雇用保険料の計算と端数処理について解説

雇用保険料の計算と端数処理について解説
サイトマップ

ここでは、雇用保険料の計算方法、交通費や通勤手当は計算に含めるのか、端数処理についてはどうするのかなど手順について解説します。
雇用保険についての全体像はこちらのページをご覧ください。

 

 

2015/05/02 20:51:02

雇用保険料の計算はどうやるの?

雇用保険に加入している被保険者が納める保険料が雇用保険料になります。

 

内訳として、雇用保険料には、働く者と事業主が折半で負担する「失業等給付」と事業主のみが負担する「雇用保険二事業」というものがあります。それぞれの料率を加えたものが雇用保険料となり、お給料から徴収されます。

 

「失業等給付の料率」については、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」に基づき、雇用保険受給者実人員の状況や積立金の状況を勘案し、厚生労働大臣が労働政策審議会の意見を聴いて、一定の範囲内で変更することが可能となっています。

 

毎年4月1日から翌年の3月31日まで1年間の雇用保険料率が決められ、それに従い徴収されています。

 

以下の表は、平成28年4月1日から29年3月31日までの雇用保険料率です。

 

平成28年度雇用保険料率

 

雇用保険料の計算上賃金に含めるもの

雇用保険料の計算は、「賃金×料率」となります。

 

対象となる賃金には以下のものを含めます。超過勤務手当や特殊手当まで計算対象になるので、お給料が増えれば、その分もしっかりととられるということですね。

 

  • 基本給(賃金)
  • ボーナス
  • 通勤手当(交通費)
  • 定期券や回数券
  • 超過勤務手当
  • 深夜手当
  • 扶養手当
  • 子ども手当
  • 家族手当
  • 技能手当
  • 特殊手当
  • 教育手当
  • 調整手当
  • 地域手当
  • 住宅手当
  • 奨励手当
  • 物価手当
  • 宿直・日直手当
  • 休業手当
  • 昇給差額等

 

雇用保険料はどのように計算して端数処理はどうする

それでは実際に雇用保険料の計算をしてみましょう。

 

① A君はお給料が229,900円。一般事業に該当し雇用保険料を源泉控除した場合です。

 

1円未満の端数が生じた場合は50銭以下切り捨て、50銭1厘以上の場合は切り上げします。

 

端数切り下げの例

A君の負担は、4/1000なので、919円60銭です。
これを源泉徴収しますと、229,900円-919.60円=228,980円40銭になります。端数が40銭になりますので切り捨てします。

 

結果、228,980円が賃金になりますので、雇用保険料は229,900円-228,980円=920円になります。

 

 

端数切り上げの例

② B君は勤務先が建設事業に該当し、お給料が301,230円。雇用保険料を源泉控除した場合

 

B君の雇用保険料率は5/1000なので1,506円15銭です。
これを源泉徴収しますと、301,230円-1,506円15銭=299,723円85銭になりますが、端数が85銭ですので切り上げます。

 

結果、299,724円が賃金になりますので、雇用保険料は、301,230円-299,724円=1,506円になります。

 

尚、雇用保険料を源泉徴収しない場合は、50銭未満は切り捨て、50銭以上は切り上げになります。

雇用保険料に免除がある

「雇用保険料の免除」とはどういうことかといいますと、ある年齢がくると支払いが免除になる点をいっています。

 

その年齢が64歳以上です。

 

詳しくお話ししますと、こういうことになります。
免除されるのはその年の4月1日以降で64歳以上になっていれば免除になります。しかしながら雇用保険では4月1日~翌年3月31日を「年度」としていますから、64歳の誕生日がきてすぐに免除されるのではなく、翌年の4月分からになります。唯一、その年から免除されるは4月1日が誕生日の方になります。

 

ただし、日雇い労働者や季節労働者は免除はありません。もちろん、65歳以上で再就職された方はそもそも雇用保険に加入できませんから保険料の徴収もありません。

 

※ 平成29年1月1日から65歳上でも雇用保険に加入できるように法律の改正が行われました。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

雇用保険料はどのように納めるのか?

