住宅ローン

住宅ローン記事一覧

このページでは、団体信用生命保険料についての解説と代替商品として生命保険契約で保険料の節約ができるかどうかについて解説しています。

このページは、団体信用生命保険の加入条件や告知書、ワイド団信、団体信用生命保険に加入できなかった場合の対処法について解説しています。

このページではマイホームを購入する前に知っておくべき団体信用生命保険の概要や保険料の目安等について解説しています。

このページは、「住宅ローンの審査が通らない理由」や「転職したての審査基準はどうなっているのか」「年金収入だけでも借換はできるの?」などについて取り上げています。

銀行では、住宅ローンに申し込まれた方の氏名や住所、生年月日、電話番号、勤務先、過去のクレジットカードの返済状況やクレジット返済の数年間の入金状況などの信用情報について調査をします。このページではその点についての詳細な解説と自分でも調べる方法をお伝えしています。

順調に返済していた住宅ローンもある時を境として払えなくなることがあります。主な理由としては、会社の倒産や解雇、病気で働けなくなった、教育費による支出増、2段階金利で住宅ローンの支払いが増えた、サラ金からの借入により支払が増えたなどがあります。このようなことで返済ができなくなった場合にどのような流れになるのかと対処法について解説しています。

共働きの場合に住宅ローンを借入れるにあたり、ひとりの名義でいいものか、それとも共有名義がいいのか?なんて、考える人は多いです。そういうときに関係してくるのが、ペアローンや収入合算になります。どちらも似たような感はしますが、まったく内容は違っています。この二つがどう違い、メリットは何で、デメリットは何かについて詳しく解説しています。また、これらに関連して、連帯保証人と連帯債務者についても解説していま...

「土地を買って住宅を建築しよう。でもそれほど資金がないしなぁ。土地の代金や建築代金ともあわせて住宅ローンが組めるのかな?」というようなケース。このような場合に銀行は、住宅ローンの融資はしてくれません。「では、どうすればいいの?」ということで、必要になるのが「つなぎ融資」というわけです。そこで、今回は、「つなぎ融資」についての概要とデメリットについて、また不要にする方法について解説していますので、最...

団体信用生命保険に加入するには必ず告知が必要になります。その際に誤った回答をする、つまりは告知義務違反をするとどうるのかについて書いた記事です。

4500万で買ったマンションは、現金一括払いなら金利は取られませんが、ほとんどの方は銀行から住宅ローンを借入れると思います。もちろんこの場合には、金利や手数料を支払うことになります。では、結局総額でいくら支払うことになるのかについて検証したページです。

住宅ローンの繰り上げ返済をすれば借入期間を短くしたり、返済額を減らしたりすることができますが、マイナス金利などといわれる昨今ではメリットばかりではなくデメリットもあります。そこで、それぞれ両面から取り上げてみましたのでご覧ください。

銀行から住宅ローンの融資を受けるにあたり、年収はとても大事な要素になります。やはり年収が少なければ審査は通りませんし、年収によって借りれられるローン金額が違ってくるからです。そこで、このページでは、各銀行の年収条件の比較や年収や金利によって借りられる金額がどのように変わってくるのか取りあげてみました。

住宅ローンの申込みをすると仮審査(事前審査)があります。これが無事に承諾されると、その後は正式申込となり、本審査にはいります。仮審査の書類と正式申込の書類は異なっていますが、仮審査の必要書類には何があるのかについて取りあげてみましたのでご覧ください。

年金だけでは、毎月の生活費が不足してしまう場合があります。このような場合、仕事をして稼ぐことが一番ですが、健康状態や求人要件にそぐわない等で思い通りにいかない場合があります。そこで資金不足は預貯金を取り崩す等でやりくりをするわけですが、そこには限界があります。このようなときに考えられるのが家を担保に利息だけを返済していくリバースモーゲージがありますが、他のサービスとして家を売却してもそこに住み続け...

平成28年7月末に長期金利がさらに低下したことを受けて、8月からのフラット35の金利が過去最低の水準を更新しました。これにより返済期間:21年以上35年以下、融資率9割以下では、年0.9%となりました。年0.9%の金利は、「取扱金融機関の提供する最も多い金利」ですからフラット35といっても一律の金利が提供されているわけではありません。金融機関によってはさらに低い金利もあります。そこで、これよりも低...

マイホームを手に入れるためにほとんどの方は銀行などから「住宅ローン」の融資を受けます。その際に一部を除いてほとんどの銀行では保証会社を利用することが条件となっています。当然利用するにはお金を支払うことになりますが、このお金のことを「保証料」と言います。たいした金額でなければいいのですが、これがバカにならないほど結構な金額になります。では、なぜ銀行は保証料を求めるのか?銀行によって保証料はどのように...

住宅ローンの借り換えとは、現在返済中の住宅ローンを一括返済するために別の金融機関の住宅ローンを借りることをいいます。高い金利で借りている方は低い金利に借り換えることで返済額を削減することができます。しかしながら誰しもが借り換えをすればそうなるわけではありません。金利差、残りの返済期間、残高などが関係してくるからです。借換え効果があるのは、金利差1%以上、残りの返済期間10年以上、ローン残高1000...

住宅ローンの借り換えをすれば毎月の返済額及び返済総額を減らすことができるかもしれません。でも実際にそうなるかどうかは諸費用を含めて比較してみなければわかりません。慣れている方ならば電卓をたたけば判断はつきますますが、一般的にはわからない方のほうが多いかと思います。そのため、各銀行で用意されている借り換えシミューレーションを使うのが手っ取り早いわけですが、各銀行によって様式が異なっていますので結果か...