盗難は車両保険で補償されるの?

車が盗難されたときには車両保険で補償される?それともされない?補償されないケースもあるの?等級はどうなるの?このような疑問がある方の記事です。
サイトマップ

車の盗難と車両保険の記事のヘッダー画像

車が盗難された。こんなときに車両保険は役に立つのでしょうか?
その前にまずは、自動車の盗難件数がどのくらいあるのか調べてみましたのでご覧ください。


 

 

2017/12/28 18:20:28

自動車の盗難件数はどのくらい?

全国で自動車盗難件数はどのくらいあるのでしょうか?

 

警察庁の犯罪統計資料によりますと、平成29年1月~11月において自動車盗難の認知件数は、9,389件ありました。平成28年1月~11月までが10,841件でしたので1,452件は減少していますが、全国で毎月800件以上、1日あたり約26件の車が盗難にあっていることがわかります。

 

ワースト4車種

それではどんな車種が盗難被害にあっているのでしょうか?

 

一般社団法人・日本損害保険協会の第18回自動車盗難事故実態調査結果によりますと、自動車盗難の防止対策の一環として、損害保険会社が2016年11月に保険金を支払った事案に結果が出ています。

 

こちらによりますと、ワースト4車種はプリウス、ハイエース、ランドクルーザー、アクアとなっており、3年連続で順位に変動がありません。

 

高級車ばかりが狙われるのかと思いましたがそうではないようです。海外で人気のある車種が標的になっているのがわかります。

 

 

盗難発生場所のワースト順位

2016年度 自動車盗難事故実態調査 結果報告、2016年11月調査によりますと次のような盗難場所と件数になります。

 

  1. 自宅屋外 95件
  2. 契約駐車場 87件
  3. 通勤先駐車場 20件
  4. 自宅屋内 12件
  5. 契約駐車場 5件
  6. 路上 2件
  7. その他 24件

このような結果です。通勤先駐車場でも盗難にあうのは意外でした。

 

車両盗難被害のワースト都道府県10位

2016年度 自動車盗難事故実態調査 結果報告、2016年11月調査。

 

  1. 大阪府 68件
  2. 愛知県 42件
  3. 千葉県 35件
  4. 茨城県 33件
  5. 埼玉県 31件
  6. 神奈川県 13件
  7. 兵庫県 13件
  8. 東京都 9件
  9. 三重県 9件
  10. 栃木県 7件
  11. その他 41件

 

大阪府は2013年11月調査では第4位でしたが、その後の調査では愛知県と1・2位を競っています。

 

愛知県は、2013年11月調査で第2位。
2014年11月調査で第1位。
2015年11月調査で第1位。
そして2016年11月調査で第2位。

 

このように愛知県も常に上位に顔を出す不名誉な記録となっています。もちろん愛知県自体が悪いわけではありませんが、なぜ愛知県や大阪は盗難が多いのか疑問ではあります。

 

関東は、すべての都・県が入っていますが、特に千葉、茨城県は車両盗難に注意されたほうがよろしいようです。

 

それでは、お待たせしました。次は本題の「盗難と車両保険」の関係です。

 

盗難でも車両保険が支払われないこともあるの?

車両保険には、一般タイプと限定タイプという2つの種類があります。一般タイプはオールリスクとなっていて、限定タイプは保険料を安くできるタイプで「エコノミ-」や「車対車+A」という名称を使用しています。

 

どちらのタイプであっても「盗難」は補償されます。

 

しかし、特約等で「盗難対象外」として契約できるものもありますから、こちらでは盗難は補償されませんから十分注意して契約したいものです。

 

そして車両保険に加入していれば、すぐに、そしてすべてのケースで保険金が支払われるのかいうとそうではありません。

 

車両保険金が支払われるまでは日数がかかります。通常30日の待機期間があります。この間に車が見つかるケースもあることや調査も行われるためこの間は保険金は支払われません。

 

実際に車両損害保険金が支払われるまでには、1ヵ月から2ヵ月はかかります。

 

車両保険が支払われない理由

「盗難対象外」などの特約を付けていないのに車両保険が支払われないこともあります。
その理由として、「保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失によって生じた損害」があります。

 

このケースとしては、車にカギを付けたままでの盗難が該当します。
カギを付けたままでは盗んでくださいというようなものですので、重大な過失に該当しますので保険金は支払われません。

 

  • コンビニ駐車場でカギを付けたまま盗難された
  • 自宅車庫だからと安心してカギを付けたまま盗難された
  • 会社の駐車場だからと安心してカギを付けたまま盗難された

このようなケースもありますから、少しの時間、あるいは自宅車庫だからといって車にカギを付けたままにはしないように気をつけましょう。

 

またスペアキーを自動車の中、あるいは外側にケースに入れて貼り付けている人もいるかと思います。保険調査員はスペアキーの保管についても調査をしますので、このようなことで盗難にあった場合でも車両保険の受取は難しいです。

 

カギの事例ではありませんが、盗難車両保険の請求が認められなかった事例(外部サイト)も参考までにどうぞ。
8月8日の判決 盗難車両保険の請求が認められなかった事例

盗難時に車両保険からいくらでるの?

