会社都合での退職と失業保険の関係、特定受給資格者に該当するとどうなる?

失業保険の被保険者が会社都合(倒産や解雇)で離職した場合には特定受給資格者に該当します。該当するとどうなるのかについて解説します
サイトマップ

退職理由が会社都合なのか自己都合なのかによって「失業手当」は給付制限期間が「ある」「なし」に分かれるのはご存知でしょうか?

 

会社都合(倒産や解雇)の方は、特定受給資格者といいますが、給付制限期間はありません。しかし、自己都合の「ある」に該当すれば3ヶ月間も給付制限期間があります。そのために、なんだかんだでだいたい4ヶ月間も無収入になります。それですので制限期間が有る無しとは大きく違ってきます。

 

そして、他に、自己都合による離職かと思いきや「特定理由離職者」に該当して給付制限期間がないものもあります。そこで、会社都合はいつ受取れるのか、どういった離職理由が「特定理由離職者」に該当するのかなどについて解説します。

 

 

2017/10/02 10:34:02

失業保険は離職理由によってもらえる日数は違う

繰り返しになりますが、会社都合でやめた場合と自己都合の場合では失業保険から受取れる日数が違ってきます。

 

会社都合での離職とは、倒産や解雇などの人が該当しますが、このような方を「特定受給資格者」といいます。

 

また、自己都合の退職であっても、正当な理由がある場合の退職については「特定理由離職者」といいます。特定受給資格者と同様に失業保険の給付期間が自己都合の離職に比べて長くなる場合があります。また、自己都合では3ヶ月の給付制限期間がありますが、これがなくなるなどの違いがあります。

 

会社都合で離職した場合にはいつから受取れるのか

会社都合の離職は、給付制限期間はありません。だからといって、ハローワークで求職手続きをすれば翌日にでも失業手当を受取れるわけでもありません。

 

やはり、7日間の待期期間があります。
また、その後に行われる受給説明会への必須参加、そしてその後1~3週間後に第1回失業認定日にハローワークへ行き、失業状態にあるとの申告を行う必要があります。そうしてだいたい7日間後に初めての失業手当が振込まれます。

 

結局のところ、会社都合での離職した人は、初めてハローワークに行って求職手続きを行ってから1ヶ月後くらいに失業手当(基本給付)は振込まれると思ったほうがよいです。2回目からは、求職活動を2回以上行い、それがハローワークに認定されれば、おおよそ1ヵ月ごとに振込まれます。

 

自己都合での退職は、雇用保険の被保険者として1年以上加入していないと受給資格がありません。また、失業手当を受給するまでには給付制限期間が3ヶ月があります。

 

自己都合では、年齢と被保険者期間によって所定給付日数が違います。給付日数については、こちらのページで確認できます。

 

特定受給資格者の判断基準

特定受給資格者は以下の理由が該当します。

 

倒産等が理由
  • 倒産(破産、民事再生、会社更生等の各倒産手続の申立て又は手形取引の停止等)に伴い離職した者
  • 事業所において大量雇用変動の場合(1か月に30人以上の離職を予定)の届出が されたため離職した者及び当該事業主に雇用される被保険者の3分の1を超える者が離職したため離職した者
  • 事業所の廃止(事業活動停止後再開の見込みのない場合を含む。)に伴い離職した者
  • 事業所の移転により、通勤することが困難となったため離職した者

 

以下は、平成27年4月に大型倒産した会社です。

 

2015.4.1(株)アウトバーン 従業員93名
2015.4.1(株)朝日ダイヤゴルフ 従業員78名
2015.4.3(株)エルム・インターナショナル 従業員55名
2015.4.3(株)エアークリスタル 従業員7名
2015.4.3(株)トライデント 従業員32名
2015.4.14(株)トライデント 従業員32名
2015.4.14 奥村遊機(株)従業員217名
2015.4.30 江守グループホールディングス 従業員823名

 

他にも倒産した企業はたくさんありますが、従業員数が不明なので記載していません。
上記の企業の従業員だけでも1,337名にもなります。たいへん気の毒です。

 

要するにこういった倒産企業の従業員達は雇用保険の被保険者であれば特定受給資格者に該当し、ます。失業手当を受給するにはお住まいの住所地を管轄しているハローワークに行って、求職活動の手続きをすることで手当を受取ることができます。

 

