60歳からの生命保険はどういう保険を選択すればいいの?

このページでは60歳からの方が保険を選択する場合にどのような商品が考えられるのか様々な角度から検証し解説しています。

 

60歳からの生命保険

60歳からの生命保険は、どういうものがいいのでしょうか。

 

残念ながら答えは、ひとつではありません。
まだ未成年の子どもがいるという方であれば、死亡保険もある程度必要になるでしょうし、すでに子どもが独立されている方は掛け捨て型の大きな死亡保障は不要という方もいるからです。

 

ここでは、後者の「すでに子どもが独立されている方向けの商品」を考えてみたいと思います。

 

60歳以降加入する場合で考えられる場合は、終身や医療、ガンなどが考えられます。終身保険は、一生涯保障が継続できるのが特徴になりますので、俗に「葬式保険」とも言われます。

 

それぞれについて、ひとつずつご紹介致します。

60歳以降の保険、終身保険

相続や葬儀のこと、お墓のことを考えて、家族に残してあげるというケースで活用が考えられます。しかしながら、60歳以降に契約する場合は、どうしても掛金が高くなってしまいますので、退職後の完全な年金生活となったときにでも支払いが継続していけるかということも考えなくてはいけません。

 

例1)
A社、保険金額300万円、保険料支払い期間:終身払い
60歳男性:10,512円(月額)
60歳女性:7,944円(月額)

 

例2)
B社、保険金額300万円、保険料支払い期間:70歳払済み
60歳男性:24,102円(月額)
60歳女性:21,660円(月額)

 

例2は、掛金の支払いは10年間で終了しますが、例1に比べ月々の保険料は高くなります。しかしながら支払い総額は、男性では約289万円、女性では約260万円です。300万円残すのにそこまで支払う必要がないということになります。

 

それに比べて例1は、月々は例2よりも少なくなりますが、払込満了がありませんので、男性では74歳を超えてくると300万円をオーバーしてきます。女性は約92歳が分岐点になります。

 

それぞれ一長一短があるということです。

60歳からの医療保険

医療保険に契約と思っても、若い年代に比べて掛金が高くなってしまという点があります。この点は入院する確率が高くなるので致し方ないところがありますが、入院しても預貯金で対処できるのなら、あえて医療保険を契約する必要もありません。

 

しかしながらそうできない場合には、医療保障を考えることも必要でしょう。

 

その場合に、何歳まで入院保障が必要なのか、1日の入院保険金がいくらくらい必要なのか、また掛金は問題なく支払いが継続できるのかも含めて検討が必要です。

 

例)
入院1日あたり10,000円、保険期間:終身、払込期間:終身の場合

 

・60歳男性:8,917円(月額)
・60歳女性:7,057円(月額)

 

入院1日あたり1万円も不要と考えるなら半分の5,000円から契約もできます。この場合の保険料は、上記の半分になります。

60歳からのガン保険

医療保険に加入して、さらにガンもとなるとほぼ保険料の支払いは倍になります。それでも問題なく支払えるのであればいいのですが、そうでない場合には、医療かガンのどちらかを選択する必要がでてきます。

 

医療保険は、治療のための病気やケガでの入院は支払い対象になりますが、ガン保険はガンだけに特化した商品ですからそういうわけにはいきません。

 

しかしながらガン保険の場合は、ガンと診断されたり、入院や手術などをされたときには診断給付金や手術金など一般的には100万円以上のまとまった給付金が支払われます。

 

ですので給付金としては医療保険よりたくさん受取ることができるというメリットはあります。

 

例)
保険期間:終身、ガン入院10,000円、診断給付金100万円、手術、退院給付金ありの場合

 

・60歳男性:7,950円(月額)
・60歳女性:4,330円(月額)

 

終身保険、終身医療、さらには終身がん保険も加入するとなると掛金も高くなりますので全部というわけにはなかなかいかないと思います。

 

どれかを選択するという場合、またはどうしたらいいのかわからない方は、お近くの保険のプロにご相談してみるのもひとつの手ですが、相談する前に自分で保険の仕組みや商品の違いを面倒でも知ってみることから始めてみてはいかがでしょうか。それから相談しても遅くはありません。

 

