離職票の再発行と手続き。離職証明書とはどう違うの?

離職票の再発行と手続き。それと離職証明書とのい違いについて。離職証明書のダウンロードはできるのかについても解説しています。
サイトマップ

離職証明書の再発行手続きのイメージ画像

離職したので雇用保険から失業手当をもらいたい。
そのためには必要書類を持参してハローワークで手続をすることになります。

 

その書類のひとつに「離職票」があります。正式には雇用保険被保険者離職票といいますが、ここでは省略して「離職票」といいます。

 

離職票は大事な書類ですが、紛失してしまった方は再発行はどうすればいいのか。離職証明書と離職票の違いは何か。その方法と手順、違いについて解説します。


 

2016/08/08 11:57:08

離職票の再発行手続きには3つのパターンがあります

いざ、ハローワークに行こうと思ったら離職票がない。たしか会社から送られてきたはずなんだけど見当たらない。このようなときには、再発行をしてもらうしかありません。

 

手続きは3パターンありますのでご紹介します。

 

離職票再発行の手続き3パターン

  1. 会社経由で手続をしてもらう
  2. 離職票が発行されたハローワークに自分で手続きに行く
  3. 2以外の住所の近くのハローワークで手続きをする

3番のハローワークでの手続きは、届くまでに1週間くらいみておいたほうがいいです。

 

離職票再発行に必要な書類とダウンロード先

以下の申請書類と添付書類等が必要です。二度手間にならないようにハローワークに行く前に必ず確認してください。

 

「そもそも離職票はもらっていない」「会社が手続をしてくれない」

離職時にすでに転職先が決まっていれば失業給付を受けとることができないので離職票をもらわない方もいます。また「不要」と申出された方にも離職票は交付されません。

 

でも今回は失業手当をもらいたい

原則として離職の日以前2年間に働いた日数が11日以上あり、雇用保険に加入していた月が通算して12ヶ月以上ある場合は失業手当が受給できます。倒産・解雇等に該当する特定受給資格者は、離職の日以前1年間に通算6ヶ月以上でも受給できます。

 

そこで、新たに就職した会社を2年以内に離職をした場合で、今回は雇用保険から失業手当をもらいたい場合です。この場合には、今回離職した会社の離職票と前の会社の離職票2枚が必要になってきます。

 

さらに短期間で離職を繰り返した場合は、3枚ということも考えられます。
こんなときに前の会社の離職票は、申出すれば手続をして送付してもらえるでしょうが、円満退職でなければ、なかなか応じてくれないこともありえます。また会社が倒産してしまい依頼できないこともあります。

 

このような場合に離職者は、雇用保険法第8条にあるように自分は雇用保険の被保険者でなくなったという「確認の請求」をハローワークにすることができます。ハローワークでは、雇用保険被保険者であったと確認がとれれば離職票を発行してくれます。

(確認の請求)
第八条  被保険者又は被保険者であつた者は、いつでも、次条の規定による確認を請求することができる。

 

ご自分の住まいのハローワークがどこにあるのかわからない場合はこちらの全国のハローワークはこちらから検索できます。

 

失業手当を受取る際の注意点

この関連として、注意点があります。それは、原則として失業手当は「離職した日の翌日から1年間」が受給期間(有効期限)となっている点です。

 

たとえば、会社を離職をして専業主婦になった方が、雇用保険の被保険者期間が12ヶ月以上あったとしても、失業手当は受取ることができません。なぜならば就職をする意志がないからです。
ですが、専業主婦をやめて就職をしようと決意したならばハローワークに行き求職活動が認められれば失業手当を受取ることができます。

 

ただし離職した日の翌日から1年間が受給期間(有効期限)になっていますから、この期間を過ぎてしまえばもらうことはできません。

 

病気やけが、妊娠・出産などですぐに働くことができない方や60歳以上の定年等により離職し、しばらく休養したい(仕事を探さない)という方は、受給期間(有効期限)延長の手続きができます。詳細は失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説をご覧ください。

離職証明書と離職票との違いとは?

