以上あっても失業保険をもらうことはできません。働ける状態にはないからです。しかし、産後に求職活動をするようになれば、もらうことができます。ただし、退職の翌日から1年間に限ってです。この間にもらいきらないといけないのでそれほど余裕はありません。そこで、このような場合には、失業保険の延長をしておけば最高3年間は延長できるので、あわせて4年間は...

失業保険をもらうためには、求職活動の実績が必要です。原則は4週間に2回以上になります。そして、その後も4週間ごとに実績が必要になります。そこで、求職活動の回数とスケジュールはどうなっているのか、民間職業紹介機関が行うセミナーや公的機関が行う職業相談、転職エージェントに相談などは求職活動実績として認められるのかなど疑問点があるかと思います。そこで、これらについて解説します。

このページは失業保険の受給とアルバイトの関係について解説しています。失業保険をもらうだけじゃ金額が少ないからアルバイトしたいと考える方は多いです。だって、離職前に給料をたくさんもらっていた人ほど給付率が50%と半分になってしまうわけですから。しかも上限額まで決まっています。そのアルバイトですが、ハッキリとしたことがハローワークのホームページ上に記載されていないためどのくらいしても平気なのか判断が難...

このページは、アルバイトやパートであっても失業保険の受給資格があるのかについて順を追って解説します。

失業手当とは別にハローワーク指定の条件に合致すればいただけるのが就業促進手当です。といっても、就業促進手当には、4種類あります。タイトルでご紹介の「就業促進定着手当」や「再就職手当」などはここに入ります。それでは、これらはどのような条件で受取ることができるのか、いくら受取れるのか、どのような計算方法で行うのか、申請方法と手順についても解説します。

働いている女性がこれから出産を迎えるにあたり、心配ごとのひとつに収入減の問題があります。育児休業により仕事につかなければ同じ金額の給料がもらえないからです。そこで、そのような方のために制度化されているのが、雇用保険の中にある育児休業給付金になります。ここでは、育児休業給付金の概要や支給額計算、手続き、さらにパパママ育休プラス制度について解説します。

あーっ。もうすぐ定年。退職したら雇用保険から受け取れる給付金はあるのかな?なんて、考える方も多いと思います。該当する手当としては、高年齢雇用継続基本給付金や高年齢再就職給付金があります。両方受取るわけにはいきませんが、ここではどのようにそれらを区別するのか、またそれぞれの受けとれるための資格要件、受給できる金額、手続き方法や手順について解説します。このページの前半は高年齢雇用継続基本給付金の説明で...

高年齢求職者給付金は、どういう方に受給資格があり、いくら受取ることができるのか理解できるページです。

失業保険と大きく関係しているのは失業手当などの各種手当だけではありません。再就職の目的を果たすために、テキスト代や工具代などだけで受講できる公共職業訓練制度も用意されています。職業訓練を受講するには条件もありますが、どのようなメリットがあるのか、そして、どういった種類の職業訓練あるのか。これら疑問点について解説します。

会社を辞めて失業したときに、失業手当がもらえます。もちろん雇用保険の被保険者になっていないといけません。ハローワークに求職手続きにも行かないと受給できません。では、その手続きに行ったとして失業保険はいつから、そしていくらもらうことができるのか。これら疑問点を解説します。

失業保険の中には、寄宿手当というものがあります。では、この手当はどういったものなのか、そしてどのくらいの金額を受取ることができるのか、また、その手続き方法や手順について解説します。

このページは、日雇労働求職者給付金の概要や給付金を受取るまでの流れ、雇用保険印紙、給付金の日額についての計算方法と手順について解説します。

教育訓練給付制度とは、どのような制度なのか、このページではまだ利用されたことがない方のために、給付金が受給できる条件、申請手続き、給付額、申請期間などがどうなっているのか。その計算方法と手順について解説します。

教育支援給付金とはどういった制度なのか、また、専門実践教育訓練給付金や一般教育訓練制度との比較等について解説します。参考:政府広報オンライン 暮らしに役立つ情報、厚生労働省の教育訓練給付制度リーフレット、ハローワークインターネットサービス、教育訓練対象講座検索システム、専門実践教育訓練リーフレット、ハローワークに電話確認、

雇用保険に加入していても誰でもが失業手当を受取れるわけではありません。やはり受給するには条件があります。そこでこのページでは、失業手当を受取れる条件にはどのようなものがあるのかについて解説しています。

