失業保険手当を受取るための手続きはどうすればいいの?

失業保険の手続きイメージ画像

雇用保険料を支払っていたからといって、会社を退職さえすれば失業保険から手当がもらえるわけではありません。もらえる条件に合致し、その上で自分自身で手続きをする必要があります。

 

では、その条件とは何か?どこでどのような手続きをすればいいのか、その時にどんな書類が必要なのか、いつもらえるのか、どのくらいの期間もらえるのか、合計でいくらもらえるのかなど方法と手順について解説します。


 

失業保険手当を受取るための必要書類と手続

失業保険手当を受取るためには、ハローワークに手続きにいきます。もちろん手ぶらというわけではありません。(笑い)

必要書類

  1. 離職票-1
  2. 離職票-2
  3. 雇用保険被保険者証
  4. マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード)
  5. 身元証明書(運転免許証や顔写真付きの資格証明書)
  6. 印鑑
  7. 写真2枚(タテ3センチ、横2.5センチ、1枚は離職票-2の下部の写真貼付欄に貼る)
  8. 本人名義の預金通帳
  9. 船員であった方は、船員失業保険証および船員手帳

離職票1と2とは
離職表については、通常は離職後2週間以内には会社から送られてきます。会社の手続き次第で遅くなる場合もあります。

もしも離職表を紛失してしまったときには、再発行ができます。詳しくは、雇用保険の離職証明書と離職票の違いはなに?再発行はどうすればいいの?の記事をご覧ください。

雇用保険被保険者証については、すでに手元にお持ちかと思います。
同様に紛失してしまったときには、雇用保険被保険者証を亡くした場合の再発行手続きの記事をご覧ください。

手続きはハローワークに行きます

上記の書類がそろったらお住いの管轄のハローワークに行って手続きをします。
郵送での手続きはできません。
※開庁時間がありますからご注意ください。

開庁時間
平日の8:30~17:00が基本的な開庁時間です。

最初に行うのは求職手続き
ハローワークに行って最初の手続きは、失業保険をもらうための手続きではありません。「求職の申込み手続」です。

求職申込書に、住所氏名や生年月日、連絡先電話番号、希望する仕事、希望する就業形態(正社員・派遣・請負)、希望収入、直近の勤務先などを記入します。

記入し終わったら、離職票や、雇用保険被保険者証、身分証明書、銀行通帳と共に窓口に提出します。ここでハローワークカードと冊子が渡されます。

その後、離職理由などの質問と日程等の説明を受け、提出書類に不備がなければ失業保険受給資格の決定となります。

雇用保険受給資格者のしおりを受取る
「雇用保険受給資格者のしおり」が手渡され、この日の手続きはこれで終了となります。次回は、「雇用保険受給資格者のしおり」に指定されている日時の「雇用保険説明会」に必ず出席します。

失業保険手当はいつからもらえるの?

失業保険手当は、いつもらえるのか。
離職理由によって違ってくるので一概には言えません。

離職理由とは

離職理由とは、自己都合による離職、あるいは会社倒産や解雇などによるものかを言います。専門用語では、自己都合による離職を「一般受給資格者」、会社倒産や解雇などによるものを「特定受給資格者」といいます。

その他に、派遣などで期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ当該労働契約の更新がないことにより離職した者などは、「特定理由離職者」になります。

最終的な離職理由の判定は、ハローワークが行いますが、この離職理由によってすぐにもらえるのか、あるいは3ヵ月経過後にもらえるのかで違ってきます。

「一般受給資格者」は、支給の開始は、7日間の待機期間が経過した後になっています。しかしながら、7日間が過ぎたからといって、すぐに銀行口座に振込まれるわけではありません。

そこで、特定受給資格者や特定理由離職者に該当する方の具体的な事例として見てみましょう。

支給事例1

8月17日にハローワークに求職の手続きに行って失業保険受給資格者に認定されたとします。この日から7日間となる8月23日までは待期期間となります。

次に雇用保険説明会が8月29日だとすれば、これに参加し、失業認定申告書の書き方や雇用保険制度についてビデを見たり説明を2時間ほど受けます。また、この説明会で雇用保険受給資格者証を受け取ります。