離職証明書とは、社員等が会社の退職が決まったときに会社がハローワークに提出する書類をいい、離職票をもらうための書類になります。様式は、「事業主控、ハローワーク提出用、雇用保険被保険者離職票-2」の3枚複写になっています。

 

※ 離職証明書と退職証明書とは違います。これらの違いはこちらの退職証明書と離職証明書の違うの?をご覧ください。

 

すなわち、離職票とはハローワークに提出した3枚つづりの離職証明書のうち、ハローワークから返送されてきた「離職票-2」の書類をいいます。
※ 離職票には1と2があります。下記をご覧ください。

 

離職者が離職票を入手するまでの流れ

離職票を入手するまで以下のような流れになります。

 

会社から離職証明書(離職票2)が渡される→離職者はそれに署名をして会社に提出する→会社は離職証明書3枚をハローワークに提出する→ハローワークから会社に離職票2が返送される。

 

離職票1は新に発行される→その後、会社から離職票1と2が離職者あてに送られてくる→離職者は失業手当を受取るために離職票1と2を持ってハローワークに行く。(その他に必要な書類もありますのでご注意ください。

 

詳しくはこちらの失業保険のもらい方。必要書類や手続きについて解説していますをご覧ください。)

 

離職証明書(離職票-2)の様式と日程

用紙の左側は、離職日以前の賃金支払い状況を記入するようになっていて、右側は離職理由の記入欄になっています。

 

離職者は、左側の部分になる賃金の支払い状況等の相違がなければ離職者が署名・捺印をします。また、右側下部にも、離職者本人が記名押印又は自筆による署名もする必要があります。この部分は、事業主がつけた離職理由の異議に「有り・無し」に丸をつけて署名をします。

 

日程としては、雇用保険法第7条の条文にあるように、会社は被保険者が離職した翌々日から10日以内にハローワークに提出することになっています。またこの書類とは別に「雇用保険被保険者資格喪失届」の提出も必要です。

 

《雇用保険法第7条》
事業主は、法第七条 の規定により、その雇用する労働者が当該事業主の行う適用事業に係る被保険者でなくなつたことについて、当該事実のあつた日の翌日から起算して十日以内に、雇用保険被保険者資格喪失届(様式第四号。以下「資格喪失届」という。)に労働契約に係る契約書、労働者名簿、賃金台帳その他の当該適用事業に係る被保険者でなくなつたことの事実及びその事実のあつた年月日を証明することができる書類を添えてその事業所の所在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなければならない。

 

この場合において、当該適用事業に係る被保険者でなくなつたことの原因が離職であるときは、当該資格喪失届に、次の各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定める書類を添えなければならない

 

条文にある各号に定める書類とは、離職証明書、及び賃金台帳その他の離職の日前の賃金の額を証明することができる書類になります。

 

ただし、離職者が、離職票の交付を希望しないときは、資格喪失届離職証明書の提出だけで離職証明書は添付しないことができます。

 

ハローワークで手続が終わると10日程度で雇用保険被保険者離職票-2と新たに発行された離職票1が会社から退職者に送られてきます。10日程経過しても離職票が届かない場合は、すぐ会社に確認を取り送ってもらうようにしてください。

 

離職票の1と2

離職票には1と2があります。以下の画像でご確認ください。

 

離職表-2
離職表2

 

離職票-1
離職表1

 

なお、雇用保険被保険者資格喪失届については、ハローワークインターネットサービスにて、申請書様式のダウンロード、画面入力による申請書の作成もできます。作成した申請書は印刷し窓口に提出します。

 

離職証明書(離職票-2)はダウンロードできるの?

