トライアル雇用とは?メリットとデメリットはなに?

トライアル雇用とは雇用保険制度にあるものです。では、どうのような制度で、メリットやデメリットはどういったものなのか。また事業主は、トライアル雇用奨励金はいくらくらい受取ることができるのか、トライアル雇用併用求人とはについて解説しています。

 

トライアル雇用とは

トライアル雇用とは、何でしょうか。

 

トライアル雇用とは、ハローワーク等で常用雇用を目的としたトライアル求人を募っている企業に、経験不足でも原則3カ月間その企業でお試しで働いてみる制度をいいます。

 

トライアル雇用で働く人のメリットは何ですか

 

  • 就労経験のない職種や業務でも応募できる。
  • 職業経験、知識や技能不足であっても応募ができる。
  • トライアル雇用期間は3ヶ月あるので仕事や企業について理解を深めることができます。そのため、実際のイメージとは相違していたなどを無くすことができます。
  • 常用雇用へ移行した場合は、本人と会社がお互いを理解しているため、安心 して仕事を続けることができる。
  • 書類選考はなく面接選考になる。

 

採用する企業側のメリット

トライアル雇用で採用する企業側にもメリットがあります。

 

  • 3カ月間の試行雇用期間だけで、必ずしも常用雇用に移行させる必要はない。
  • 書類や面接だけでは分からない適性や能力を見極めることができミスマッチを防ぐことができる。
  • 対象者1人あたり、月額4万円、最長3ヵ月で12万円の奨励金が支給されるので当初の人件費を抑えることができる。対象者が母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、1人につき月額5万円、最長3ヵ月で15万円。

 

働く人のデメリットとは

  • 企業側に適正でないと判断されれば、否応なしに3カ月で失業となる。
  • 常用雇用されない場合には短期間の職歴として残ってしまうので、次の求人応募の際に悪い印象を与える可能性もある

 

 

採用する企業側のデメリット

デメリットとはいえないかもしれませんが、しいて上げれば以下のものになります。

 

  • トライアル雇用期間中に本人都合で退職し、実際に就労した日数が1ヵ月に満たない月の場合、就労を予定していた日数のうち、実際に就労した日数が75%未満だと段階的に支給額が少なくなる。
  • 奨励金は最高で12万円(15万円)なので他の助成金と比べれば少ない。
  • トライアル雇用の開始日から2週間以内にトライアル雇用実施計画書、雇用契約書等労働条件が確認できる書類を提出する必要がある。
  • トライアル雇用期間が終了した日(トライアル雇用労働者がトライアル雇用期間の途中で離職した場合は当該離職日、または常用雇用へ移行した場合は当該常用移行日の前日)の翌日から起算して2か月以内に申請を行わななければならない。

トライアル雇用の対象者

以下のいずれかに該当し、紹介日にトライアル雇用を希望した場合に対象となります。(平成28年8月現在の内容)

 

  1. 紹介日時点で、就労経験のない職業に就くことを希望する
  2. 紹介日時点で、学校卒業後3年以内で、卒業後、安定した職業に就いていない(安定した職業とは、期間の定めのない労働契約を締結し、1週間の所定労働時間が通常の労働者の所定労働時間と同等であること)
  3. 紹介日の前日から過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している
  4. 紹介日の前時点で、離職している期間が1年を超えている(パート・アルバイトなどを含め、⼀切の就労をしていないこと)
  5. 妊娠、出産・育児を理由に離職し、紹介日の前⽇時点で、安定した職業に就いていない期間が1年を超えている
  6. 生活保護受給者、母子家庭の母等、父子家庭の父日雇労働者、季節労働者、 中国残留邦人等永住帰国者、ホームレス、住居喪失不安定就労者

トライアル雇用奨励金とは

 

トライアル雇用奨励金は、企業のための奨励金(助成金)です。トライアル雇用で採用し、要件に合致すれば受取ることができます。

 

では、まずは、トライアル雇用奨励金の受給要件です。

 

  1. トライアル雇用対象労働者をハローワークの紹介により雇い入れること
  2. 原則3か月のトライアル雇用を行うこと
  3. 1週間の所定労働時間が原則30時間を下回らないこと

 

さらに次の項目のいずれにも該当しない者である必要があります。

 

  1. 安定した職業に就いている者
  2. 自ら事業を営んでいる者又は役員に就いている者で1週間当たりの実働時間が 30 時間以上の者
  3. 学校に在籍している者( 在籍している学校を卒業する日の属する年度の1月1日を経過している者であって卒業後の就職内定がないものは除く。)
  4. トライアル雇用期間中の者

 

その他にも様々な条件がありますので、詳しくは最寄りのハローワークにお尋ねください。全国ハローワークの所在案内はこちら。

 

奨励金の支給額

雇入れの日から1か月単位で最長3か月間を対象として助成が行われます。奨励金の支給額は、支給対象者1人につき月額4万円です。
※対象者が母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、1人につき月額5万円となります。