特定受給資格者は解雇により離職した者も含みます

解雇により離職した者は、特定受給資格者に該当しますが、自己のミスによる重大な理由による解雇を除くとなっています。

 

労働条件の相違による離職

労働契約の締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違したことにより離職した者

  • 賃金(退職手当を除く。)の額の3分の1を超える額が支払期日までに支払われなかった月が引き続き2か月以上となったこと、又は離職の直前6か月の間のいずれかに3か月あったこと等により離職した者
  • 支払われていた賃金が85%未満に低下した(又は低下することとなった)ため離職した者 (労働者が低下の事実について予見し得なかった場合に限る。)

 

離職の直前6か月間のうちに以下に該当する方
  • 連続する3か月で45時間の時間外労働
  • 1か月で100時間の時間外労働
  • 連続する2か月以上の期間の時間外労働を平均して1か月で80時間を超える時間外労働が行われたため離職した者

 

事業主側の原因やセクハラに関連するもの
  • 事業主が危険若しくは健康障害の生ずるおそれがある旨を行政機関から指摘されたにもかかわらず、事業所において当該危険若しくは健康障害を防止するために必要な措置を講じなかったため離職した者
  • 事業主が労働者の職種転換等に際して、当該労働者の職業生活の継続のために必要な配慮を行っていないため離職した者
  • 期間の定めのある労働契約の更新により3年以上引き続き雇用されるに至った場合において労働契約が更新されないこととなったことにより離職した者
  • 期間の定めのある労働契約の締結に際し、労働契約が更新されることが明示された場合において労働契約が更新されないこととなったことにより離職した者(上記(7)に該当する場合を除く。)
  • 上司、 同僚等からの故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせを受けたことによって離職した者及び事業主が職場におけるセクシュアルハラスメントの事実を把握していながら、雇用管理上の措置を講じなかったことにより離職した者。
  • 公的機関に相談したにもかかわらず、1ヶ月を過ぎても改善措置がとられず離職した場合など
  • 事業主から直接若しくは間接に退職するよう勧奨を受けたことにより離職した者 (従来から恒常的に設けられている 「早期退職優遇制度」等に応募して離職した場合は、これに該当しない。)
  • 事業所において使用者の責めに帰すべき事由により行われた休業が引き続き3か月以上となったことにより離職した者
  • 事業所の業務が法令に違反したため離職した者

特定理由離職者の判断基準

特定理由離職者は以下の理由に該当する方々です。

 

労働契約によるもの

期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新がないことにより離職した者(その者が当該更新を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立するに至らなかった場合に限る。)(上記「特定受給資格者の範囲」に該当する場合を除く。)

 

※労働契約において、契約更新条項が「契約の更新をする場合がある」とされている場合など、契約の更新について明示はあるが契約更新の確認まではない場合がこの基準に該当します。
ただし、当初から更新契約はないと明記されている場合には該当しません。

 

正当な理由による自己都合
  • 体力の不足・心身の障害・疾病・負傷・視力の減退・聴力の減退・触覚の減退により離職した者
  • 現在就いている業務または、配置換えによる新たに就く業務が上記の身体的条件により困難、または不可能な場合に該当します。提出資料として医師の診断書が必要です。
  • 妊娠・出産・育児等により離職し受給期間延長を受けた者
  • 結婚に伴う住所の変更
  • 結婚に伴う住所の移転により、事業所への通勤が客観的にみて不可能、または困難になった場合で離職した場合が該当します。提出資料として住民票が必要です。
  • 育児に伴う保育所その他これに準ずる施設の利用又は親族等への保育の依頼
  • 配偶者又は扶養すべき親族と別居生活を続けることが困難となったことにより離職した者
  • 配偶者や親族と別居を続けることが、家庭的事情や経済的事情で困難となり、それらの者と同居のため離職した場合が該当します。
  • 事業所の通勤困難な地への移転
  • 通勤するのに往復4時間以上であるため離職した場合
  • 自己の意思に反しての住所又は居所の移転を余儀なくされたこと
  • 鉄道、軌道、バスその他運輸機関の廃止又は運行時間の変更等
  • 事業主の命による転勤又は出向に伴う別居の回避
  • 転勤または出向の命令により、配偶者または親族と別居を余儀なくされたために離職した場合に該当します。
  • 配偶者の事業主の命による転勤若しくは出向又は配偶者の再就職に伴う別居の回避
  • 配偶者が転勤または出向を命ぜられ、それに伴い同居を続けるため被保険者も移転した場合に、事業所への通勤が不可能または困難となり離職した場合が該当します。
  • その他、上記「特定受給資格者の範囲」に該当しない企業整備による人員整理等で希望退職者の募集に応じて離職した者等