離職証明書(離職票-2)は、3枚複写式のものになっている関係でインターネットからダウンロードはできません。そのためハローワークインターネットサービスにも用紙のダウンロードリンクは掲載されていません。従ってハローワークに直接出向いてもらうか、返信用封筒に切手を貼って郵送で送ってもらうしかありません。

離職証明書に署名する際の注意点

離職証明書の右側は、離職理由欄となっていて、理由について事業主と離職者それぞれが該当する箇所の□に丸印をすることになっています。

 

ここで、注意しなくていけないのがこの離職理由です。自己都合の離職と会社都合では、雇用保険から受け取れる失業手当が最長で3か月も変わってしまうことがあるからです。

 

また、会社都合では、通常は手続き終了から8日目で失業手当がもらえますが、自己都合では3か月間の待期期間があります。会社としては、退職金の違いなどもあるため自己都合をすすめる場合がありますが、失業手当をもらう段で不利になるので注意が必要です。

まとめ

離職証明書は、3枚つづりになっていて、それらをハローワークに提出し、返送されたものが離職票になります。離職票には1と2がありますが、返送された離職票は2になります。

 

この離職票は、失業手当をもらうときに必要な書類となるので、亡くさないようにしておきましょう。もしも紛失してしまったときには再発行もできます。その際は、雇用保険被保険者離職票再交付申請書を会社に提出したり、あるいはハローワークに行き、手続きをすることになります。

 

これより下は、会社などが、e-Gov電子申請システムを利用して離職票の再発行についての解説です。個人でもe-Gov電子申請を利用できますが、毎年確定申告をされる方でもなければ、利用できるまでの手間と費用を考えれば、ハローワークに行ってしまったほうが早いかと思います。

 

e-Gov電子申請システムで離職票の再発行

政府が行っている「e-Gov電子申請システム」を使っても離職票再発行はできます。

 

しかしながら、インターネット環境があるからといってもすぐに利用できるわけではありません。利用するにはいくつかのハードルをクリアする必要があります。

 

e-Gov電子申請システムが使えるようにするための手順

 

パソコンの環境を確認することから始める

 

  1. 使えるOSは、Windows 10Windows 8.1Windows 7Windows Vista SP2です。
  2. CPUは、1GHz以上、 搭載メモリは2GB以上
  3. ブラウザは、InternetExplorer11.0(Windows Vista SP2(32bit)はInternetExplorer9.0)
  4. ポップアップブロック機能を解除する
  5. e-Gov電子申請システムのサイトを信頼済みサイトへの登録する

 

ブラウザでJavaプログラムが動作する環境にする

Javaが準備されていない場合、e-Gov電子申請システムはご利用できません。

 

電子証明書の取得

電子証明書を発行してもらいパソコンにインポートする必要があります。発行は、認証局が行い、ICカードのものとダウンロード等によるものがあります。

 

認証局はいくつかありますが、社会保険や雇用保険、労災保険の手続きができる認証局は限られていますので注意が必要です。

 

電子証明書の発行手数料は認証局によって違っていますし、有効期間によっても違っています。

 

登記所でも会社・法人の代表者等に対してオンラインによる申請・届出等に際して使用することができる電子証明書を発行しています。
認証局の詳細は、e-Govで利用可能な電子証明書と主要手続一覧(PDF)(外部リンク)をご覧ください。

 

プログラムのインストール

最後に電子申請システムをご利用するためには、e-Gov電子申請用プログラムをパソコンにインストールする必要があります。

 

個人が電子証明書を取得してe-Gov電子申請システムを利用する場合

e-Gov電子申請システムを利用する手順は上記の流れと同じです。
ただし、個人が電子証明書を取得する場合の発行機関は、電子証明書の発行・記録の手数料が無料の地方公共団体の公的個人認証サービスがよいかと思います。

 

この場合、住民票のある市区町村役場に行って、マイナンバーカードを請求します。そのマイナンバーカードに電子証明書を記録してもらえばOKです。

 

