健康保険

健康保険記事一覧

交通事故は健康保険が使えないという都市伝説がありますが、それについての解説と自賠責や人身傷害補償保険との関係についても学ぶことができるページです。

会社を退職することにより健康保険を切り替えをする必要があります。すぐに再就職をしない場合には切り替え先候補として、任意継続、国民健康保険、家族の健康保険の3つがあります。この中から保険料がなるべく安いものがベストの選択となります。そこで、それぞれの制度の概要や保険料計算についてわかりやすく解説してみました。

このページでは、傷病手当金についての統計にはじまり、資格要件や受給期間、Q&A、必要書類、申請手続きなどについて解説しています。

ここでは、健康保険には法定準備金という積立額があるのですが、なぜそのようにしておくのか、実際の積立額はどうなっているのかについて解説しています。

このページは、健康保険が適用されない、使えない、いわゆる保険が効かない人間ドックや予防注射等と、それでも例外的に適用される場合について解説しています。

日本では誰でも医療保険に加入するよう法律で義務付けているため何らかしらの健康保険には加入しています。大手企業のサラリーマンなら「○○健康保険組合」、公務員であれば「共済組合」、自営業者であれば「国民健康保険」、派遣社員であれば「はけんけんぽ」、75歳以上は後期高齢者医療などのように、職業や地域、あるいは年齢などにより、いくつかの種類に分かれています。そこで、今回は、健康保険の種類にはどのようなもの...

このページでは国民健康保険料と国民健康保険税の違いについて解説していますのでご覧ください。

病院や歯医者にかかったときに医療費の支払は自身3割負担なので、このときはありがたいと思います。その反面、病院や歯医者にもかからない日が数年続くと無駄に支払っている気がしてきます。保険は相互扶助なので致し方ないですが、健康保険を使わない月があればわずかでもその月分を1年間まとめてネットやコンビニで使えるポイント還元でもしてくれればいいのになんて思ったりします。ジョークはさておき、ご承知の通り、健康保...

このページでは国民健康保険に加入している方が出産したときに受取れる出産育児一時金の受取り方法である、直接支払制度、受取代理制度の説明と申請手続き等について解説しています。

このページでは、病気やけがで通院や入院したときの健康保険からの現物給付や出産育児一時金等の現金で支給される現金給付について、医療費の自己負担割合や入院食事費、海外療養費等について解説しています。

日本のどこかしらで毎日交通事故は起きています。平成23年の警視庁発表資料によりますと、ケガをした方は年間85万人もいます。年々減少しているとはいえ、1日あたり約2,300人ですからかなりの人数です。その中には、軽症者だけでなく重傷者もいますが、どちらにしても病院で治療が必要なケースがほとんどです。このときに健康保険や国民健康保険は使えるの?という疑問もあると思います。そこで、このページは、その回答...

このページでは健康保険と国民健康保険の違いが保険料だけでなく、他にもどういう点に違いがあるのかくわしく解説しています。

義務教育就学から69歳までの方がクリニックや病院、歯医者などで診察を受けた場合には、掛かった医療費のうち、3割は自己負担になります。この自己負担割合は、国民健康保険や健康保険でも共通して同じです。たとえば入院や手術をして医療費が100万円掛かったとします。この場合には自己負担は3割である30万円になります。もしも高度な手術等により1000万円も掛かるとなれば、300万円もの自己負担です。これではか...

70歳未満の方が高額な医療費を支払った場合は、一定額以上の金額については還付を受けることができます。しかしながら、手続きをしないと還付はされません。この手続きを「高額療養費の申請」といいます。では、高額な医療費とはいくら以上の金額をいうのでしょうか?以下のように区分され所得によって限度額が決まっていますので、それ以上に支払った医療費を高額な医療費といいます。国民健康保険の高額療養費の自己負担限度額...

健康保険に加入していても短期間でも入院をすればそれなりの自己負担が生じてきます。ことさら長期入院ともなれば医療費も高額となり大変です。たとえ病院の窓口で医療費を全額支払い、その後に高額療養費を請求したとしても、還付されるまでには3~4か月も先になり、生活が苦しくなる場合があります。そこで、こういう場合には、医療保険には「高額療養費資金貸付」という制度が用意されています。しかも無利子で利用できるので...

介護保険だけでなく、健康保険でも在宅医療を利用することができます。ただし健康保険で訪問看護を利用する場合には自ら看護師を呼んで利用することなどはできません。かかりつけの医師の指示に基づいて、継続して在宅にて療養を受ける状態にあることや療養を必要とする人に限られています。疾患でいえば、難病患者や脳卒中などの方などで寝たきりの状態にある方になります。これらに該当する方が、かかりつけの医師を通じて訪問看...

国民健康保険料(税)はお住いの市区町村によって保険料率が違っていることはご存知ですか?すなわち住むところによって保険料の支払いが違ってくることになるのです。そこで、この記事では国民健康保険料と40歳からの介護保険料の計算方法について東京武蔵野市と横浜市の事例をとおして理解できるようにまとめてみましたのでご覧ください。

75歳以上や65歳以上で寝たきり等の方は、健康保険組合や国民健康保険等から後期高齢者医療制度の医療保険に移行します。それに伴い、高額療養費の計算も違ってきます。そこで、このページでは後期高齢者の高額療養費についての計算方法について取り上げてみました。このページのタイトルで「高額医療費」とうたっていますが、正式名称は高額療養費です。

健康保険といってもいろいろあります。例えば、中小企業に勤務する方が加入する協会けんぽ。大手企業やそのグループが独自で運営している企業健康保険組合。派遣の方の人材派遣健康保険組合、同種同業なら加入できる国民健康保険組合などの種類があります。これらの中から、自分はどこそこの健康保険に入りたいと願っても、入社した会社によって加入できる健康保険は決まってしまいますから勝手には選ぶことができません。これは当...

我が国の医療保険制度では、75歳の誕生日を迎えると他の健康保険から移り、「後期高齢者医療制度」に加入することになります。後期高齢者医療制度は、各都道府県ごとの「広域連合」という単位で運営されているため保険料は広域連合によって異なっています。市町村単位で異なっているのが、国民健康保険税ですが、後期高齢者医療は、広域連合内であれば市町村は違っても基準となる所得が同じであれば保険料に変わりはありません。...

会社を退職して他の会社の健康保険に加入するときや国民健康保険に切り替えるときに必要になる証明書があります。それが「健康保険資格喪失証明書」になります。この証明書によって医療保険の二重加入がないように確認がなされるのですが、発行してもらうには加入しているところの協会けんぽや健康保険組合等によって手続きや様式は異なっています。続きは本文をご覧ください。