パンフレットからでも十分な比較はできますので、複数の保険会社に生命保険などパンフレット一括請求などから取り寄せてみるのもひとつの手段です。

 

もしも持病をお持ちなら

60歳代ともなってくると、若い年代に比べれば、血圧や血糖値、肝機能数値なども健康診断や人間ドックなどで指摘されている方も多いかと思います。

 

このような方にとってやっかいなのが、生命保険に加入するためには告知がありますから、契約をしたいけど加入できないケースが出てくることです。

 

いくつかの保険会社の告知書を見てみますと、過去3か月以内に医師の診断を受けたことがありますか?過去5年以内に入院や手術、通院などで7日以上に渡って医師の診察をうけたことがありますか?などの質問事項がありますので、「はい」か「いいえ」で答えます。

 

持病のある方ならば、医療機関へ定期的に薬などをもらいに行っているはずですので、「はい」にまるがつくかと思います。

 

またその場合、告知書には病名や服用している薬の名前、通院しいている、あるいはしていた病院名、入院したことがあればいつからいつまでしたのかなども記入します。保険会社は、この告知内容を見て契約引受の判断をします。

 

過去の職業経験からですが、血圧や血糖値が高くても一定の数値の基準(年齢で異なる)はありますが、また複合的な持病をお持ちでないなら加入できないわけではありませんから申し込んでみるのもひとつの手です。引受不可となっても初回保険料は返金していただけます。

 

緩和型の保険はどうなのか

持病がある方のために一般の保険ではなく、保険会社によっては緩和型の保険が用意されています。
緩和型とは、告知の質問事項がゆるいので、持病があっても加入しやすいタイプの保険をいいます。

 

緩和型にも死亡保障のみの保険と入院保障を中心とす医療保険があります。
どちらにしても保険料が一般の保険よりも割増されていますのでお得とはいえません。

 

ただし、緩和型でも終身の死亡保障になっているものは、保険で葬儀代等を残すという目的ならば検討の余地はあるかと思います。確認したところ、ほとんどの緩和型保険は終身払いなので保険金をオーバーしてくる年齢があります。ですのでその年齢を計算し、自分の寿命を予想?し納得した上で契約をすべきかと思います。

 

たとえばですが、オリックス生命の緩和型終身保険・新ライズサポート(宣伝しているわけではありませんよ)にてインターネット上で試算してみました。

 

保険金200万円で、65歳男性ですと、月額12,008円(平成29年3月時点)と算出されました。
200万円を12,008円で割ると、166ヵ月分です。

 

つまり、166ヵ月=13年8カ月ですから、65歳の方は78歳8カ月よりも長生きした場合には、累計支払保険料は保険金を上回ることになります。それよりも短くこの世を旅立ってしまったならば損はないということになります。

 

多少損しても、貯金では残せそうもないからと思うならば、契約もいいでしょうが、長生きしたら損すると思うならば、やめておいたほうが無難かと思います。

 

平成29年4月以降に各保険会社で保険料がアップするとニュースで取りあげられていますから、特に4月以降に契約をするならば保険料の確認が必要です。※オリックス生命の新ライズサポートの保険料が変わるかどうかは確認していません。

 

自分の場合はどうしたらいいのかわからない方へ

保険を新たに考えている人もそうですが、特に、すでに保険に入っている方は、今の保険を見直して新たに加入したほうがいいのか、それともそのままがいいのか自分では判断つかないこともあるかと思います。
こういった場合に、どこに相談するかということです。
まず、頭に浮かぶのが現在契約している保険会社です。
しかしながら、「今の保険を見直して別の保険会社の保険にしたほうがいいのか相談したい」なんて言えるはずがありません。言ってみたところで、止められるのはわかりきったことです。

 

そこで、候補としてあげておくならば、3つの方法があります。

 

1、複数の保険会社を扱っている保険ショップに来店して相談する
2、自宅や近所のファミレス等にFP(ファイナンシャルプランナー)に来ていただき相談する
3、保険を取り扱っていない、保険代理店とも提携をしていないFPに有料(1万円以上から数万円)で相談する

 

3番は、保険商品販売によっての収入は関係ありませんから一番中立な立場でアドバイスをしてくれます。ただしデメリットとして、実際に保険に加入するとなると保険は自分で探すことになります。

