健康保険

高額な医療費には貸付制度がありますよ

健康保険に加入していても短期間でも入院をすればそれなりの自己負担が生じてきます。ことさら長期入院ともなれば医療費も高額となり大変です。

 

たとえ病院の窓口で医療費を全額支払い、その後に高額療養費を請求したとしても、還付されるまでには3~4か月も先になり、生活が苦しくなる場合があります。

 

そこで、こういう場合には、医療保険には「高額療養費資金貸付」という制度が用意されています。しかも無利子で利用できるのです。

 

ただし、「高額療養費資金貸付制度」という名称のように、窓口で支払う医療費全額を貸付していただけるわけではありませんので、ご注意ください。さらなる詳細は以下をご覧ください。

 

国民健康保険の高額療養費資金貸付制度とは?

国民健康保険でも高額療養費貸付制度がない市区町村もありますので、お住いの市役所等にご確認ください。

 

国民健康保険における高額療養費資金貸付制度とは、病院から請求された金額のうち、高額療養費に該当する金額の9割(8割の国保もある)を貸付けして、国民健康保険から直接病院へ支払いをする制度をいいます。

 

つまりは、病院へ支払う本人負担額は、高額療養費の自己負担限度額と高額療養費に該当する金額の1割分になります。

 

高額療養費についてのイメージは下記の図をご覧ください。

 

高額療養費の説明図

 

高額療養費の自己負担限度額とは、所得によって違ってきますので、一概にはいくらといえません。
下記の図をご覧ください。

 

国民健康保険の高額療養費の自己負担限度額表
70歳未満の高額療養費の自己負担限度額の表

 

上記自己負担の総所得についてはこちらの高額療養費とはどういう制度なのですか?をご覧ください。

 

さらにわかりやすくするため高額療養費貸付額の計算事例をご紹介します。

 

高額療養費貸付計算の事例

総報酬額210~600万円に該当するAさんが入院(入院期間は同月とする)をして、医療費が100万円掛かった場合の貸付計算です。

 

Aさんは、3割負担ですので、医療費は30万円になります。
ただし、高額療養費の自己負担限度額がありますので、80,100円+(総医療費-267,000円)×1%になります。

 

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=80,100円+7,330円=87,430円 ←限度額

 

つまりは、30万円-87,430円=212,570円が高額療養費に該当しますので、この9割である191,313円が高額療養費貸付として受けられる金額になります。※ 千円未満切捨てしますので191,000円になります。

 

結局は、本人が病院窓口で支払う金額は、87,430円+(212,570円-191,000円)=109,000円← 自己負担限度額+高額療養費の1割

 

実際には、本人が病院窓口で支払う金額109,000円の他に健康保険の対象外となる差額ベッド代や食事負担額等をたした金額を支払うことになります。

 

 

健康保険における高額療養費資金貸付制度

健康保険には、中小企業で働く方が加入する協会けんぽと大手企業単独、あるいは企業をグループとしてまとめた健康保険組合があります。健康保険組合では、高額療養費資金貸付制度のない組合もあります。

 

協会けんぽの高額療養費資金貸付制度は、高額療養費の8割相当額を上限に無利子で貸付できるようになっています。

 

貸付申請に必要な書類

協会けんぽでは以下の書類が必要になります。

 

  • 高額医療費貸付金借用書
  • 高額療養費支給申請書
  • 医療機関の発行した保険点数のわかる医療費請求書または領収書

 

健康保険の高額療養費の自己負担限度額

高額療養費の限度額

 

標準報酬額とは?
4月、5月、6月の給料(報酬)の平均額をいい、7月に決定されています。

国民健康保険の高額療養費貸付の申請から支給までの流れ

各市区町村によって申請方法は異なります。一般的な申請から支給まで以下のような流れになります。

 

①まず、病院に高額療養費資金貸付制度を利用したいことを申し出る。

 

 

②病院から入院費用の請求書をもらう。(市区町村によっては病院に医療費証明書への記入が必要なところもある)

 

 

③入院費用請求書を国民健康保険の窓口へ提出する。

 

 

④窓口では本人負担金額及び貸付金額を計算します。

 

 

⑤病院窓口で一部の金額を支払う。領収書と必要事項を記入した申請書や借用書を国民健康保険の窓口へ提出します。

 

 

⑥国民健康保険から高額療養費資金貸付決定通知書が郵送されます。

 

