生命保険の受取人を変更する際の注意点

死亡や満期受取人が指定されていても変更はできるのか?また受取人が死亡したときに変更をしなかった場合にはどうなるのかなどについて取り上げています。
サイトマップ

生命保険を契約している契約者本人が保険証券を見たときにふと思うこと。それは、「受取人は変更できるのか」ということ。あるいは、「もうひとり別に受取人を増やすことができるのか」そして「受取人を変更すると税金はどうなるのか」などです。
また、被保険者が亡くなったときにすでに「受取人が死亡していても新たに指定していなかった」などがあります。そこで、生命保険と受取人のいくつかの疑問について取り上げてみました。

 

 

2016/07/04 11:36:04

生命保険の受取人変更の注意点

生命保険の受取人には、死亡保険金の受取人と満期保険金の受取人があります。
どちらにしても、生命保険の受取人は変更ができます。

 

ただし変更ができるのは、被保険者が死亡される前、満期保険金のある保険は、保険満了日前までに限ります。

 

また、受取人には、被保険者の配偶者や子ども、親や本人の兄弟や孫などの二親等以内の親族を指定する必要があります。

 

受取人の変更には同意が必要

契約者が勝手に保険金受取人の変更をすることはできません。
被保険者の同意が必要になります。

 

そのため、「契約者=被保険者」ならば容易に受取人を変更することができますが、「契約者≠被保険者」のような契約形態で、離れて暮らしているとなると少々手間がかかります。

 

受取人を変更すると税金はどうなる?

契約者変更とは違い、死亡保険金の受取人を変更してもそのときに税金がかかるわけではありませんから何ら問題はありません。

 

後に問題になるのは満期保険金の受取人変更です。
たとえば、以下のような形態の契約(養老保険や学資保険)があるとします。

 

契約者:本人
被保険者:本人
死亡受取人:配偶者
満期受取人:本人

 

このうち、「満期受取人:本人」を「満期受取人:配偶者」へ変更しようと考えたとします。
そうすることで、どうなるのかと言いますと、かかる税金の種類が違ってきてしまいます。

 

「満期受取人:本人」ならば契約者も本人なので、「一時所得」になりますが、「満期受取人:配偶者」とすると、今度は「贈与税」に変わってしまい、多額の税金を納めることになってしまいます。

 

そこで「注意が必要だな」と思われるでしょうが、この点は特に気にすることはありません。
なぜならば、上記のようなことで保険会社のカスターセンターに電話した時や外交員に依頼しても、贈与税が課されると説明されるはずだからです。

 

「それじゃ、何で説明したのか」なんて言われそうですが、生命保険はちょっとした違いで税金の種類が変わってしまうということを知っておいていただきたかったからです。

受取人変更に必要なものはなに?

おおむね各生命保険では以下のものが必要になっています。

 

  • 名義変更請求書(保険会社から送付される)
  • 契約者の本人確認書類(運転免許証等のコピー)
  • 印鑑(認印もしくは契約時に届出した印でないとダメな保険会社もある)
  • 保険証券(必要のない保険会社もある)

 

受取人は複数指定できるの?

死亡保険金の受取人は複数指定することができます。

 

たとえば、終身保険に契約していて、死亡保険金の受取人が長男だとします。
これに受取人を追加して「次男」等も指定することができます。
また、保険金の受取割合を50%ずつではなく、7対3というようにも指定することもできます。

 

このように複数の受取人を指定することもできますが、問題点としては、保険会社に請求するときです。一般的には、受取人の中から代表者をたてて請求する必要があるからです。

 

代表者をたてると言っても、手間がかかる場合があります。というのも、指定書類に各受取人から署名と実印を捺印してもらうことも必要になりますし、印鑑証明も取ってもらう必要があるからです。

 

そのうえ、死亡保険金は、代表者の指定された銀行口座に一括振込まれますので、代表者が各受取人に配分することになります。

 

このようなことで、複数の受取人を指定するならば、はじめから保険を分割して契約することをおすすめします。

 

遺言によっても受取人は変更できるの?