雇用保険料は一般的にはお給料から引いて事業主が労働局に納付をします。納付には二通りあります。

 

ひとつは最寄りの銀行や信用金庫、郵便局等の金融機関へ納付書を使って納める方法です。

 

もうひとつは、口座振替による方法です。こちらは、納期の締切日までに手続きを行い、届出の金融機関口座から引き落とします。また一般適用事業所は雇用保険料だけではなく、労災保険保険料もいっしょに納めます。

 

口座振替の申込書は厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

 

労働保険料は分割納付(延納)ができます

労働保険料(雇用と労災保険の保険料)の納付は一般的には年1回となります。

 

しかし、概算保険料が40万円を超えている場合は、3回に分割して納めることができます。また、労災保険保険又は雇用保険一方のみ成立している事業にあっては20万円でもOKです。

 

新規に加入した場合には以下のような納期限になります。
4/1~5/31に加入:3回納付
6/1~9/30に加入:2回納付
10/1以降の加入した場合は延納ができませんので3月31日分までの労働保険料を一括して納めます。

雇用保険料計算についてのまとめ

雇用保険料は毎年4月1日から翌年の3月31日まで1年間の雇用保険料率が決められます。
事業主と労働者が同率で負担しますが、雇用保険二事業の料率については事業主のみ負担となります。

雇用保険料を計算する場合に賃金に含めるものとして、ボーナス、通勤手当、超過勤務手当、扶養手当、住宅手当、技能手当等を含めて計算をします。

年1回納めるのが一般的ですが、概算保険料が40万円を超えている場合等では、3回に分割して納めることができます。

納める方法として、雇用保険料と労災保険保険料は近くの金融機関から納付書により納めるか、指定金融機関口座からの引き落としにより労働局に納める方法があります。

最後に・・・
失業保険の受給額についての計算についてはこちらのページをご覧ください。

該当カテゴリー:雇用保険(失業保険)
関連カテゴリー:労災保険健康保険

 