 

1、2については、どちらにしても相談したからといって、契約を迫られるわけではないので、自分のスタイルに合わせてどちらかで相談してみるのがいいでしょう。できれば両方に相談されたほうがアドバイスの比較ができるのでベストです。

 



 

以上、60歳からの生命保険選びについてでした。

 

次のページ
生命保険を活用した遺産相続トラブルの回避策
生命保険のまとめページに戻る
初心者に役立つ生命保険の種類

 

 

関連ページ

国内の生命保険会社一覧
国内で営業している生命保険会社を国内生保や外資系等に分類したページです
更新型の生命保険とは
生命保険の更新型について解説
生命保険の失効とは
生命保険の失効について解説
生命保険の種類
はじめて生命保険に加入する方にとっては、どんな種類があるのかよくわかっていないかと存じます。そこでこのページでは生命保険にはどのようなの種類があるのかについて解説しています。
定期保険の種類
定期保険の種類は、平準定期や逓減定期、収入保障保険など
養老保険とは?
このページは、養老保険ついての説明とメリット・デメリットについて取り上げて解説しています。
終身保険とは?
このページは、終身の基本的なことや種類、活用法、またメリット、デメリットについて解説しています。
医療保険の種類
医療保険の種類について解説しています。
がん保険の種類
がん保険の種類について解説しています。
介護保険の種類
このページは、保険会社が販売している介護保険の種類について解説しています。
個人年金の種類
このページは、個人年金の種類について解説しています。
保険見直しの方法
保険を見なおしして保険料を節約するための方法について解説しています
生命保険の診査
生命保険に加入する際の診査について解説しています
ペストやエボラウイルス病と生命保険
生命保険の災害死亡に該当するエボラウイルスんどの疾病と免責について解説しています
長期入院の給付金請求
長期の入院や手術をした場合の給付金請求を行うタイミングについて解説。入院請求は1度に請求をすれば費用も少なくなります
死亡保険金の税金
死亡保険金を受け取った場合の税金について解説しています
生命保険の保険料の仕組み
生命保険の保険料がどのような仕組みで構成されているのか詳しく解説しています
社長や役員と生命保険
社長や役員が会社契約者とする生命保険について解説したページです。会社が社長の保険契約を締結する必要があるのかについて解説しています
保険会社が倒産したら
保険会社の倒産は契約者にとっては一番困ることですがそうなってしまった場合の流れや内容、保険会社の健全性を見る指標について解説しています
医療保険の支払い日数
医療保険の日数の誤解と検査入院について解説。病気で入院し、その後同じ病気で再入院した場合には、どういう計算をするのかなど解説
むちうち症状と生命保険
むちうち症状があり入院したときに生命保険から支払いはあるのか?あなたはどう思いますか。そんな疑問に答えたページです
生命保険の改姓
結婚と生命保険の手続きについて解説したページです。結婚によって行なう手続きについて解説しています
保険業法などの禁止行為
生命保険を募集するにあたって保険業法、保険法、金融商品販売法、金融商品取引法などで禁止行為が定めれています。禁止項目の詳細とそれらの事例も掲載しています
生命保険での相続対策とは
生命保険を活用した相続対策のメリットなどについて取り上げた記事です。
医療保険は不要か必要か
医療保険は不要か必要かどうかについて解説しています
学資保険の確定申告と税金
学資保険の満期金を受取ったとき税金は一時所得かあるいは贈与になるのか、計算事例を出して解説しています。また確定申告はどうやっておこなうのか、オンラインでの申告書の作成手順も掲載していますのでぜひご覧ください
学資保険は必要か不要か
親として、子供が生まれると将来の教育費を貯めるために検討することが多い学資保険。そこで、はたたして学資保険は必要か、あるいは不要なのかについて検証してみました。また学資保険のメリットは何があり、デメリットは何なのかについても解説しています
学資保険のデメリットとメリット
ここでは学資保険のデメリットとメリットについてどのようなものがあるのか解説しています
学資保険の元本割れとは
元本割れする学資保険と元本割れしない学資保険について解説しています