遺言によっても受取人の変更はできますので、その方が死亡保険金を受け取れます。しかしながら、すでに保険会社が指定されていた受取人に死亡保険金を支払ってしまっている場合は、あらたに保険金を支払うことはありませんので注意が必要です。

 

ということで、契約者は生前に保険金の受取人を変更しておくのがベストと言えます。

 

※ 遺言は民法上の遺言の方式を満たした有効なものである必要があります。

 

受取人が死亡してそのままだった場合

受取人が亡くなったときには、新たに受取人の指定をしておくべきですが、契約者が高齢ともなると、そのままにしておくことも考えられます。

 

例えば、契約者・被保険者とも夫で受取人が妻の契約があったとします。
この場合に先に受取人が亡くなり、新たに受取人指定をしないまま、その後に被保険者である夫が亡くなったとします。

 

こうなると死亡保険金を受取るのは、相続人になります。
すでに被保険者の親が無くなっていて相続人が子どもひとりならば手続きもスムーズにいきますが、相続人が複数人いるとなると手間がかかってきます。

 

というのも、保険金を受取るにあたり、死亡証明書・死亡診断書・死体検案書のいずれかの他に次のような手続や書類が必要になるからです。死亡診断書や死体検案書と保険金請求の関係についてはこちらのページをご覧ください。

 

  • 相続人のうちから代表者ひとりを選出する
  • 相続人全員の印鑑証明書を用意する
  • 受取人であった母親の出生から死亡までの戸籍謄本や除籍謄本
  • 父親の出生から死亡までの戸籍謄本や除籍謄本

上記提出書類は保険会社によって多少異なってくると思いますが、おおよそはこのような書類が必要になります。

 

※父親や母親の出生から死亡までの戸籍謄本や除籍謄本は、受取人の範囲を保険会社が確認するために必要となるものです。

 

出生から死亡までの謄本を入手するのは大変です

出生から死亡までの謄本を入手することは相続では重要なことであり大変な作業になります。

 

親が子供が生まれたと役所に届出をすれば親の戸籍に親の氏名や本人の名前、生年月日、続柄(長男や次男など)が記載されます。

 

その子がその後に結婚すれば、親の戸籍から外れるので親の戸籍の「本人の名前部分」には✕印がつき除籍となります。そして、配偶者とともに新たな戸籍に移ります。

 

これだけなら、出生から死亡までの謄本は、被保険者の最後の本籍地の役所で取る最終の戸籍謄本と生まれたときの謄本だけですみます。

 

しかしながら、数年に一度は戸籍法が改正されていますからほぼこれだけの謄本ではすみません。
改正されると謄本の様式が異なり、改正前のものと後ではすべての記載事項が新たな謄本に記載されていないため改正原戸籍(かいせいげんこせき)を入手する必要があります。

 

つまり、「死亡」や「離婚」、「転籍(本籍の移動)」などがあっても、省略されて記載されてきませんから、改正前の謄本である改正原戸籍(かいせいげんこせき)が必要になるのです。

 

住所を移転するたびに転籍

さらに、住所を移転するたびに転籍をしていた場合には、それぞれの時点の本籍地の市町村で除籍謄本を入手する必要がありますから、たいへん手間がかかります。

 

除籍謄本とは、戸籍に誰もいない場合の謄本をいいます。転籍などによりその戸籍に誰もいなくなった謄本は戸籍謄本ではなく、役所で発行してくれるのは除籍謄本のコピーになります。

 

こうなると、いくつもの役所回りをしなくてはいけなくなります。そのときの本籍地が近くならいいですすが、遠方ともなるとそうはいかないでしょうから郵送で入手します。

 

郵送によりひとつ入手してはよーく内容を確認し、その前の本籍地の役所に郵送申請し入手することを繰り返すことになります。もしもこれらの作業が大変だと思う場合には、司法書士や行政書士に依頼することになります。

 

このように出生から死亡までの謄本を入手するのは場合によって大変な作業になります。ですので、受取人が亡くなったときに早めに指定されておくことをおすすめします。

生命保険の受取人変更のまとめ

生命保険の受取人は変更することができますが、被保険者の同意が必要になります。
また、あらたに受取人とする方は、2親等以内にする必要があります。

 

死亡保険金の受取人変更による税金ですが、契約者変更とは違い、死亡保険金の受取人を変更してもそのときに税金がかかるわけではありませんから何ら問題はありません。

 

遺言によっても受取人の変更はできますので、その方が死亡保険金を受け取れます。しかしながら、すでに保険会社が指定されていた受取人に死亡保険金を支払ってしまっている場合は、あらたに保険金を支払うことはありませんので注意が必要です。

 

受取人が亡くなり、その後に被保険者が亡くなったような場合には、通常の書類に加え、用意する書類が増えますので、受取人が亡くなった際には、速やかに指定変更していくべきです。

 

以上、「生命保険の受取人変更や受取人が死亡した際の注意点」でした。

 

【関連ページ】
死亡保険金を受け取った場合の税金はどうなるの?

