求職者支援制度の概要および受講給付金について解説!

失業保険がもらえない、もらっていたが再就職できずに支給が終わった、雇用保険の加入期間が足りないためもらえないなどの方は求職者支援制度で月10万円もらいながら職業訓練が受けられます。
サイトマップ

高校を卒業したものの就職をしないで、短時間のアルバイトしながらやりたいことを見つけていたA君。また、雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられないB君。そんなA君、B君がやりたい仕事がiPhoneのアプリ開発。でも、二人ともアプリ開発を学ぶための学校に行くにはお金もかかるし、アルバイトができなくなるというジレンマをもっています。

 

このようなケースで考えられるのが「求職者支援制度」です。
求職者支援制度では、職業訓練を無料で学ぶことができ、要件を満たしている方は、毎月10万円の手当も受取ることができる制度です。そこで、今回はこの求職者支援制度について解説します。

 

 

2015/05/18 10:56:18

求職者支援制度とは?

失業保険を受給できない方が無料で職業訓練を受講し早期就職を実現できるようにするための支援制度のことをいいます。教科書代等は自己負担になります。

 

多くの職種に共通する基本的能力を習得するための「基礎コース」、医療事務、介護・福祉、IT等の特定の職種の職務に必要な実践的能力を一括して習得するための「実践コース」があります。

 

訓練期間は、1コース3か月から6か月までになります。

 

では、どういう人を対象としているかという点については、次をご覧ください。

 

求職者支援制度の対象者について

求職者支援制度の対象となる方は「雇用保険を受給できない方で就職を希望し、支援を受けようとする方」になります。具体的には、以下の方です。

 

  • 自営業を廃業した人
  • 失業保険の受給が終了してしまった人
  • 加入期間が短くて失業保険の受給資格がない人
  • 就職が決まらないまま学校を卒業した人

 

このような方々が対象者になります。

 

在職中(週所定労働時間が 20 時間以上)の方、短時間就労や短期就労のみを希望される方、老齢年金の受給者の方などは、原則として該当しません。

 

職業訓練受講給付金の支給要件

そして、上記に該当する方で以下の要件も満たした方には、職業訓練受講給付金が支給されます。

 

  • 収入が8万円以下であること
  • 世帯(※)の収入が25万円以下であること
  • 世帯の金融資産が300万円以下であること
  • 現に居住する土地・建物以外に土地・建物を所有していないこと
  • 訓練の全ての実施日に訓練を受講していること(やむを得ない理由により受講しなかった実施日がある場合にあっては、8割以上)
  • 世帯に他に当該給付金を受給し、訓練を受講している者がいないこと
  • 過去3年以内に失業等給付等の不正受給をしていないこと

 

※「収入」とは、税引前の給与などの他、年金その他全般の収入を指します(一部算定対象外の収入もあります)

※「世帯」とは、本人のほか、同居または生計を一つにする別居の配偶者、子、父母が該当します。

 

上記のすべての要件を満たした方には、

  • 職業訓練受講給付金:10万円(訓練の開始日から1か月ごとに区切った期間ずつに支給される)
  • 通所手当::職業訓練実施施設までの通所経路に応じた所定の交通費を受給することができます。

求職者支援制度の受講申込みをするには?

受講対象者については理解されたと思いますが、では受講申込みをするにはどうしたらいいのか順を追って説明いたします。

 

囲ってある枠は職業訓練受講給付金の手続きについての説明になります。

 

まずはハローワークを訪問し、求職の申込みをし求職者支援制度の説明を受けます

手続きや職業訓練受講給付金の手続きは原則としてお住まいを管轄しているハローワークになります。

 

職業訓練受講給付金を受給希望の方は、申し出をしておきます。

 

訓練コースの選択

職業相談を受けながら訓練コースを選択し、受講申込書などの必要書類を受取ります。
高齢・求職者雇用支援機構(JEED)が行っている訓練についてはこちらから調べることができますので、情報収集はしておくべきでしょう。

 

上記の国が主体の「高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)」がおこなっている訓練もありますが、各都道府県がおこなっている訓練もあります。

 

東京都については以下から検索できます。

 

東京都が民間委託している職業訓練

 

ハローワークの担当者は、就職活動の状況などヒアリングして訓練受講の必要性を確認判定しています。判定上、訓練の必要性がないと判断された場合には申込みをすることができません。