会社都合・倒産でやめた場合の失業保険のまとめ

倒産や解雇など会社都合やでやめた方を特定受給資格者といいます。この場合の失業保険は、自己都合でやめた方に比べて所定給付日数が長くなったり、3ヶ月の給付制限がないなどがあります。

 

しかしながら、会社都合であっても、初回の失業手当が振込まれるには、初めてハローワークに行って求職手続きを行ってからおおよそ1ヵ月後になります。

 

特定受給資格者に該当するものは、倒産や解雇のみならず、連続する3か月で45時間の時間外労働、支払われていた賃金が85%未満に低下した、上司、 同僚等からの故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせを受けた等も該当します。

 

また、体力の不足・心身の障害・疾病・負傷・視力の減退・聴力の減退・触覚の減退により離職した者は特定理由離職者といい、特定受給資格者同様に扱われます。

 

倒産についての関連記事

失業手当の給付期間は、倒産や自己都合で違います
保険会社が倒産したら保障はどうなる。過去の事例から学ぶ
損害保険会社が倒産(破綻)した場合に補償はどうなるの?

 

該当カテゴリー:雇用保険(失業保険)
関連カテゴリー:労災保険健康保険

 

関連ページ

雇用保険の仕組み
雇用保険の仕組みについてわかりやすく解説しています
失業(雇用)保険の加入条件
失業(雇用)保険にはどういう給付種類があるのか、そしてどんな働き方をすると被保険者になるのか、さらに、被保険者になれる人となれない人はどういう人なのかについて解説しています。
雇用保険の被保険者には4種類あります
雇用保険の被保険者の種類について解説
失業保険手当を受取るための手続きはどうすればいいの?
失業保険から失業手当をもらうための手続きについて解説。
雇用保険の助成金にはどのようなものがある?
雇用保険は、雇用安定事業も行っています。そこには、事業主に対しての助成金があります。では、その助成金にはどのようなものがあるのかについて取り上げています
雇用保険料の計算と端数処理はどうすればいいの
雇用保険料の計算と端数処理について解説
失業手当計算の大事なポイントについて解説
失業手当の計算は、基本手当日額×所定給付日数で行いますが、これらの言葉の意味を知らないと計算できませ。
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについて解説しています
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについてズバリ解説しています
失業保険で受取れる各種手当の手続書類
失業保険の手続きをしてもらえる手当てについてまとめたページです
失業認定申告書の書き方と転職サイトの応募について
失業認定申告書の書き方について大事なポイントとインターネットから転職サイトへ応募した場合の記入例について説明しています
東京管内のハローワークと埼玉県、神奈川県の所在地
東京にあるハローワークの所在地をご紹介。また埼玉県・千葉県・神奈川県の所在地についても掲載しています
育児休業給付金と退職についての大事なポイント
育児休業給付金と退職についての大事なポイントについて解説しています
育児休業給付金が初めての方の重要項目のまとめ
育児休業給付金とはどういう給付金なのか?いくらもらえるのか?いつもらえるのか?どこからもらえるのか?どういう手続きが必要なのかなどについてわかりやすく解説しています。
求職者支援制度とは?給付金について徹底解説
失業保険がもらえない、もらっていたが再就職できずに支給が終わった、雇用保険の加入期間が足りないためもらえないなどの方は求職者支援制度で月10万円もらいながら職業訓練が受けられます。
失業手当の給付期間は退職(離職)理由によって違ってくる?
失業手当の給付期間は離職理由や被保険者期間によって違います。倒産や解雇、自己都合とではどのくらい違ってくるかについて解説します
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説しています
失業保険の求職活動実績って何回必要でスケジュールはどうなっているの?
失業保険の求職活動実績とスケジュールはどのようになっているか詳しく解説していますのでご覧ください
失業保険受給中のアルバイトとハローワークにバレルわけ
失業保険の給付制限中よ受給中のアルバイトについて。アルバイトをしてはいけないということはありませんが収入があることによって手当が全額不支給や減額、全額支給などになります。こういった点も含めて色々と解説していますのでご覧ください