関連ページ

国内の生命保険会社一覧、国内生保、外資系、ネット生保、主な共済
国内で営業している生命保険会社を国内生保や外資系等に分類したページです
更新型の生命保険は損?メリットとデメリットについて解説
生命保険の更新型について解説
生命保険の失効とは何ですか?
生命保険の失効について解説
生命保険の種類には何がある
このページでは生命保険の種類についてどのようなものがあるのか、保障と種類に分けて解説します。
定期保険の種類には何がある
定期保険の種類は、平準定期や逓減定期、収入保障保険など
養老保険とは?特長やメリット・デメリットについて教えてください
このページは、養老保険ついての説明とメリット・デメリットについて取り上げて解説しています。
終身保険とはどんな保険なの
終身とはどのような保険なのか。メリット、デメリットについて考察し、活用法についても述べています。
医療保険の種類について教えてください
医療保険の種類について解説しています。
がん保険の種類には何がある
がん保険の種類について解説しています。
民間介護保険を契約する前にこの7つのポイントを確認しておこう
生命保険会社が販売しているのが民間介護保険です。いくつかタイプがありますので、その種類と選択ポイントについて解説します。
個人年金の種類はどうなっている
このページは、個人年金の種類について解説しています。
生命保険見直しの方法をFPが伝授!確実に節約が可能です
生命保険の見直しによって保険料の節約ができる場合があります。そこで見直し方法について解説します
生命保険の診査について:告知や医師の診査、健康診断通知
生命保険に加入する際の診査について解説しています
ペストやエボラウイルス病と生命保険の災害死亡について
生命保険の災害死亡にはペストやエボラウイルスなどの疾病も含まれますが、他にどのようなものがあるのかについて解説します
長期入院の給付金請求を行うタイミングはいつがいいの?
長期の入院や手術をした場合の給付金請求を行うタイミングについて解説。入院請求は1度に請求をすれば費用も少なくなります
死亡保険金を受け取った場合の税金はどうなるの?
死亡保険金を受け取った場合の税金について解説しています
生命保険の保険料はどのような仕組みになっているのか
生命保険の保険料がどのような仕組みで構成されているのか詳しく解説しています
社長や役員は生命保険に加入する必要はあるの?
社長や役員が会社契約者とする生命保険について解説したページです。会社が社長の保険契約を締結する必要があるのかについて解説しています
保険会社が倒産、保障はどうなるの?過去の事例から学ぶ
保険会社の倒産は契約者にとっては一番困ります。ですがそうなってしまった場合の流れや内容、保険会社の健全性を見る指標について解説しています
医療保険の支払い日数と検査入院について
医療保険の日数のよくある誤解について解説。支払限度日数、検査入院にいて解説します。
むちうち症状で入院したときって生命保険は使えるの?
むちうち症状があり入院したときに生命保険から支払いはあるのか?あなたはどう思いますか。そんな疑問に答えたページです
結婚にともなう生命保険の改姓や口座変更手続きについて
結婚と生命保険の手続きについて解説したページです。結婚によって行なう手続きについて解説しています
60歳からの生命保険はどういう保険を選択すればいいの?
60歳からの生命保険を考える。終身保険、医療保険、ガン保険について
60歳代で医療保険は必要なのか
60歳代で医療保険に加入、あるいは保険の見直ししようと思っている方のためにFPが本音で書いた記事です
生命保険を活用した相続対策とはどういうもの?
生命保険を活用した相続対策のメリットなどについて取り上げた記事です。
医療保険は不要なの?それとも必要なの?検証してみました
医療保険は不要か必要かどうかについて解説しています
学資保険の確定申告と税金について解説しています
学資保険の満期金を受取ったとき税金は一時所得かあるいは贈与になるのか、計算事例を出して解説しています。また確定申告はどうやっておこなうのか、オンラインでの申告書の作成手順も掲載していますのでぜひご覧ください
学資保険は必要か?必要ない(不要)?あなたはどっち派
親として、子供が生まれると将来の教育費を貯めるために検討することが多い学資保険。そこで、はたたして学資保険は必要か、あるいは不要なのかについて検証してみました。また学資保険のメリットは何があり、デメリットは何なのかについても解説しています
学資保険のデメリットはなに?メリットはあるの?
ここでは学資保険のデメリットとメリットについてどのようなものがあるのか解説しています