 

尚、支払いについては、まとめて1回で支給されます。

 

雇用期間が1か月に満たない月の計算

下記の理由によって離職した場合で、雇用期間が1か月に満たない月は、下記の計算式によって算出します。

 

  • 本人の責めに帰すべき理由による解雇
  • 本人の都合による退職
  • 本人の死亡
  • 天災その他のやむを得ない理由により、事業の継続が不可能になったことによる解雇
  • トライアル雇用の支給対象期間の途中で常用雇用へ移行した場合
  • 支給対象者本人の都合による休暇またはトライアル雇用事業主の都合による休業があった場合

 

支給割合A=支給対象者が1か月間に実際に就労した日数÷支給対象者が当該1か月間に就労を予定していた日数

 

母子家庭の母等又は父子家庭の父以外の場合

割合

月額

A≧75%

4万円

75%>A≧50%

3万円

50%>A≧25%

2万円

25%>A>0% 

1万円

A=0% 

0円

 

母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合

割合

月額

A≧75%

5万円

75%>A≧50%

3.75万円

50%>A≧25%

2.5万円

25%>A>0% 

1.25万円

A=0% 

0円

 

トライアル雇用併用求人とは

トライアル雇用併用求人とは、企業がトライアル雇用でも募集し、また一般でも募集している求人をいいます。トライアル雇用の場合は、書類選考がなく、原則面接からになります。

 

例えば、ハローワークインターネットサービスでは、求人情報検索ができます。ここで求人情報の種類や就業場所の都道府県を選択し、さらに詳細な検索として「フリーワード」で検索することができますので、このフリーワードに「トライアル」と入力して検索すると以下の画像のように会社一覧が出てきます。

 

 

職種の欄に「トライアル併用」とか、「トラ併用」、「トライアル併用求人」などが掲載されていますが、すべて同じ意味です。

 

トライアル併用求人

 

№1の求人番号をクリックすると、詳細な画面が出てきますが、その中に「求人条件にかかる特記事項」の項目があります。ここに以下のような情報がでています。

 

※ 中には、「求人条件にかかる特記事項欄」にトライアル雇用について何も書かれていない会社もあります。

 

*トライアル併用求人
トライアル期間3か月(同条件)
常用雇用移行要件:期間中無遅刻・無欠勤であること。
トライアル対象の方は面接します。

トライアル期間3か月(同条件)とは、本採用後の給与形態・勤務時間・休日、労働条件などは同じという意味です。

 

あるいは、以下のようにも掲載されています。

 

・トライアル併用求人
・トライアル期間3ケ月(日給9,000円)

こちらの場合は、トライアル雇用者は正社員とは違い、日給9,000円ということになります。

まとめ

トライアル雇用とは、ハローワーク等で常用雇用を目的としたトライアル求人を募っている企業に、経験不足でも原則3カ月間その企業でお試しで働いてみる制度をいいます。

 

企業側と働く側の双方にメリットがありますが、企業のメリットとしては、以下のものがあります。

  • 3カ月間の試行雇用期間だけで、必ずしも常用雇用に移行させる必要はない。
  • 書類や面接だけでは分からない適性や能力を見極めることができミスマッチを防ぐことができる。
  • 対象者1人あたり、月額4万円、最長3ヵ月で12万円の奨励金が支給されるので当初の人件費を抑えることができる。

 

働く側のメリットとしては、以下のものになります。

  • 就労経験のない職種や業務でも応募できる。
  • 職業経験、知識や技能不足であっても応募ができる。
  • トライアル雇用期間は3ヶ月あるので仕事や企業について理解を深めることができます。そのため、実際のイメージとは相違していたなどを無くすことができます。
  • 常用雇用へ移行した場合は、本人と会社がお互いを理解しているため、安心 して仕事を続けることができる。
  • 書類選考はなく面接選考になる。

 

以上、「トライアル雇用についてのポータルページ」でした。次のテーマは、失業保険と扶養の関係。税金、健康保険、年金はどうなるの?です。

 

 