 

職業訓練受講給付金は、事前審査がありますので、その説明を聞き、必要書類を受け取っておきます。

 

ハローワーク窓口で受講申込書を提出し受付印をもらいます

その後、受講申込書や必要書類を訓練実施機関に提出します。

 

職業訓練受講給付金申請は訓練の受講申込みと同時に、必要な添付書類を添えて事前審査の申請を行います。

 

訓練実施機関による選考が行われます

面接・選考試験があるものと書類だけの選考でおこなわれるものもあります。

 

職業訓練受講給付金の事前申請で合格した方には結果が通知されます。支給申請の必要書類を受け取ってください。

 

訓練実施機関から合否通知

訓練実施機関から合格通知が届いたらハローワークにいき、訓練開始の前日までに「就職支援計画」の交付を受ける必要があります。これを「支援指示」と言いますが、これを受けないと訓練を受講することはできませんし、職業訓練受講給付金を受給することもできません。

 

訓練開始

実際には訓練開始前に訓練実施機関において合格者説明会がありますので、これには必ず参加する必要があります。

 

また、訓練受講中から訓練終了後3カ月間は、原則として月に1回、ハローワークが指定する日(指定来所日)にハローワークに来所し、定期的な職業相談を受ける必要もあります。

 

指定来所日に職業相談を受けた後、支給申請をします。

職業訓練受講給付金の事前審査に必要な書類

①本人確認書類:運転免許証や旅券、顔写真付きの住民基本台帳カードで氏名、住所、生年月日の記載のあるもの

 

②ハローワークから渡される書類:受講申込書、受講申込・事前審査書(ハローワーク提出用)、職業訓練受講給付金要件申告書 、職業訓練受講給付金通所届

 

③必要な添付書類:

住民票謄本の写し(直近3カ月以内に交付されたもの)
賃金明細書など
源泉徴収票や市区町村が交付する所得証明書で額面が記載されたものなど(申請者本人および全ての同居配偶者等の分)
残高が 50 万円以上である全ての預貯金通帳(直近1カ月以内に交付されたもの)
給付金の振込先となる通帳
その他、ハローワークが求める書類

 

職業訓練受講給付金の支給申請に必要な書類

①訓練実施機関による受講証明を受けた職業訓練受講給付金支給申請書
②就職支援計画書
③給付金支給状況(支給記録)(あらかじめ交付を受けていない場合は不要)
④事前審査通知書(初回支給申請時のみ)
⑤やむを得ない理由で訓練を欠席(遅刻・欠課・早退を含む)した場合は、その理由を証明する書類が必要になります。

 

注:やむを得ない理由と認められた場合でも、支給申請の対象となる各訓練期間に8割以上の出席がなければ職業訓練受講給付金は支給されません。

 

実際の職業訓練申込状況はどうなっているの?

埼玉県と東京都が行っている訓練についての選考結果をご覧ください。

 

埼玉県における職業訓練申込状況結果

平成27年4月開講委託訓練の結果です。
埼玉県における訓練申込み実施状

No. 講座名 定員 応募者数 合格者数
1501 介護初任者 24 26 22
1502 介護初任者 30 40 30
2501 介護初任者 24 27 23
1601 介護実務者 17 26 17
2601 介護実務者 17 15 15
3501 簿記会計 28 50 28
4501 簿記会計 28 41 28
5501 IT基礎 30 48 30
5502 IT基礎 30 58 30
6501 IT基礎 24 35 26
6502 IT基礎 25 34 25
6601 IT応用(ITパスポート、エクセルVBA、MOS) 20 29 20
7701 造園 20 21 21

東京都における職業訓練申込状況

平成26年度 6月入校生応募状況(一部抜粋)
東京都における訓練申込み実施状況

 

科目番号 科目名 定員 応募者数 応募倍率
離1 Javaプログラミング・Androidアプリ開発・基本情報科 30 50 1.67
離2 Androidアプリ開発科 30 31 1.03
離3 ネットワーク・Webエンジニア養成科 30 49 1.63
離8 Webサイト制作科 16 99 6.19
離9 Webクリエイター養成科 30 49 1.63
離13 介護職員養成科 18 27 1.50
離14 介護ヘルパー初任者研修科 24 39 1.63
離15 医療事務・調剤事務・介護保険事務科 24 72 3.00
離19 簿記・パソコン科 30 34 1.13

 

求職者支援資金融資とは?