ただしパソコンに読ませるためには、マイナンバーカード対応のICカードリーダライターが必要になります。

 

マイナンバーカード対応のICカードリーダライターは、対応するOSなどが決まっていますので、マイナンバーカード対応のICカードリーダライターはこちら(PDF)(外部リンク)をご覧になってお買い求めください。

 

公的個人認証サービスの詳細については、公的個人認証サービスポータルサイト(外部リンク)をご覧ください。

 

以上、「離職票の再発行と手続き。離職証明書との違いなに?」でした。

 

該当カテゴリー:雇用保険(失業保険)
関連カテゴリー:労災保険健康保険

関連ページ

雇用保険の仕組み
雇用保険の仕組みについてわかりやすく解説しています
失業(雇用)保険の加入条件
失業(雇用)保険にはどういう給付種類があるのか、そしてどんな働き方をすると被保険者になるのか、さらに、被保険者になれる人となれない人はどういう人なのかについて解説しています。
雇用保険の被保険者には4種類あります
雇用保険の被保険者の種類について解説
失業保険手当を受取るための手続きはどうすればいいの?
失業保険から失業手当をもらうための手続きについて解説。
雇用保険の助成金にはどのようなものがある?
雇用保険は、雇用安定事業も行っています。そこには、事業主に対しての助成金があります。では、その助成金にはどのようなものがあるのかについて取り上げています
雇用保険料の計算と端数処理はどうすればいいの
雇用保険料の計算と端数処理について解説
失業手当計算の大事なポイントについて解説
失業手当の計算は、基本手当日額×所定給付日数で行いますが、これらの言葉の意味を知らないと計算できませ。
倒産や会社都合で退職したときは特定受給資格者に該当
失業保険の被保険者が倒産や会社都合でやめた場合に該当する特定受給資格者について解説
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについて解説しています
失業保険のもらい方。必要書類や手続きについてズバリ解説しています
失業保険で受取れる各種手当の手続書類
失業保険の手続きをしてもらえる手当てについてまとめたページです
失業認定申告書の書き方と転職サイトの応募について
失業認定申告書の書き方について大事なポイントとインターネットから転職サイトへ応募した場合の記入例について説明しています
東京管内のハローワークと埼玉県、神奈川県の所在地
東京にあるハローワークの所在地をご紹介。また埼玉県・千葉県・神奈川県の所在地についても掲載しています
育児休業給付金と退職についての大事なポイント
育児休業給付金と退職についての大事なポイントについて解説しています
育児休業給付金が初めての方の重要項目のまとめ
育児休業給付金とはどういう給付金なのか?いくらもらえるのか?いつもらえるのか?どこからもらえるのか?どういう手続きが必要なのかなどについてわかりやすく解説しています。
求職者支援制度とは?給付金について徹底解説
失業保険がもらえない、もらっていたが再就職できずに支給が終わった、雇用保険の加入期間が足りないためもらえないなどの方は求職者支援制度で月10万円もらいながら職業訓練が受けられます。
失業手当の給付期間は、倒産や自己都合で違います
失業給付の期間は倒産や解雇という会社都合と自己都合での離職理由によって違ってきます
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説
失業手当延長と申請手続きについて詳しく解説しています
失業保険の求職活動実績って何回必要でスケジュールはどうなっているの?
失業保険の求職活動実績とスケジュールはどのようになっているか詳しく解説していますのでご覧ください
失業保険受給中のアルバイトとハローワークにバレルわけ
失業保険の給付制限中よ受給中のアルバイトについて。アルバイトをしてはいけないということはありませんが収入があることによって手当が全額不支給や減額、全額支給などになります。こういった点も含めて色々と解説していますのでご覧ください
失業保険の受給資格はパートやアルバイトでも対象になるの?
