自動車保険の見直しで節約しよう

家計の節約をするには保険料の見直しが一番手っ取り早いです。中でも自動車の保険料を節約する方法について解説します。
サイトマップ

こんにちは。ハマです。今回は、自動車保険の見直しで得する方法についての記事です。保険料を安くするためのポイントについて解説します。

「面倒くさい」「知り合いだから」で失う資産を気にしないの?

自動車保険について民間企業が行ったある調査によれば、初めて自動車保険に加入した日はいつですか?という質問に対して、ほぼ95%以上の回答者が「自分名義の車を初めて購入した時」と答えました。
そして、「これまでに自動車保険の見直しをしたことがありますか?」という質問に対して「したことがある」と答えた回答者は40%以下に過ぎないことが分かったのです。

 

そして、なぜ保険を見直さないのかという問いに対しては「面倒だから」「親の代から使っている代理店だから」「友人から紹介された代理店だから」「知り合いが保険代理店だから」「何を見直すかわからないから」という答えがほとんどであったというのです。

 

それでは、質問を変えて、「保険を見直すだけで、5~6年後には原付バイク1台分の購入費用に等しいお金を節約できるケースがあるとしたら保険を見直しますか?」と聞いたとしたら、どんな答えが返ってくるでしょうか?

 

 

自動車保険で得をするのは?「優良ドライバー、街乗りドライバー、短距離走行ドライバー」だけじゃない!

 

自動車保険が安くなる条件としてよく知られているのは、あなたが「ゴールド免許のドライバー」であるとか、「街乗り専門のドライバー」であるとか、「走行距離が少ないドライバー」である、あるいは5年~7年以上自動車保険の保障を使ったことがないなどの知識を既にお持ちかもしれませんね。

 

では、これらの条件を満たしていない人でも、大幅な節約ができる方法があることをご存じでしょうか?

 

そしてその方法はとっても簡単なアプローチで出来るとしたら、あなたも自動車保険にかけるお金を節約したいとお思いになりませんか?

自動車保険料を節約する5つの方法

誰でもできる自動車保険料節約の5つの方法とは。

 

1.代理店契約をやめて、ネットなどで保険会社と直接契約する(ダイレクト型契約)に切り替える。
スマートフォンからアクセスすることも可能です。車を買ったディーラーやその他の保険代理店の手数料を自分が払っていることに着目した節約。(運転者年齢や等級によっては保険料が安くならない場合もあります)

 

2.保険の特約(補償)を見直す

  • 運転者を限定する(運転者限定割引を利用する)
  • 年齢条件を見直す(実際にその車を運転する人を限定して考えます)
  • 心配のあまりの不必要な保障の特約を見直す

 

年齢条件について
未婚の子どもが別居している場合には、年齢条件を設定しても問題ありません。そのため子供が別居したら年齢条件は見直しましょう。

 

たとえば運転年齢条件を35歳以上補償で契約していて、別居している30歳の子どもが事故を起こした場合でも契約の年齢条件に関わらず補償対象となります。

 

ただし、運転者限定特約で夫婦限定にしていた場合は、子どもが運転し事故を起こしても補償されませんのでご注意ください。補償されるためには家族限定特約等にしておく必要があります。

 

3.乗り換え割引を利用する
自動車保険というビジネスは、保険会社にとって決して利益率が高いビジネスではありません。ですから、事務所や社員給与の固定費を削減できるインターネット営業は保険会社にとってもありがたい販売形態です。他の保険会社から乗り換えてくれる新規の契約者に利益を還元してくれる保険会社は少なくありません。下記の事例をご覧ください。

 

  • ソニー損保の例:インターネットから申込みで新規なら1万円の割引
  • アクサダイレクト:自動車保険 年間一括保険料55,000円以上でインターネット割引最大額10,000円

 

4、クレジットカード払いにする
クレカ払いにすることで自動車保険料そのものが安くなるわけではありませんが、カードポイントが貯まります。通常、自動車保険は1年更新なので毎年ポイントがたまります。

 

5、料率クラスを確認して車を購入する
すでに自動車を保有している方は、次回の買いかえ時に参考になると思いますのでご紹介します。

 

車には、自動車保険の保険料を決定する要素のひとつに損害保険料率算出機構が決定している「型式別料率クラス」があります。

 

用途・車種・年齢条件・過去の事故歴など個々のリスクの差異に応じた保険料となるように設けられているものです。

 

料率クラスは、下記の表のように「対人・対物・傷害・車両」ごとに数字の1~9で表示されています。

 

数字の大きい9が一番事故率が高いことを意味します。事故率が高いということはその分保険料にも反映されますので、高くなります。

 

クラス9=リスクが高い=一番保険料が高い
クラス1=リスクが低い=一番保険料が安い

 

一般的には、4か5になります。

 

 車種・型式

 対人

対物 

傷害 

車両 

 アクア・NHP10

 5

5 

4 

4 

 プリウス・ZVW50 

 4

4 

4 

5 

 ホンダフィット・GK3 

4 

4 

4 

3 

車両料率クラスは、車両保険に加入するときの保険料に関係してきます。
スポーツカーなどは車両料率クラスが9になりますから保険料が一番高い部類になります。

 

上記の表では、プリウス・ZVW50の車両料率クラスは5です。ホンダフィット・GK3は3ですからプリウス・ZVW50のほうが高くなることがわかります。ただし、同じ車種でも型式が異なると料率クラスが異なってきますのでご注意ください。

落ち着いて考えればもっとお得に?