9月13日が第1回の失業認定日。この日は、ハローワークに行き、「失業認定申告書」に求職活動の状況等を記入し、「雇用保険受給資格者証」とともに提出します。その後、この日から約7日間後までには失業手当21日分が口座に振込まれます。

10月11日は、 第2回の失業認定日になります。この日もハローワークに行き、「失業認定申告書」に求職活動の状況等を記入し、「雇用保険受給資格者証」とともに提出します。

前回の失業認定日9月13日から10月10日までに求職として認められる活動を2回以上行っている必要があります。10月17日には2回目の手当28日分が振込まれます。

このようなスケジュールで4週間に一度失業認定が行われ進んでいきます。
次に「自己都合による離職」のスケジュールはどうなっているのか見てみましょう。

自己都合の受取りスケジュール

自己都合による離職は、待期期間となる7日間の翌日から3ヶ月間は給付制限期間があります。つまり11月21日が給付制限終了日となりますから、この間は求職活動しても入金はされません。

12月6日が第2回目の失業認定日となり、12月12日頃に初めての手当が振込まれることになります。

初めてハローワークに行ったのが8月17日ですから、アルバイトでもしなければ約4カ月間も無収入になります。

それでは、合計でもらえる手当の日数は、どうなっているのでしょうか。これらは離職時の満年齢や被保険者期間によって違ってきます。

会社都合等での離職の場合の失業手当の給付日数

解雇や倒産など会社側からの働きかけによる離職である特定受給資格者と特定理由離職者が該当します。

特定受給資格者と特定理由離職者の詳細については、倒産と会社都合で退職したときの失業保険、特定受給資格者について解説をご覧ください。

区分

被保険者になっていた期間

1年未満 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上35歳未満 90日 90日 180日 210日 240日
35歳以上45歳未満 90日 90日 180日 240日 270日
45歳以上60歳未満 90日 180日 240日 270日 330日
60歳以上65歳未満 90日 150日 180日 210日 240日

自己都合での離職の場合の失業手当の給付日数

自己都合で離職(一般受給資格者)の場合は次の日数になっています。

区分

被保険者になっていた期間

1年未満 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上
全年齢 90日 90日 120日 150日

就職困難者の失業手当給付日数

身体障害者、知的障害者、精神障害者、刑法等の規定により保護観察に付された方、社会的事情により就職が著しく阻害されている方が該当します。

区分

被保険者になっていた期間

1年未満 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上
45歳未満 150日

300日

45歳以上60歳未満 150日

360日


詳細については、必ず知っておきたい失業保険の計算と給付日数についてをご覧ください。

失業保険手当はいくら?

ここまでで、失業保険の手続きについてとスケジュール、受取れる日数について説明しました。ここでは、どのくらいの金額を受取れるのかについて説明します。

合計で受け取れる金額は、「基本手当日額×所定給付日数」で計算します。
では、基本手当日額とは何をいうのでしょうか。

基本手当日額とは

1日あたり受取れる失業保険の金額を「基本手当日額」といいます。
この基本手当日額は、原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金の合計を180で割って算出した金額(これを「賃金日額」といいます。)になります。この金額に複雑な計算式をあてはめたものが基本手当日額です。
※失業保険の賃金日額計算は賞与等は除きます。

計算事例1
具体例として、退職前の6カ月間の賃金の総額が180万円だとします。この180万円を180で割ると180÷180=1万円となります。この数字が賃金日額です。

さらにこの賃金日額を基に決められた式で計算したのが基本手当日額です。※上限額があります。

もしも、年齢が30歳以上35歳未満で倒産や解雇など会社都合による離職。
被保険者期間が5年以上10年未満、賃金日額が1万円だとしたら基本手当日額は5,705円、所定給付日数は180日です。よってもらえる合計額としては、5,705円×180日=1,026,900 円。