失業保険の受給資格はパートやアルバイトでも対象になるの?
失業保険の受給資格に該当する方はどういう方なのかについて解説ています
就業促進定着手当とはどのような手当でいくらもらえるの?
就業促進定着手当は、就業促進手当のひとつで、他に再就職手当、就業手当、常用就職支度手当があります。それらの手当はどういう人を対象に支払われるのか、また失業手当てを受取るよりも早期に就職し、これらの手当も受取ったほうが有利なのかも検証しています
育児休業給付金とは?手当の計算方法と申請手続きについて解説
雇用保険からもらえる育児休業給付金とは、どのような手当なのか。また計算方法やハローワークへの申請手続き、支給日、パパママ育休プラスについてもについても解説しています。
高年齢雇用継続給付とは?計算や手続きなども解説
高年齢雇用継続給付の概要や計算、手続きについて取り上げた記事です。
高年齢求職者給付金をハローワークからもらえる資格条件とは?
このページでは高年齢求職者給付金を受取れる条件は何か、支給額はいくらか、支給期間はどのくらいかについて知ることができます
職業訓練のメリットとは?受講手当、通所手当とはなに?
失業保険を受給しながらも職業訓練を受講することができます。そのメリットとは何か、また受講手当や通所手当なども給付されますが、どういった手当なのかについて紹介しています。
初回失業手当はいつから、いくらもらえる。待機期間って何?
初めて失業手当を受給される方へ。失業手当は、いつから、そしていったいいくらもらえるのかについて事例をあげて解説しています
寄宿手当とはどういう手当なの?
寄宿手当の概要、手当額、手続き等について
日雇労働求職者給付金について解説しています
日雇労働求職者給付金について
教育訓練給付制度について知っておきたいポイントのまとめ
教育訓練給付制度とはどのような制度で誰が利用できるのか、給付金の金額などについてご紹介しています。
教育支援給付金とは?専門実践教育訓練給付とは?
教育支援給付金と専門実践教育訓練給付金について解説
失業保険の受給条件には何があるの?
失業保険の受給条件についてはどういったものがあるのかについて取りあげた記事です。
失業保険からもらえる給付にはどんな種類があるの?
失業保険からもらえる手当は会社をやめたときだけではありません。それではどのような種類があるのかについて取り上げています。
失業保険の傷病手当とはどういう手当なの?
失業保険の傷病手当金について解説
雇用保険の特例一時金をもらえる要件をご存じですか?
季節的に雇用される者に給付される特例一時金について解説
介護休業給付金の支給要件や支給額についてのポイントを解説
介護休業給付金についてのポイントを解説
離職票の再発行手続き。離職証明書との違いはなに?
離職票の再発行と手続き。それと離職証明書とのい違いについて。離職証明書のダウンロードはできるのかについても解説しています。
雇用保険被保険者証の再発行手続きはどうすればいいの?
雇用保険被保険者証の再発行手続きについて解説
教育訓練給付制度の条件とはなんですか?
教育訓練給付制度の条件や受け取れる金額には限度がある点、専門教育から支給される金額の上限などについてわかりやすく解説しています。
トライアル雇用とは?メリットとデメリットはなに?
トライアル雇用やトライアル雇用奨励金、メリットやデメリットについてのポータルページです。
失業手当をもらったら扶養は外れる?外れない?
失業保険をもらった場合の扶養は外れるのか。税金、健康保険、年金との関係について解説しています。
離職証明書と離職票はどう違うの?
離職証明書と離職票はどういうものなのか。またどう違うのかについて解説しています
失業認定日の変更はどんな理由なら認められるのか
失業認定日にハローワークに行けない理由で認められているものについて紹介
再就職手当の条件と給付金額の計算について知っておきたいこと
再就職手当の条件は、所定給付日数の3分の1以上残っている必要があります。さらに3分の2以上あると給付率が違ってきます。これらの計算方法についてご紹介しています。
雇用保険適用拡大、65歳以上の方は高年齢被保険者となりました
雇用保険法改正によって適用拡大され、平成29年1月1日から65歳以上の方でも加入できるようになり、高年齢被保険者となりました
短期訓練受講費とは?誰が対象なの?
平成29年1月から始まった制度で再就職をするために1か月未満の教育訓練を修了した場合に支給されるの短期訓練受講費について解説
雇用保険についての主な質問と回答集
雇用保険の主な質問に対しての回答をあつめたページです。