自動車の盗難により車両保険から保険金が支払われるとします。
「この場合にいくら支払っていただけるの?」と疑問に思われる方もいるでしょう。

 

答えとしては車両保険で契約している金額そのものが支払われます。

 

たとえば、車両保険160万円で契約しているならば160万円が支払われます。
なぜかといえば、「全損扱い」になるからです。

 

それでは、保険金を受取った後に車が見つかったらどうなるでしょうか?

 

この場合は、保険金支払い日の翌日から60日以内に発見された場合(ソニー損保)などの規定がありますが、契約者が見つかった車を修理して引続き乗るか、保険金を受取るのかの選択ができます。当然見つかった車を乗る場合には、保険金の返金が必要です。

車両保険を使った場合の等級変動

盗難により車両保険を使うことで、等級に変動があります。翌年の等級は、1等級ダウンですから保険料はアップします。

 

そして、事故あり等級適用期間は1年が加算されます。1年間無事に過ごせば元の無事故等級に戻ります。

 

事故あり等級とは、無事故の人と事故で保険を使った人では同じ等級でも割引率が違います。無事故等級に比べれば、事故あり等級は割引率は低くなります。この適用期間を事故あり等級適用期間といいます。

 

自動車盗難の発見に役立つサイトのご紹介

「自動車盗難情報局」は、盗難に遭ってしまった車を1台でもオーナーの手元に取り戻そうとカーセキュリティショップA2Mを中心に発足したサイトです。

 

自動車盗難情報局

 

以上、「盗難は車両保険で補償されるの?」でした。

 