関連ページ

雇用保険の仕組み
雇用保険の仕組みについてわかりやすく解説しています
失業(雇用)保険の加入条件
失業(雇用)保険にはどういう給付種類があるのか、そしてどんな働き方をすると被保険者になるのか、さらに、被保険者になれる人となれない人はどういう人なのかについて解説しています。
雇用保険の被保険者には4種類あります
雇用保険の被保険者の種類について解説
失業保険手当を受取るための手続きはどうすればいいの?
失業保険から失業手当をもらうための手続きについて解説。
雇用保険の助成金にはどのようなものがある?
雇用保険は、雇用安定事業も行っています。そこには、事業主に対しての助成金があります。では、その助成金にはどのようなものがあるのかについて取り上げています
失業手当計算の大事なポイントについて解説
失業手当の計算は、基本手当日額×所定給付日数で行いますが、これらの言葉の意味を知らないと計算できませ。
倒産や会社都合で退職したときは特定受給資格者に該当
失業保険の被保険者が倒産や会社都合でやめた場合に該当する特定受給資格者について解説
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについて解説しています
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについてズバリ解説しています
失業保険で受取れる各種手当の手続書類
失業保険の手続きをしてもらえる手当てについてまとめたページです
失業認定申告書の書き方と転職サイトの応募について
失業認定申告書の書き方について大事なポイントとインターネットから転職サイトへ応募した場合の記入例について説明しています
東京管内のハローワークと埼玉県、神奈川県の所在地
東京にあるハローワークの所在地をご紹介。また埼玉県・千葉県・神奈川県の所在地についても掲載しています
育児休業給付金と退職についての大事なポイント
育児休業給付金と退職についての大事なポイントについて解説しています
育児休業給付金が初めての方の重要項目のまとめ
育児休業給付金とはどういう給付金なのか?いくらもらえるのか?いつもらえるのか?どこからもらえるのか?どういう手続きが必要なのかなどについてわかりやすく解説しています。
求職者支援制度とは?給付金について徹底解説
失業保険がもらえない、もらっていたが再就職できずに支給が終わった、雇用保険の加入期間が足りないためもらえないなどの方は求職者支援制度で月10万円もらいながら職業訓練が受けられます。
失業手当の給付期間は、倒産や自己都合で違います
失業給付の期間は倒産や解雇という会社都合と自己都合での離職理由によって違ってきます
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説しています
失業保険の求職活動実績って何回必要でスケジュールはどうなっているの?
失業保険の求職活動実績とスケジュールはどのようになっているか詳しく解説していますのでご覧ください
失業保険受給中のアルバイトとハローワークにバレルわけ
失業保険の給付制限中よ受給中のアルバイトについて。アルバイトをしてはいけないということはありませんが収入があることによって手当が全額不支給や減額、全額支給などになります。こういった点も含めて色々と解説していますのでご覧ください
失業保険の受給資格はパートやアルバイトでも対象になるの?
失業保険の受給資格に該当する方はどういう方なのかについて解説ています
就業促進定着手当とはどのような手当でいくらもらえるの?
就業促進定着手当は、就業促進手当のひとつで、他に再就職手当、就業手当、常用就職支度手当があります。それらの手当はどういう人を対象に支払われるのか、また失業手当てを受取るよりも早期に就職し、これらの手当も受取ったほうが有利なのかも検証しています
育児休業給付金とは?手当の計算方法と申請手続きについて解説
雇用保険からもらえる育児休業給付金とは、どのような手当なのか。また計算方法やハローワークへの申請手続き、支給日、パパママ育休プラスについてもについても解説しています。
高年齢雇用継続給付とは?計算や手続きなども解説
高年齢雇用継続給付の概要や計算、手続きについて取り上げた記事です。
高年齢求職者給付金をハローワークからもらえる資格条件とは?
このページでは高年齢求職者給付金を受取れる条件は何か、支給額はいくらか、支給期間はどのくらいかについて知ることができます
職業訓練の受講メリットとは?受講手当、通所手当とはなに?
失業保険を受給しながらも職業訓練を受講することができます。そのメリットとは何か、また受講手当や通所手当なども給付されますが、どういった手当なのかについて紹介しています。
初回失業手当はいつから、いくらもらえる。待機期間って何?
初回失業手当は30日分というわけでもありません。いつから、そしていったいいくらもらえるのかについて事例をあげて解説したページです。
寄宿手当とはどういう手当なの?
寄宿手当の概要、手当額、手続き等について
日雇労働求職者給付金について解説しています
日雇労働求職者給付金について
教育訓練給付制度について知っておきたいポイントのまとめ
教育訓練給付制度とはどのような制度で誰が利用できるのか、給付金の金額などについてご紹介しています。
教育支援給付金とは?専門実践教育訓練給付とは?
教育支援給付金と専門実践教育訓練給付金について解説
失業保険の受給条件には何があるの?
失業保険の受給条件についてはどういったものがあるのかについて取りあげた記事です。
失業保険からもらえる給付にはどんな種類があるの?
失業保険からもらえる手当にはどのような種類のものがるのかについて取り上げています。
失業保険の傷病手当とはどういう手当なの?
失業保険の傷病手当金について解説
雇用保険の特例一時金をもらえる要件をご存じですか?
季節的に雇用される者に給付される特例一時金について解説
介護休業給付金の支給要件や支給額についてのポイントを解説
介護休業給付金についてのポイントを解説
離職票の再発行手続き。離職証明書との違いはなに?
離職票の再発行と手続き。それと離職証明書とのい違いについて。離職証明書のダウンロードはできるのかについても解説しています。
雇用保険被保険者証の再発行手続きはどうすればいいの?
雇用保険被保険者証の再発行手続きについて解説
教育訓練給付制度の条件とはなんですか?
教育訓練給付制度の条件や受け取れる金額には限度がある点、専門教育から支給される金額の上限などについてわかりやすく解説しています。
トライアル雇用とは?メリットとデメリットはなに?
トライアル雇用やトライアル雇用奨励金、メリットやデメリットについてのポータルページです。
失業手当をもらったら扶養は外れる?外れない?
失業保険をもらった場合の扶養は外れるのか。税金、健康保険、年金との関係について解説しています。
離職証明書と離職票はどう違うの?
離職証明書と離職票はどういうものなのか。またどう違うのかについて解説しています
失業認定日の変更はどんな理由なら認められるのか
失業認定日にハローワークに行けない理由で認められているものについて紹介
再就職手当の条件と給付金額の計算について知っておきたいこと
再就職手当の条件は、所定給付日数の3分の1以上残っている必要があります。さらに3分の2以上あると給付率が違ってきます。これらの計算方法についてご紹介しています。
雇用保険適用拡大、65歳以上の方は高年齢被保険者となりました
雇用保険法改正によって適用拡大され、平成29年1月1日から65歳以上の方でも加入できるようになり、高年齢被保険者となりました
短期訓練受講費とは?誰が対象なの?
平成29年1月から始まった制度で再就職をするために1か月未満の教育訓練を修了した場合に支給されるの短期訓練受講費について解説