団体信用生命保険とは?ワイド団信とは?

住宅ローン融資を受けるには団体信用生命保険への加入が必須です。ではなぜ団信の加入が必要なのか。ワイド団信とはなんなのか、フラット35の団信などについて解説します
サイトマップ

住宅ローンを申し込む前に知っておきたいことのひとつに団体信用生命保険があります。そこで、団体信用生命とはどういう保険なのか、なぜ団信に加入する必要があるのか、またワイド団信とはについて解説します。

 

 

2017/10/16 11:34:16

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とはどんな保険なのか。略して「団信」などともいい、住宅ローンとは切っても切れない関係にあるのがこの団体信用生命保険です。
でも、「なんで住宅ローンを借り入れるのに生命保険に加入する必要があるの?」なんて思っていませんか。

 

団体信用生命保険の役割

銀行などの金融機関では、住宅ローンを借入れされた方が死亡や高度障害になってしまい、「もう返済できません」となっては困ります。

 

それを防ぐために、団体信用生命という生命保険に加入していただき、万が一の死亡や高度障害になったときに、保険会社から銀行に住宅ローンの残金に見合った保険金が支払われて住所ローンが完済となるようにしておきたいのです。

 

もちろん、借入された側にとっても、世帯主が死亡や高度障害になってしてしまうと一般的には返済が困難になることが多いと思います。ですので、住宅ローンを融資した金融機関と借りいれした人、双方にとってメリットのあるのが団体信用生命保険です。

 

団体信用生命保険に加入できな場合にはどうなる

それでは、団信に加入できないとどうなるのでしょうか。
この場合には、住宅ローンは借入れできません。ですから、住宅ローンを申し込むというのは、収入面だけではなく、一定の健康状態が必要ということです。

 

住宅ローンを借入されたことがない方は、ちょっと驚いたかと思いますが、これが実態です。
それでも団信がだめだったから絶対に融資を受けられないというものでもなく、金融機関としては、返済に支障のなさそうな顧客であれば貸したいほうです。

 

ですから、健康を多少損ねている方には、「ワイド団信」という引受緩和型もありますから、こちらに加入できるなら可能となります。また、融資額に見合う担保となるものの他に連帯保証人をつけるなら融資を受けられる場合もあります。

 

さらに別の方法として、住宅金融支援機構のフラット35であれば団信加入は必須ではありませんから、融資条件のみ審査が通れば借入れは受けられます。

 

フラット35の団信は、平成29年10月1日から制度変更があり、名称も新機構団体信用生命保険制度になっています。保険料支払いは、年払いではなく、毎月のローン返済額に含まれるようになりました

 

団体信用生命保険の保険料

団信の保険料はどうなっているのでしょうか。保険金は住宅ローンの融資に見合った分になりますから結構な保険料になるはずと思ってしまうでしょう。

 

ところが、なんと無料=0円です。

 

それは銀行が負担しているからです。
ただし、ワイド団信やフラット35の新機構団体信用生命保険制度での保険料は自己負担があります。

 

フラット35においては、平成29年10月1日から表示されている金利は、団信を含めた金利です。平成29年10月1日以降に融資申込され、健康上の理由やその他事情により団体信用生命保険に加入されない場合は、そこから-0.2%差引いた金利になります。

 

ワイド団信とは

通常の団体信用生命に加入できないような糖尿病、高血圧症、肝炎などの病気の方。このような方は、「引受条件緩和型団体信用生命保険」略して「ワイド団信」がありますので住宅ローンをあきらめないですむ場合もあります。

 

ただし、通常の団信とは違い、以下のように住宅ローン金利に0.3%などの金利を上乗せしますので実質無料というわけではありません。

 

ワイド団信の上乗せ金利

 

東京三菱UFJ

みずほ銀行

りそな銀行

ソニー銀行

住信SBIネット銀行

上乗せ金利

0.30%

0.30%

0.30%

0.20%

ワイド団信取り扱いなし

引き受け保険会社

クレディ・アグリコル生命保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

クレディ・アグリコル生命保険

クレディ・アグリコル生命保険

団信の告知と違反について

団体信用生命に加入するためには、告知が必要です。
融資額が3,000万円(銀行によっては5,000万円)超える等の方などは告知だけでなく、健康診断書を添付する必要があります。

 

通常の告知書内容は以下に記載したとおりです。
下記項目で比較的多い疾病が、不整脈やぜんそく、ポリープ、糖尿病、貧血症、子宮内膜症などです。これらの疾病をお持ちの方も確実に告知に記入しないといけません。