職業訓練受講給付金10万円を受給する予定の方を対象とした貸付制度です。
訓練受講中に生活費が不足する方向けに行っている制度で、端的に言ってしまえば「前借り」みたいなものです。

 

貸付額はいくら?

月額5万円(上限)または 10万円 (上限) × 受講予定訓練月数
※配偶者などの有無により、上限額は異なっています。

 

保証人は不要ですが、貸付なので返済する必要があります。
返済については、貸付日から5年以内(貸付額が50万円以上の場合は10年以内)に元利均等払いにより返済となっていますので、ゆるやかではありますが、年3.0% (信用保証料0.5%を含む)の金利を支払う必要があります。

 

手続きはハローワークにて行いますので詳しくは最寄りのハローワークにお尋ねください。

 

求職者支援制度のまとめ

求職者支援制度とは、要件を満たしている方に毎月10万円、さらに通所手当(交通費)も支給され、その上で求職者支援訓練、もしくは公共職業訓練を無料で受講できる制度です。目的は、早期就職を実現できるようにするためです。

 

以下に該当する方が対象となります。

 

  • 雇用保険に加入できなかった
  • 雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、支給終了した
  • 雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられない
  • 自営業を廃業した
  • 就職が決まらないまま学校を卒業した

 

訓練期間については1コース3か月から6か月までとなっています。
以上、求職者支援制度の概要および受講給付金について解説!についての記事でした。

 

該当カテゴリー:雇用保険(失業保険)
関連カテゴリー:労災保険健康保険

 