学資保険の元本割れについて考えてみた初心者向けの記事です
元本割れする学資保険と元本割れしない学資保険について解説しています
〈かんぽ学資保険〉の保険料はマイナス金利の影響でどうなった
2016年6月時点と2016年9月時点での「かんぽ学資保険」の保険料を比較してみました。
かんぽ生命の養老保険と配当について解説
かんぽ生命の養老保険の内容と配当金についてわかりやすく解説
かんぽ養老保険の貸付ってどういうもの?
かんぽ生命の貸付制度について解説しています。
かんぽ生命の解約はどうすればいいの?
かんぽ学資保険の解約の手続きや必要書類等について紹介しています。
かんぽ生命の入院保障・入院日数などと他社はここが違う
かんぽ生命には医療保険がありませんので、特約で入院保障をつけることになります。その仕組みについて解説しています。
お風呂場や食べ物をのどに詰まらせ亡くなる等の保険の支払いについて
お風呂場や食べ物をのどに詰まらせ亡くなるというケースでの保険金の支払いについて検証しています
個人年金の保険料控除およびメリットとデメリットについて解説
個人年金の概要やメリットのひとつでもある個人年金保険料控除について、そしてデメリットについて解説しています
生命保険の解約で受取った保険金の税金はどうなるのですか?
収入が減ったので保険料を減らしたい、生命保険に入りすぎていた、他の生命保険に乗り換えたいなどの理由で解約することもあります。その際の税金や知っておくべき点について解説しています。
日本生命のニッセイ学資保険とはどんな商品なの?
日本生命の学資保険である「ニッセイ学資保険」の返戻率や特長などについて分析しています。
生命保険をクレジットカード払いにしてポイントゲット
生命保険、学資保険、個人年金、自動車保険、火災保険などはクレジットカード払いすればポイントが付与されます。お買い物や時での利用やnanacoなどの他のポイントと交換することにより節約ができます。
生命保険の死亡保険金を受取った場合の税金は?相続税なの?
生命の死亡保険金を受取ると相続税で計算されます。これらの詳細を解説しています。
総合福祉団体定期保険とは?メリットは何?
総合福祉団体定期保険の概要とメリット、保険料について解説
太陽生命が発売した相続に役立つ?生存給付金付特別終身保険について解説
太陽生命が平成28年7月4日に販売した無配当特別終身保険(商品名:まごころの贈り物)の内容について解説しています。
アフラックの給与サポート保険と所得補償保険を比較
アフラックが新たに発売した給与サポート保険のポイントについてFP目線で他社の所得補償保険との違いを比較しています。
アフラックの給与サポート保険とりそな銀行の団信革命を比較
就業不能状態が継続すると保険金が支払われるのがアフラックの給与サポート保険(所得補償保険)ですが、りそな銀行にも住宅ローン残高が0円になる特定状態保障特約付住宅ローン「団信革命」がありますので比較してみました
ぱるるでも就業不能保険が販売されているので調べてみました
ぱるるで販売されている就業不能保険について調べてみたのでご紹介します
就業不能保険は不要?それとも必要、生命保険とはどう違うのか
就業不能保険とは?必要なのかそれとも不要なのかについて解説
チューリッヒ生命の就業不能保険の特長と他社との違いはなに?
チューリッヒ生命の就業不能保険について紹介しています。
明治安田生命の積立保険「じぶんの積立」は新タイプの保険だった
明治安田生命から発売された積立保険のご紹介です。
ライフネット生命の就業不能保険ってどんな保険なの
就業不能保険のランキング1位と目されるライフネット生命の「働く人への保険2」について
家計保障定期保険NEO 就業不能プランとは
家計保障定期保険NEO 就業不能プランについて
外貨建て個人年金に加入する前に知っておきたいメリットとデメリット
外貨建て個人年金のメリットとデメリットについて解説
告知義務違反とは?2年で時効になるのか!?
告知義務違反について解説
特定不妊治療の保険ってどうなの?
国内で初となる特定不妊治療を受けた際に給付金が支払われる保険が日本生命から発売されましたので内容について詳しくご紹介します
チューリッヒ生命とはどんな保険会社でどんな商品があるの?
チューリッヒ生命の医療保険、がん保険、就業不能保険などの保険種類だけでなく、会社概要などについても掲載しているまとめページです
インプラントや虫歯での抜歯は手術給付金の対象になりますか
歯医者でインプラントや虫歯で抜歯をしても生命保険の給付金対象にはなりません。ただし、歯槽骨(しそうこつ)を強化する目的で骨移植を行う場合があります。こちらについては対象になる場合があります。そこで、この点について深堀してみました