失業保険から受け取れる給付に「求職者給付」があります。といってもこの名称そのものの手当はありません。4つの手当の総称だからです。では、その4つの手当とはどういったものなのかについてひとつずつ解説しています。

失業保険には、傷病手当金があります。漢字からおおよその検討がつくかと思いますが、健康保険の傷病手当金とは異なるものです。では、こちらの傷病手当金とはどのようなときに受取れるのか、またその手当の計算方法について解説します。

雇用保険の特例一時金の概要や資格対象者、手続書類などについて解説しています。

日本は、高齢者が益々増え、要介護者も増加の一途をたどっています。そのため50代ともなると親が要介護者になり、その世話のことで頭を悩ます人も増えています。要介護者を自宅で世話をする場合、介護保険を使えば1割か2割の自己負担でヘルパーに依頼できます。しかしながら、要介護度によって利用限度額があるため常時依頼することはできませんから、それ以外の時間帯は身内で行うのが一般的です。問題は、仕事を抱えている現...

離職したので雇用保険から失業手当をもらいたい。そのためには必要書類を持参してハローワークで手続をすることになります。その書類のひとつに「離職票」があります。正式には雇用保険被保険者離職票といいますが、ここでは省略して「離職票」といいます。離職票は大事な書類ですが、紛失してしまった方は再発行はどうすればいいのか。離職証明書と離職票の違いは何か。その方法と手順、違いについて解説します。

会社を退職し、失業手当をもらうには雇用保険被保険者証が必要になります。また再就職先の会社からも雇用保険被保険者証の提出を求められたりもします。普段は雇用保険の被保険者証を使うことはありませんし、名刺くらいの大きさのものですから「紛失してしまった」という方は結構います。そういったときには再発行ができますので問題ありませんが、ハローワークに行って手続きします。その方法と手順について解説します。

失業保険手当のひとつに「教育訓練給付」があります。そして教育訓練給付には、2つのコースがあります。一般教育訓練給付と専門実践教育訓練給付です。これらはいくら給付されるのか、どのような方が該当するのか。その内容について解説します。

トライアル雇用とは雇用保険制度にあるものです。では、どうのような制度で、メリットやデメリットはどういったものなのか。また事業主は、トライアル雇用奨励金はいくらくらい受取ることができるのか、トライアル雇用併用求人とは。その内容と計算方法について解説します。

会社を離職し、失業保険を受取るとなったときに思い浮かぶことが、「家族の扶養に入れるのか」ということではないでしょうか。ただし、扶養といっても、「税金上の扶養」と「健康保険上の扶養」とがありますので、一概に扶養に入れるとはいえません。そこでこの点はどうなっているのか。その内容と計算方法について解説します。

離職証明書や離職票とはどのようなものなのか。似た言葉ではありますが、使い方はまったく違ったものになります。その違いについて解説します。

失業保険から基本手当を受給するためには、規定回数の求職活動実績を踏まえたうえで、失業認定を受ける必要があります。この日を失業認定日といい、原則4週間に一度ハローワークに行って確認を受ける必要があります。しかしながら、本人の急病や親族の葬儀等の各種事情により行けない場合もでてきます。さすがに急病なら変更が認められますが、認められないものあります。そこで、どのような理由のものが失業認定日の変更が認めら...

失業保険にはたくさんの手当がありますが、中でも再就職手当は、該当する方が多く身近な手当のひとつになっています。そこで、再就職手当の条件、手当額の計算方法、手続書類など。その方法と手順について解説します。※雇用保険法改正により、平成29年1月1日から再就職手当の給付率は引き上げられる予定です

平成29年1月1日から、雇用保険の一部が改正され適用されました。今回の改正は、年齢が65歳以上の方でも雇用保険の対象になった点です。例えば65歳上の方が、あらたに会社に勤めた場合や、すでに職場に勤務している65歳以上の方。このような方は、「高年齢被保険者」として雇用保険に加入することになります。その内容について解説します。改正前の雇用保険においては、65歳の誕生日前々日から同じ事業主で雇用されてい...

ハローワークには様々な手当がありますが、今回は、平成29年1月から制度化された短期訓練受講費について解説します。下記リンク先のリーフレット等をご覧いただければわかると思いますが、わかりやすいようにかみくだいて解説してみましたのでご覧ください。参考:ハローワークインターネットサービス、厚生労働省の短期訓練受講費リーフレット、