関連ページ

雇用保険の仕組み
雇用保険の仕組みについてわかりやすく解説しています
失業(雇用)保険の加入条件
失業(雇用)保険にはどういう給付種類があるのか、そしてどんな働き方をすると被保険者になるのか、さらに、被保険者になれる人となれない人はどういう人なのかについて解説しています。
雇用保険の被保険者には4種類あります
雇用保険の被保険者の種類について解説
失業保険手当を受取るための手続きはどうすればいいの?
失業保険から失業手当をもらうための手続きについて解説。
雇用保険の助成金にはどのようなものがある?
雇用保険は、雇用安定事業も行っています。そこには、事業主に対しての助成金があります。では、その助成金にはどのようなものがあるのかについて取り上げています
雇用保険料の計算と端数処理はどうすればいいの
雇用保険料の計算と端数処理について解説
失業手当計算の大事なポイントについて解説
失業手当の計算は、基本手当日額×所定給付日数で行いますが、これらの言葉の意味を知らないと計算できませ。
倒産や会社都合で退職したときは特定受給資格者に該当
失業保険の被保険者が倒産や会社都合でやめた場合に該当する特定受給資格者について解説
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについて解説しています
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについてズバリ解説しています
失業保険で受取れる各種手当の手続書類
失業保険の手続きをしてもらえる手当てについてまとめたページです
失業認定申告書の書き方と転職サイトの応募について
失業認定申告書の書き方について大事なポイントとインターネットから転職サイトへ応募した場合の記入例について説明しています
東京管内のハローワークと埼玉県、神奈川県の所在地
東京にあるハローワークの所在地をご紹介。また埼玉県・千葉県・神奈川県の所在地についても掲載しています
育児休業給付金と退職についての大事なポイント
育児休業給付金と退職についての大事なポイントについて解説しています
育児休業給付金が初めての方の重要項目のまとめ
育児休業給付金とはどういう給付金なのか?いくらもらえるのか?いつもらえるのか?どこからもらえるのか?どういう手続きが必要なのかなどについてわかりやすく解説しています。
失業手当の給付期間は、倒産や自己都合で違います
失業給付の期間は倒産や解雇という会社都合と自己都合での離職理由によって違ってきます
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説しています
失業保険の求職活動実績って何回必要でスケジュールはどうなっているの?
失業保険の求職活動実績とスケジュールはどのようになっているか詳しく解説していますのでご覧ください
失業保険受給中のアルバイトとハローワークにバレルわけ
失業保険の給付制限中よ受給中のアルバイトについて。アルバイトをしてはいけないということはありませんが収入があることによって手当が全額不支給や減額、全額支給などになります。こういった点も含めて色々と解説していますのでご覧ください
失業保険の受給資格はパートやアルバイトでも対象になるの?
失業保険の受給資格に該当する方はどういう方なのかについて解説ています
就業促進定着手当とはどのような手当でいくらもらえるの?
就業促進定着手当は、就業促進手当のひとつで、他に再就職手当、就業手当、常用就職支度手当があります。それらの手当はどういう人を対象に支払われるのか、また失業手当てを受取るよりも早期に就職し、これらの手当も受取ったほうが有利なのかも検証しています
育児休業給付金とは?手当の計算方法と申請手続きについて解説
雇用保険からもらえる育児休業給付金とは、どのような手当なのか。また計算方法やハローワークへの申請手続き、支給日、パパママ育休プラスについてもについても解説しています。
高年齢雇用継続給付とは?計算や手続きなども解説
高年齢雇用継続給付の概要や計算、手続きについて取り上げた記事です。
高年齢求職者給付金をハローワークからもらえる資格条件とは?
このページでは高年齢求職者給付金を受取れる条件は何か、支給額はいくらか、支給期間はどのくらいかについて知ることができます
職業訓練の受講メリットとは?受講手当、通所手当とはなに?
失業保険を受給しながらも職業訓練を受講することができます。そのメリットとは何か、また受講手当や通所手当なども給付されますが、どういった手当なのかについて紹介しています。
初回失業手当はいつから、いくらもらえる。待機期間って何?
初回失業手当は30日分というわけでもありません。いつから、そしていったいいくらもらえるのかについて事例をあげて解説したページです。
寄宿手当とはどういう手当なの?
寄宿手当の概要、手当額、手続き等について
日雇労働求職者給付金について解説しています
日雇労働求職者給付金について
教育訓練給付制度について知っておきたいポイントのまとめ
教育訓練給付制度とはどのような制度で誰が利用できるのか、給付金の金額などについてご紹介しています。
教育支援給付金とは?専門実践教育訓練給付とは?
教育支援給付金と専門実践教育訓練給付金について解説
失業保険の受給条件には何があるの?
失業保険の受給条件についてはどういったものがあるのかについて取りあげた記事です。
失業保険からもらえる給付にはどんな種類があるの?
失業保険からもらえる手当にはどのような種類のものがるのかについて取り上げています。
失業保険の傷病手当とはどういう手当なの?
失業保険の傷病手当金について解説
雇用保険の特例一時金をもらえる要件をご存じですか?
季節的に雇用される者に給付される特例一時金について解説
介護休業給付金の支給要件や支給額についてのポイントを解説
介護休業給付金についてのポイントを解説
離職票の再発行手続き。離職証明書との違いはなに?
離職票の再発行と手続き。それと離職証明書とのい違いについて。離職証明書のダウンロードはできるのかについても解説しています。
雇用保険被保険者証の再発行手続きはどうすればいいの?
雇用保険被保険者証の再発行手続きについて解説
教育訓練給付制度の条件とはなんですか?
教育訓練給付制度の条件や受け取れる金額には限度がある点、専門教育から支給される金額の上限などについてわかりやすく解説しています。
トライアル雇用とは?メリットとデメリットはなに?
トライアル雇用やトライアル雇用奨励金、メリットやデメリットについてのポータルページです。
失業手当をもらったら扶養は外れる?外れない?
失業保険をもらった場合の扶養は外れるのか。税金、健康保険、年金との関係について解説しています。
離職証明書と離職票はどう違うの?
離職証明書と離職票はどういうものなのか。またどう違うのかについて解説しています
失業認定日の変更はどんな理由なら認められるのか
失業認定日にハローワークに行けない理由で認められているものについて紹介
再就職手当の条件と給付金額の計算について知っておきたいこと
再就職手当の条件は、所定給付日数の3分の1以上残っている必要があります。さらに3分の2以上あると給付率が違ってきます。これらの計算方法についてご紹介しています。
雇用保険適用拡大、65歳以上の方は高年齢被保険者となりました
雇用保険法改正によって適用拡大され、平成29年1月1日から65歳以上の方でも加入できるようになり、高年齢被保険者となりました
短期訓練受講費とは?誰が対象なの?
平成29年1月から始まった制度で再就職をするために1か月未満の教育訓練を修了した場合に支給されるの短期訓練受講費について解説