車両保険の関連記事:車両保険の必要性をメリット・デメリットから考えてみる

関連ページ

自動車保険の仕組みを図解
自動車保険の仕組みをわかりやすく図にして解説しています
自動車保険の種類とその内容はどうなっているの?
自動車保険は、損害保険会社や共済で販売しいている商品ですが、その内容はいくつかの種類に分かれています。その種類についてわかりやすく解説しています。
自家用8車種とナンバープレートの関係
自家用8車種とナンバープレートの関係性について解説しています。
車種や型式によって自動車保険料は違う?
自動車保険料は、車種や型式によって違っています。では型式とはどういうこものになるのか、詳し詳しく解説しています
ノンフリート等級の6F(S)や7F(S)についてズバリ解説
自動車保険の契約や更新には、必ずノンフリート等級が関係してきます。その中でも6F、6S、7F、7Sという言葉は何のことなのかについて解説しています
自動車保険の等級割引率と共済との違いについて
自動車保険には等級割引率がありますが、損害保険会社と共済ではどう違っているのかについて解説したページです。
自動車保険の見直しで原付バイク1台が買える?
家計の節約をするには保険料の見直しが一番手っ取り早いです。中でも自動車の保険料を節約する方法について解説します。
自動車の保険金が支払われない場合のまとめ
自動車保険に加入しているからといってもなんでもかんでも支払われません。そこで、自動車の保険金が支払われない場合について解説しました。
交通事故証明書とは?どこが発行してくれるの?
自動車保険の請求に必要な交通事故証明書について知っておきたいことについて解説しています。
示談交渉サービスは、保険会社が介入できないで利用できない場合もありますよ
相手のいる自動車事故では、必ず示談が必要になります。個人で行う場合もありますが、多くは保険会社の示談交渉サービスを利用することになります。そこで、保険会社の示談交渉サービスについて解説しています。
等級据え置き事故は廃止され1等級ダウンになった
盗難や洪水により車両保険金が支払われた場合には、等級すえおき事故として扱われていましたが、保険始期日が2013年4月1日以降の契約からは1等級ダウン事故の扱いになっています
対人賠償保険について分かりやすく教えてください
自動車保険の契約には、必ず対人賠償保険が備わっています。そこで、対人賠償保険とはについて解説しています
対物賠償保険とはについて分かりやすく教えてください
自動車保険には、必ず対物賠償保険が備わっています。これは自賠責保険にはない補償です。そこで対人賠償保険とはどういった補償になるのかについて解説しています
人身傷害補償保険って必要なの?加入していない場合はどうなるの?
自動車保険には、人身傷害補償保険という補償があります。いまやほとんどの保険で組込まれた補償になっていますが、どういった場合に役立つのか、加入していない場合のデメリットについて解説しています。
人身傷害補償保険の慰謝料について知りたい方必見!
人身傷害補償保険にも慰謝料という補償がありますが、慰謝料とはどのようなものかについて詳しく解説しています
人身傷害補償保険の後遺障害の慰謝料について解説
人身傷害補償保険の賠償の中でも、後遺障害の補償があります。そこで、後遺障害になってしまった場合の慰謝料について解説しています
人身傷害保険の死亡による慰謝料とはどのような賠償?
交通事故で死亡した場合には運転者や同乗者には、人身傷害補償保険から慰謝料が支払われます。そこで、ここでは慰謝料について取り上げてみました。
搭乗者傷害保険とはどういう保険なの?人身傷害保険との違いは?
自動車保険には、自身の補償として、搭乗者傷害保険や人身傷害保険がありますが、その違いについて解説してみました。
自損事故と自賠責保険、人身傷害補償保険の関係について
自損事故とはどういうもので、自賠責保険や人身傷害補償保険との関係はどうなるのかについて解説しています
無保険車傷害とはどういう保険なの?
自動車保険には、無料で自動付帯されている「無保険車傷害」がありますが、なぜこの補償が付帯されているのかについて解説しています。
他車運転特約とはどのような特約なの?
自動車保険に自動付帯されているのが他車運転特約です。この保険はどういった内容のものかについて詳しく解説しています。
自動車保険の弁護士費用保険を利用するケースについて解説
自動車事故でも、信号待ちのところ後ろから追突されたなどよくあります。こういった場合に弁護士費用保険を利用する必要がでてきますが、なぜその必要があるのかについて解説しています。
車両保険の等級と免責:飛び石や盗難、洪水などはダウンするの?
車両保険に加入していて、飛び石や盗難、洪水などで車両保険を使った場合に更新時の等級はどうなるのか、また免責とはどういったものかについて解説しています
車両保険の免責金額。0-10とか5ー10とはなに?
車両保険の免責に0-10とか5ー10などがありますが、これはどういった意味なのかについて解説しています。
自動車ローンと車両保険には大いに関係があります
車両保険と自動車ローンの関係について解説しています
中断証明書とは?なぜ必要なの?このような活用法もあります
中断証明書とはどういったものなのか。発行条件や利用法について解説しています。
ロードサービスの比較からみた自動車保険の違い
自動車保険にサービスとして備わっているロードサービスがありますが、その比較をしてみました。レッカーサービスの他にホテル代などの違いがわかります。
自動車保険の加入率(普及率)、低い県と高い県を教えて
自動車保険の加入率(普及率)で低い県と高い県について解説しています
車両保険の必要性をメリット・デメリットから考えてみる
車両保険は必要なのかどうかを理解するためにメリットとデメリットについて解説しています
自動車保険の見直しポイントについて解説
保険料はもっと安くならないのか、どうすれば安く契約できるのかなど、自動車保険の見直しポイントについて解説しています
自動車保険の等級引継ぎは保険会社を乗り換えしても大丈夫なの?
自動車保険の等級引継ぎは保険会社を乗り換えしても大丈夫なのかについて解説しています
初心者のための自動車保険講座
自動車保険と言っても、よくわからないという方はたくさいます。そこで、そういった初心者のために、自動車保険についてやさしく解説しています
家族間での自動車保険の等級引き継ぎ
子供が車を購入するという場合に、新たに自動車保険に入ったほうがいいのか、それとも他に方法があるのか、家族間での等級引き継ぎ(継承)について解説しています
1日自動車保険の比較!ちょいのり保険・1DAY保険・ワンデーサポーターの3社
1日だけ加入する自動車保険を比較してみました。東京海上日動のちょいのり保険やセブンイレブンでも加入できる三井住友海上の1DAYがあります。この保険の用途や保険料、ドライバー保険との違いについて紹介しています
家族限定では別居の子供は補償されないの?〈自動車保険〉
自動車保険の運転者限定には、本人限定、夫婦限定、家族限定などがりますが、保険会社によって違っていますのでご紹介します。
東京海上日動の「ちょいのり保険」がもうじき改定されます
東京海上日動のちょいのり保険。2017年4月の商品改定についての内容をご紹介