 

⑦国民健康保険から病院に残りの医療費が支払われます。貸付金は高額療養費から差し引かれますので返済は不要です。残りの高額療養費は口座に振込まれます。

 

 

⑧高額療養費資金貸付金精算通知書が郵送されます。

まとめ

高額な医療費により支払が困難な人に対して、その支払資金を貸し付けることにより、経済的自立を助長し、生活の安定を図ることを目的とするのが、高額療養費貸付制度です。

 

国民健康保険の加入者においては、この高額療養費貸付制度がありますが、ないところもあります。協会けんぽにおいてはこの制度があります。

 

貸付金額は、高額療養費の8~9割となっていますので、医療費全額を貸付けしてもらえる制度ではありません。

 

利子については、無利子となっていて、返済は高額療養費から差し引かれますので返済は不要です。

 

以上、「高額な医療費には貸付制度があるのをご存知ですか?」の記事でした。

 

〈高額な医療費の関連記事〉
高額療養費とはどういう制度なのですか?
高額な医療費を支払ったときの高額療養費の申請について

 

関連ページ

必ず知っておきたい交通事故と健康保険、自賠責や人身傷害補償の関係
交通事故による治療を健康保険で行う場合に病院とや保険会社との関係があります。また、相手側自賠責保険やご自分の人身傷害保険も関係してきます。それらについて解説
退職後の健康保険の切り替えはどうすればいいの?
会社を退職をすることにより、健康保険を他のものに切り替え変更する必要があります。候補としては、任意継続、国民健康保険、家族の健康保険の3つがあります。
傷病手当金の支給額についての計算方法はご存じですか?
傷病手当金の支給額計算方法。
健康保険の法定準備金ってなんのことですか?
健康保険の法定準備金について解説
健康保険適用されないシミやソバカスと例外扱いのワキガについて
健康保険が適用されないものと例外的に適用されるものついて
健康保険の種類にはどのようなものがあるのかご存知ですか?
健康保険の種類について解説
国民健康保険料と国民健康保険税はどう違うのか調べてみましたよ
国民健康保険料と国民健康保険税の違い
社会人なら知っておきたい健康保険料の計算の仕組み
健康保険料の計算方法について解説
国民健康保険の出産育児一時金と帝王切開について
国民健康保険の出産育児一時金についてと、帝王切開による高額医療費や医療保険の関係についての情報を掲載しています
健康保険の給付と自己負担と海外療養費について
健康保険の概要、給付、自己負担割合、海外療養費などについてわかりやすく解説しています。
国民健康保険で交通事故の治療。第三者行為の届出が必要ですよ
交通事故にあった場合に国民健康保険を使用する場合があります。この場合にはすみやかに「第三者行為による傷病届」を市町村の窓口に提出しなくてはいけません。その理由等について解説しています。
健康保険と国民健康保険の違いについて知っておくべき9個のポイント
健康保険と国民健康保険の違いについて解説しています。
高額療養費とはどういう制度なのですか?
国民健康保険や健康保険などの医療保険には高額療養費が制度化されています。ではこの高額療養費とはどういうものなのかについて解説したページです。
高額な医療費を支払ったときの高額療養費の申請について
高額な医療費を支払ったといには、「高額療養費」の請求により還付を受けることができます。その申請手続きですが、国民健康保険や健康保険などの医療保険、共済組合などにより手続きが異なっていますのでご紹介します。
医療保険から給付される訪問看護療養費とは?
健康保険を使って訪問看護を受けることもできます。この給付のことを訪問看護療養費といいます。詳しくは本文をご覧ください。
国民健康保険税の計算をわかりやすく解説しています
この記事では国民健康保険料の計算方法について東京武蔵野市と横浜市の事例をとおして理解できる構成となっています。
後期高齢者の高額医療(療養)費、どのように計算するの?
後期高齢者の高額医療費(療養費)はいくら以上支払ったときに申請により払い戻が受けられるのか事例を出して解説していますのでご覧ください
健康保険の扶養はどうなっているの?
健康保険の扶養について解説
後期高齢者の保険料をわかりやすく解説
後期高齢者の保険料をモデル例を使って2つのケースで計算して解説しています。
健康保険資格喪失証明書は何に使うの?どこで入手すればいいの?
健康保険資格喪失証明書についてわかりやすく解説しています。