勤めていたころの給料は6カ月で180万円です。
それから見れば失業保険手当は約57%程になります。

計算事例2
それでは、同じ条件で給料のみが退職前の6カ月間の賃金の総額が300万円ならどうなるでしょうか。

この場合は、基本手当日額は7,105円です。
180日分で合計1,278,900円です。勤めていたころの給料は6カ月で300万円ですから約42%程になります。

このように基本手当日額には上限額があるため賃金が高い人ほど給付率は下がってしまいます。

詳しくは、必ず知っておきたい失業保険の計算と給付日数についてをご覧ください。

以上、失業保険の手続きはどうすればいいの?記事でした。

5、まとめ

失業保険の手続きはハローワークで行います。その際に持っていくものは、離職票と雇用保険被保険者、マイナンバーカード等になります。

ハローワークでの最初の手続としては、求職の申込みです。
求職申込書に、住所氏名や生年月日、連絡先電話番号、希望する仕事、希望する就業形態(正社員・派遣・請負)、希望収入、直近の勤務先などを記入します。記入し終わったら、離職票や身分証明と共に窓口に提出します。

書類等に不備がなければ失業保険受給資格の決定となります。その後、「雇用保険受給資格者のしおり」が手渡され、この日の手続きはこれで終了です。

実際に失業保険が受取れるには、離職理由によって異なってきます。会社都合であれば所定の手続きを踏めば1ヵ月くらいで入金されます。ですが、自己都合ともなると、初めてハローワークに行った日から4カ月くらいは入金がされません。

受取れる合計給付額は、離職時の満年齢、被保険者期間、離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金によって違ってきます。