失業保険の受給資格に該当する方はどういう方なのかについて解説ています
就業促進定着手当とはどのような手当でいくらもらえるの?
就業促進定着手当は、就業促進手当のひとつで、他に再就職手当、就業手当、常用就職支度手当があります。それらの手当はどういう人を対象に支払われるのか、また失業手当てを受取るよりも早期に就職し、これらの手当も受取ったほうが有利なのかも検証しています
育児休業給付金とは?手当の計算方法と申請手続きについて解説
雇用保険からもらえる育児休業給付金とは、どのような手当なのか。また計算方法やハローワークへの申請手続き、支給日、パパママ育休プラスについてもについても解説しています。
高年齢雇用継続給付とは?計算や手続きなども解説
高年齢雇用継続給付の概要や計算、手続きについて取り上げた記事です。
高年齢求職者給付金をハローワークからもらえる資格条件とは?
このページでは高年齢求職者給付金を受取れる条件は何か、支給額はいくらか、支給期間はどのくらいかについて知ることができます
職業訓練の受講メリットとは?受講手当、通所手当とはなに?
失業保険を受給しながらも職業訓練を受講することができます。そのメリットとは何か、また受講手当や通所手当なども給付されますが、どういった手当なのかについて紹介しています。
初回失業手当はいつから、いくらもらえる。待機期間って何?
初回失業手当は30日分というわけでもありません。いつから、そしていったいいくらもらえるのかについて事例をあげて解説したページです。
寄宿手当とはどういう手当なの?
寄宿手当の概要、手当額、手続き等について
日雇労働求職者給付金について解説しています
日雇労働求職者給付金について
教育訓練給付制度について知っておきたいポイントのまとめ
教育訓練給付制度とはどのような制度で誰が利用できるのか、給付金の金額などについてご紹介しています。
教育支援給付金とは?専門実践教育訓練給付とは?
教育支援給付金と専門実践教育訓練給付金について解説
失業保険の受給条件には何があるの?
失業保険の受給条件についてはどういったものがあるのかについて取りあげた記事です。
失業保険からもらえる給付にはどんな種類があるの?
失業保険からもらえる手当にはどのような種類のものがるのかについて取り上げています。
失業保険の傷病手当とはどういう手当なの?
失業保険の傷病手当金について解説
雇用保険の特例一時金をもらえる要件をご存じですか?
季節的に雇用される者に給付される特例一時金について解説
介護休業給付金の支給要件や支給額についてのポイントを解説
介護休業給付金についてのポイントを解説
雇用保険被保険者証の再発行手続きはどうすればいいの?
雇用保険被保険者証の再発行手続きについて解説
教育訓練給付制度の条件とはなんですか?
教育訓練給付制度の条件や受け取れる金額には限度がある点、専門教育から支給される金額の上限などについてわかりやすく解説しています。
トライアル雇用とは?メリットとデメリットはなに?
トライアル雇用やトライアル雇用奨励金、メリットやデメリットについてのポータルページです。
失業手当をもらったら扶養は外れる?外れない?
失業保険をもらった場合の扶養は外れるのか。税金、健康保険、年金との関係について解説しています。
離職証明書と離職票はどう違うの?
離職証明書と離職票はどういうものなのか。またどう違うのかについて解説しています
失業認定日の変更はどんな理由なら認められるのか
失業認定日にハローワークに行けない理由で認められているものについて紹介
再就職手当の条件と給付金額の計算について知っておきたいこと
再就職手当の条件は、所定給付日数の3分の1以上残っている必要があります。さらに3分の2以上あると給付率が違ってきます。これらの計算方法についてご紹介しています。
雇用保険適用拡大、65歳以上の方は高年齢被保険者となりました
雇用保険法改正によって適用拡大され、平成29年1月1日から65歳以上の方でも加入できるようになり、高年齢被保険者となりました
短期訓練受講費とは?誰が対象なの?
平成29年1月から始まった制度で再就職をするために1か月未満の教育訓練を修了した場合に支給されるの短期訓練受講費について解説