 

もし、告知に記入しないで契約が無事終了したとしても、2年以内で重度障害や死亡という場合には告知義務違反で契約が解除されてしまうことになります。そのため、住宅ローンは債務として残ります。

 

また、2年を経過しても重大な告知義務違反に該当する場合は詐欺と認定され保険金が支払われませんので、告知には注意しましょう。

 

 

団体信用生命保険のまとめ

最後に団体信用生命保険についてまとめてみました。

 

  • 銀行の住宅ローンを借入れるときには、団体信用生命への加入は必須です。団信の保険料は金融機関負担なので無料です。
  • フラット35では団体信用生命への加入は任意ですが、保険料は自己負担です。
  • 糖尿病や高血圧症、肝炎などをお持ちの方は〈ワイド団信〉という緩和型団体信用に加入できることもあります。
  • ワイド団信の保険料は別途支払いは不要ですが、住宅ローンを金利に0.3%などが上乗せになります。
  • 告知で契約から2年以内に告知義務違反があると保険が解除されます。また2年以上経過していても重大な過失がある場合には詐欺と認定され保険金は支払われないことがあります。

 

以上、マイホーム購入前に知っておくべきこと!団体信用生命とワイド団信についての記事でした。

関連ページ

団体信用生命保険の加入条件とはなに?告知書とは?
住宅ローンを借入れるのにフラット35を除いては団体信用生命保険へ加入することが融資条件になっていますがどういう病気が無理なのか考えてみました
住宅ローンの審査について知っておきたいポイント
住宅ローンの新規融資、または借換えにおいても審査が通らないことは結構あります。金融機関はその理由ぬついて開示されないためわかりませんが個人信用情報でおおよそ分かりますよ。
住宅ローンは信用情報が大事
住宅ローン審査は個人信用情報機関に登録されている情報が大切です。その情報しだいで審査が落とされるからです。では信用情報には「何が出ているのかについて解説します
住宅ローンが払えない場合どうなるの?
住宅ローンが払えない場合にはどうなるのか。銀行からどこに債権として移りどういう流れになるのか、どういう手段を講じるのがベストなのか解説しています
ペアローンと収入合算はどこが違うのか教えてください
収入合算者やペアローンなどのどういうケースで利用するのか。また連帯保証人や連帯債務者はどう違うのか説明しています
つなぎ融資は便利ですが、デメリットもあるので不要にする方法を伝授!
つなぎ融資の概要とデメリット、またそれを回避するいくつかの方法についての解説した記事です
うつ病や糖尿病などと団体信用生命保険の告知義務違反について
うつ病や糖尿病などの団体信用生命保険の告知義務について考察
住宅ローン4500万円で購入したマンションは総額でいくら支払うの?
4500万で買ったマンションは結局総額でいくら支払うことになるのかについて検証したページです
繰り上げ返済のメリットとデメリットには何があるの?
住宅ローンの繰り上げ返済をする場合のメリットとデメリットについて解説しています。
住宅ローンと年収の関係について知っておきたいポイント
住宅ローンと年収について取り上げています。
住宅ローンの仮審査の必要書類は何ですか?
住宅ローンは仮審査がありが必要書類には何があるのか取り上げてみました。
ハウス・リースバックのメリットとデメリットは何なのか
ハウス・リースバックとはどのようなサービスでどういったメリット、デメリットがあるのか、リバースモーゲージとがどこが違うのかについて解説しています。
住信SBIネット銀行と楽天銀行のフラット35の比較
住信SBIネット銀行と楽天銀行のフラット35を比較
住宅ローンの保証料とは?一括と分割払いのどちらがいいのか
住宅ローンを借入れるにあたり、金利負担の他に「保証料」の負担があります。ではこの保証料とはどういうものなのかについて解説しています。
住宅ローン借り換え手数料(費用)と審査などの注意点とメリット・デメリットとは
住宅ローンの借換えについて解説しています
住宅ローン借り換えシミュレーション、5銀行で比較してみました
住宅ローン借り換えのシミュレーションの使い勝手を比較してみました
離婚しても住宅ローンの連帯保証人ははずれないの?はずすための4つの方法とは
収入合算で借入れた住宅ローン、離婚しても連帯保証人の立場は変わりません。そのため離婚前にどうにかしておかなければいけません。その4つの方法についてご紹介します
住宅ローン返済ができなくなる破たんリスク9つの要因
住宅ローンの返済ができなくなる理由について取上げています
住宅ローンの代位弁済とその後の対処方法について
住宅ローンの代位弁済と対処方法について解説