かんぽ学資保険の保険料
2016年6月時点と2016年9月時点での「かんぽ学資保険」の保険料を比較してみました。
かんぽ生命の養老保険とは
かんぽ生命の養老保険の内容と配当金についてわかりやすく解説
かんぽ養老保険の貸付
かんぽ生命の貸付制度について解説しています。
かんぽ生命の解約手続き
かんぽ学資保険の解約の手続きや必要書類等について紹介しています。
かんぽ生命の入院保障とは
かんぽ生命には医療保険がありませんので、特約で入院保障をつけることになります。その仕組みについて解説しています。
お風呂場亡くなった場合の保険金
お風呂場や食べ物をのどに詰まらせ亡くなるというケースでの保険金の支払いについて検証しています
個人年金の保険料控除
個人年金の概要やメリットのひとつでもある個人年金保険料控除について、そしてデメリットについて解説しています
学資保険の返戻率比較
学資保険の返戻率は保険会社によってどうちがうのか調べてみました
生命保険の解約金の税金
収入が減ったので保険料を減らしたい、生命保険に入りすぎていた、他の生命保険に乗り換えたいなどの理由で解約することもあります。その際の税金や知っておくべき点について解説しています。
ニッセイ学資保険とは
日本生命の学資保険である「ニッセイ学資保険」の返戻率や特長などについて分析しています。
生命保険のクレジットカード払い
生命保険、学資保険、個人年金、自動車保険、火災保険などはクレジットカード払いすればポイントが付与されます。お買い物や時での利用やnanacoなどの他のポイントと交換することにより節約ができます。
死亡保険金を受取った場合の税金
生命の死亡保険金を受取ると相続税で計算されます。これらの詳細を解説しています。
総合福祉団体定期保険とは?
総合福祉団体定期保険の概要とメリット、保険料について解説
生命保険の受取人変更
死亡や満期受取人が指定されていても変更はできるのか?また受取人が死亡したときに変更をしなかった場合にはどうなるのかなどについて取り上げています。
太陽生命の相続に役立つ保険
太陽生命が平成28年7月4日に販売した無配当特別終身保険(商品名:まごころの贈り物)の内容について解説しています。
アフラックの給与サポート保険とは
アフラックが新たに発売した給与サポート保険のポイントについてFP目線で他社の所得補償保険との違いを比較しています。
給与サポート保険と団信革命の比較
就業不能状態が継続すると保険金が支払われるのがアフラックの給与サポート保険(所得補償保険)ですが、りそな銀行にも住宅ローン残高が0円になる特定状態保障特約付住宅ローン「団信革命」がありますので比較してみました
ぱるるでも就業不能保険とは
ぱるるで販売されている就業不能保険について調べてみたのでご紹介します
就業不能保険は必要か不要か
就業不能保険とは?必要なのかそれとも不要なのか。傷病手当金や障害年金などの公的保障との関係、就業不能保険の比較、保険料控除などについて紹介。
チューリッヒ生命の就業不能保険とは
チューリッヒ生命の就業不能保険について紹介しています。
明治安田生命の積立保険とは
明治安田生命から発売された積立保険のご紹介です。商品名は、「じぶんの積立」です。商品内容はどうなっているのか検証してみました。
ライフネット生命の就業不能保険とは
就業不能保険のランキング1位と目されるライフネット生命の「働く人への保険2」の鍾愛。他の就業不能保険と比較を交えて解説しています
家計保障定期保険NEO 就業不能プランとは
あんしん生命から2016年11月2日に新商品として「家計保障定期保険NEO 就業不能プラン」が発売されますので内容についてご紹介します。
外貨建て個人年金のデメリット
契約する前に知っておきたい外貨建て個人年金のメリットとデメリットについて解説しています
告知義務違反とは?
生命保険の契約をする際に告知があります。もれなく正しく告知をしないと後に告知義務違反で契約が解除されてしまうことがあります。そこで、告知義務違反とは?2年で時効になるのかについて解説しています。
特定不妊治療の保険とは
国内で初となる特定不妊治療を受けた際に給付金が支払われる保険が日本生命から発売されましたので内容について詳しくご紹介します
チューリッヒ生命とは
チューリッヒ生命の医療保険、がん保険、就業不能保険などの保険種類だけでなく、会社概要などについても掲載しているまとめページです