関連ページ

雇用保険の仕組み
雇用保険の仕組みについてわかりやすく解説しています
失業(雇用)保険の加入条件
失業(雇用)保険にはどういう給付種類があるのか、そしてどんな働き方をすると被保険者になるのか、さらに、被保険者になれる人となれない人はどういう人なのかについて解説しています。
失業保険の手続き
失業保険から失業手当をもらうための手続きについて解説。
雇用保険の助成金とは
雇用保険は、雇用安定事業も行っています。そこには、事業主に対しての助成金があります。では、その助成金にはどのようなものがあるのかについて取り上げています
雇用保険料の端数処理
雇用保険料の計算と端数処理について解説
失業手当の計算
失業手当の計算は、基本手当日額×所定給付日数で行いますが、これらの言葉の意味を知らないと計算できませ。
倒産や会社都合で退職したとき
失業保険の被保険者が倒産や会社都合でやめた場合に該当する特定受給資格者について解説
失業保険のもらい方
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについてズバリ解説しています
失業保険の各種手当
失業保険の手続きをしてもらえる手当てについてまとめたページです
失業認定申告書の書き方
失業認定申告書の書き方について大事なポイントとインターネットから転職サイトへ応募した場合の記入例について説明しています
関東管内のハローワーク
東京にあるハローワークの所在地をご紹介。また埼玉県・千葉県・神奈川県の所在地についても掲載しています
育児休業給付金と退職
育児休業給付金と退職についての大事なポイントについて解説しています
育児休業給付金の重要項目
育児休業給付金とはどういう給付金なのか?いくらもらえるのか?いつもらえるのか?どこからもらえるのか?どういう手続きが必要なのかなどについてわかりやすく解説しています。
求職者支援制度とは?
失業保険がもらえない、もらっていたが再就職できずに支給が終わった、雇用保険の加入期間が足りないためもらえないなどの方は求職者支援制度で月10万円もらいながら職業訓練が受けられます。
失業手当の給付期間
失業給付の期間は倒産や解雇という会社都合と自己都合での離職理由によって違ってきます
失業手当延長制度とは
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説しています
失業保険の求職活動実績とは
失業保険の求職活動実績とスケジュールはどのようになっているか詳しく解説していますのでご覧ください
失業保険受給中のアルバイト
失業保険の給付制限中よ受給中のアルバイトについて。アルバイトをしてはいけないということはありませんが収入があることによって手当が全額不支給や減額、全額支給などになります。こういった点も含めて色々と解説していますのでご覧ください
失業保険の受給資格
失業保険の受給資格に該当する方はどういう方なのかについて解説ています
就業促進定着手当とは
就業促進定着手当は、就業促進手当のひとつで、他に再就職手当、就業手当、常用就職支度手当があります。それらの手当はどういう人を対象に支払われるのか、また失業手当てを受取るよりも早期に就職し、これらの手当も受取ったほうが有利なのかも検証しています
育児休業給付金とは?
雇用保険からもらえる育児休業給付金とは、どのような手当なのか。また計算方法やハローワークへの申請手続き、支給日、パパママ育休プラスについてもについても解説しています。
高年齢雇用継続給付とは?
高年齢雇用継続給付の概要や計算、手続きについて取り上げた記事です。
高年齢求職者給付金とは?
このページでは高年齢求職者給付金を受取れる条件は何か、支給額はいくらか、支給期間はどのくらいかについて知ることができます
職業訓練を受講するメリットとは?
失業保険を受給しながらも職業訓練を受講することができます。そのメリットとは何か、また受講手当や通所手当なども給付されますが、どういった手当なのかについて紹介しています。
初回失業手当はいつから、いくらもらえる
初回失業手当は30日分というわけでもありません。いつから、そしていったいいくらもらえるのかについて事例をあげて解説したページです。
寄宿手当とは
寄宿手当の概要、手当額、手続き等について
日雇労働求職者給付金とは
日雇労働求職者給付金について
教育訓練給付制度のポイント
教育訓練給付制度とはどのような制度で誰が利用できるのか、給付金の金額などについてご紹介しています。
専門実践教育訓練給付金とは?
専門実践教育訓練給付金と教育支援給付金について
失業保険の受給条件
失業保険の受給条件についてはどういったものがあるのかについて取りあげた記事です。
失業保険給付の種類
失業保険からもらえる手当にはどのような種類のものがるのかについて取り上げています。
失業保険の傷病手当とは
失業保険の傷病手当金について解説
雇用保険の特例一時金とは?
季節的に雇用される者に給付される特例一時金について解説
介護休業給付金の支給要件
介護休業給付金についてのポイントを解説
離職票の再発行手続き
離職票の再発行と手続き。それと離職証明書とのい違いについて。離職証明書のダウンロードはできるのかについても解説しています。
雇用保険被保険者証の再発行手続き
雇用保険被保険者証の再発行手続きについて解説
教育訓練給付制度の条件
教育訓練給付制度の条件や受け取れる金額には限度がある点、専門教育から支給される金額の上限などについてわかりやすく解説しています。
失業手当と扶養
失業保険をもらった場合の扶養は外れるのか。税金、健康保険、年金との関係について解説しています。
離職証明書と離職票
離職証明書と離職票はどういうものなのか。またどう違うのかについて解説しています
失業認定日の変更
失業認定日にハローワークに行けない理由で認められているものについて紹介
再就職手当の条件
再就職手当の条件は、所定給付日数の3分の1以上残っている必要があります。さらに3分の2以上あると給付率が違ってきます。これらの計算方法についてご紹介しています。
65歳以上の方の雇用保険
雇用保険法が改正され、平成29年1月1日から65歳以上も高年齢被保険者の対象になりました