以上、「失業保険の手続きはどうすればいいの?」でした。

該当カテゴリー:雇用保険(失業保険)
関連カテゴリー:労災保険健康保険

関連ページ

雇用保険の仕組み
雇用保険の仕組みについてわかりやすく解説しています
失業(雇用)保険の加入条件
失業(雇用)保険にはどういう給付種類があるのか、そしてどんな働き方をすると被保険者になるのか、さらに、被保険者になれる人となれない人はどういう人なのかについて解説しています。
雇用保険の被保険者には4種類あります
雇用保険の被保険者の種類について解説
雇用保険の助成金にはどのようなものがある?
雇用保険は、雇用安定事業も行っています。そこには、事業主に対しての助成金があります。では、その助成金にはどのようなものがあるのかについて取り上げています
雇用保険料の計算と端数処理はどうすればいいの
雇用保険料の計算と端数処理について解説
失業手当計算の大事なポイントについて解説
失業手当の計算は、基本手当日額×所定給付日数で行いますが、これらの言葉の意味を知らないと計算できませ。
倒産や会社都合で退職したときは特定受給資格者に該当
失業保険の被保険者が倒産や会社都合でやめた場合に該当する特定受給資格者について解説
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについて解説しています
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについてズバリ解説しています
失業保険で受取れる各種手当の手続書類
失業保険の手続きをしてもらえる手当てについてまとめたページです
失業認定申告書の書き方と転職サイトの応募について
失業認定申告書の書き方について大事なポイントとインターネットから転職サイトへ応募した場合の記入例について説明しています
東京管内のハローワークと埼玉県、神奈川県の所在地
東京にあるハローワークの所在地をご紹介。また埼玉県・千葉県・神奈川県の所在地についても掲載しています
育児休業給付金と退職についての大事なポイント
育児休業給付金と退職についての大事なポイントについて解説しています
育児休業給付金が初めての方の重要項目のまとめ
育児休業給付金とはどういう給付金なのか?いくらもらえるのか?いつもらえるのか?どこからもらえるのか?どういう手続きが必要なのかなどについてわかりやすく解説しています。
求職者支援制度とは?給付金について徹底解説
失業保険がもらえない、もらっていたが再就職できずに支給が終わった、雇用保険の加入期間が足りないためもらえないなどの方は求職者支援制度で月10万円もらいながら職業訓練が受けられます。
失業手当の給付期間は、倒産や自己都合で違います
失業給付の期間は倒産や解雇という会社都合と自己都合での離職理由によって違ってきます
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説しています
失業保険の求職活動実績って何回必要でスケジュールはどうなっているの?
失業保険の求職活動実績とスケジュールはどのようになっているか詳しく解説していますのでご覧ください
失業保険受給中のアルバイトとハローワークにバレルわけ
失業保険の給付制限中よ受給中のアルバイトについて。アルバイトをしてはいけないということはありませんが収入があることによって手当が全額不支給や減額、全額支給などになります。こういった点も含めて色々と解説していますのでご覧ください
失業保険の受給資格はパートやアルバイトでも対象になるの?
失業保険の受給資格に該当する方はどういう方なのかについて解説ています
就業促進定着手当とはどのような手当でいくらもらえるの?
就業促進定着手当は、就業促進手当のひとつで、他に再就職手当、就業手当、常用就職支度手当があります。それらの手当はどういう人を対象に支払われるのか、また失業手当てを受取るよりも早期に就職し、これらの手当も受取ったほうが有利なのかも検証しています
育児休業給付金とは?手当の計算方法と申請手続きについて解説
雇用保険からもらえる育児休業給付金とは、どのような手当なのか。また計算方法やハローワークへの申請手続き、支給日、パパママ育休プラスについてもについても解説しています。
高年齢雇用継続給付とは?計算や手続きなども解説
高年齢雇用継続給付の概要や計算、手続きについて取り上げた記事です。
高年齢求職者給付金をハローワークからもらえる資格条件とは?
このページでは高年齢求職者給付金を受取れる条件は何か、支給額はいくらか、支給期間はどのくらいかについて知ることができます
職業訓練の受講メリットとは?受講手当、通所手当とはなに?
失業保険を受給しながらも職業訓練を受講することができます。そのメリットとは何か、また受講手当や通所手当なども給付されますが、どういった手当なのかについて紹介しています。
初回失業手当はいつから、いくらもらえる。待機期間って何?
初回失業手当は30日分というわけでもありません。いつから、そしていったいいくらもらえるのかについて事例をあげて解説したページです。
寄宿手当とはどういう手当なの?
寄宿手当の概要、手当額、手続き等について
日雇労働求職者給付金について解説しています
日雇労働求職者給付金について
教育訓練給付制度について知っておきたいポイントのまとめ
教育訓練給付制度とはどのような制度で誰が利用できるのか、給付金の金額などについてご紹介しています。
教育支援給付金とは?専門実践教育訓練給付とは?
教育支援給付金と専門実践教育訓練給付金について解説
失業保険の受給条件には何があるの?
失業保険の受給条件についてはどういったものがあるのかについて取りあげた記事です。
失業保険からもらえる給付にはどんな種類があるの?
失業保険からもらえる手当にはどのような種類のものがるのかについて取り上げています。
失業保険の傷病手当とはどういう手当なの?
失業保険の傷病手当金について解説
雇用保険の特例一時金をもらえる要件をご存じですか?
季節的に雇用される者に給付される特例一時金について解説
介護休業給付金の支給要件や支給額についてのポイントを解説
介護休業給付金についてのポイントを解説
離職票の再発行手続き。離職証明書との違いはなに?
離職票の再発行と手続き。それと離職証明書とのい違いについて。離職証明書のダウンロードはできるのかについても解説しています。
雇用保険被保険者証の再発行手続きはどうすればいいの?
雇用保険被保険者証の再発行手続きについて解説
教育訓練給付制度の条件とはなんですか?
教育訓練給付制度の条件や受け取れる金額には限度がある点、専門教育から支給される金額の上限などについてわかりやすく解説しています。
トライアル雇用とは?メリットとデメリットはなに?
トライアル雇用やトライアル雇用奨励金、メリットやデメリットについてのポータルページです。
失業手当をもらったら扶養は外れる?外れない?
失業保険をもらった場合の扶養は外れるのか。税金、健康保険、年金との関係について解説しています。
離職証明書と離職票はどう違うの?
離職証明書と離職票はどういうものなのか。またどう違うのかについて解説しています
失業認定日の変更はどんな理由なら認められるのか
失業認定日にハローワークに行けない理由で認められているものについて紹介
再就職手当の条件と給付金額の計算について知っておきたいこと
再就職手当の条件は、所定給付日数の3分の1以上残っている必要があります。さらに3分の2以上あると給付率が違ってきます。これらの計算方法についてご紹介しています。
65歳以上の方は高年齢被保険者となりました
雇用保険法が改正され、平成29年1月1日から65歳以上の方は高年齢被保険者となりました
短期訓練受講費とは?誰が対象なの?
雇用保険の短期訓練受講費について解説