目の前に押しの強いやり手の保険代理店の保険販売員の人がいたとか、知り合いが教えたあなたの携帯電話に保険販売員の人から電話がかかってきて、あれこれと説明された結果、よく考えもせずに、あるいは考えたつもりが、チェックするべきだった事項を見落として必要以上に高い自動車保険料で契約してしまった人は、あなただけではありません。

 

もちろん、親身になっていただける代理店もありますよ。
だけど、お付き合いしてみなければこればかりはわかりません。

 

そこで、インターネットのダイレクト型であれば、自分でしっかり考える時間を確保することができます。人に押されると断れないという優しいご性格の方にはお薦めです。ぜひ、じっくりと比較検討して、賢く節約してくださいね。

 

安い自動車保険を見積もれるサイトです。↓

 

自動車保険の見積もりサイト

 

安い自動車保険を見積もるならこちら

 

該当カテゴリー:自動車保険
関連カテゴリー:自賠責保険

 

関連ページ

自動車保険の仕組みを図解
自動車保険の仕組みをわかりやすく図にして解説しています
自動車保険の種類とその内容はどうなっているの?
自動車保険は、損害保険会社や共済で販売しいている商品ですが、その内容はいくつかの種類に分かれています。その種類についてわかりやすく解説しています。
自家用8車種とナンバープレートの関係
自家用8車種とナンバープレートの関係性について解説しています。
車種や型式によって自動車保険料は違う?
自動車保険料は、車種や型式によって違っています。では型式とはどういうこものになるのか、詳し詳しく解説しています
ノンフリート等級の6F(S)や7F(S)についてズバリ解説
自動車保険の契約や更新には、必ずノンフリート等級が関係してきます。その中でも6F、6S、7F、7Sという言葉は何のことなのかについて解説しています
自動車保険の等級割引率と共済との違いについて
自動車保険には等級割引率がありますが、損害保険会社と共済ではどう違っているのかについて解説したページです。
自動車の保険金が支払われない場合のまとめ
自動車保険に加入しているからといってもなんでもかんでも支払われません。そこで、自動車の保険金が支払われない場合について解説しました。
交通事故証明書とは?どこが発行してくれるの?
自動車保険の請求に必要な交通事故証明書について知っておきたいことについて解説しています。
示談交渉サービスは、保険会社が介入できないで利用できない場合もありますよ
相手のいる自動車事故では、必ず示談が必要になります。個人で行う場合もありますが、多くは保険会社の示談交渉サービスを利用することになります。そこで、保険会社の示談交渉サービスについて解説しています。
等級据え置き事故は廃止され1等級ダウンになった
盗難や洪水により車両保険金が支払われた場合には、等級すえおき事故として扱われていましたが、保険始期日が2013年4月1日以降の契約からは1等級ダウン事故の扱いになっています
対人賠償保険について分かりやすく教えてください
自動車保険の契約には、必ず対人賠償保険が備わっています。そこで、対人賠償保険とはについて解説しています
対物賠償保険とはについて分かりやすく教えてください
自動車保険には、必ず対物賠償保険が備わっています。これは自賠責保険にはない補償です。そこで対人賠償保険とはどういった補償になるのかについて解説しています
人身傷害補償保険って必要なの?加入していない場合はどうなるの?
自動車保険には、人身傷害補償保険という補償があります。いまやほとんどの保険で組込まれた補償になっていますが、どういった場合に役立つのか、加入していない場合のデメリットについて解説しています。
人身傷害補償保険の慰謝料について知りたい方必見!
人身傷害補償保険にも慰謝料という補償がありますが、慰謝料とはどのようなものかについて詳しく解説しています
人身傷害補償保険の後遺障害の慰謝料について解説
人身傷害補償保険の賠償の中でも、後遺障害の補償があります。そこで、後遺障害になってしまった場合の慰謝料について解説しています
人身傷害保険の死亡による慰謝料とはどのような賠償?
交通事故で死亡した場合には運転者や同乗者には、人身傷害補償保険から慰謝料が支払われます。そこで、ここでは慰謝料について取り上げてみました。
搭乗者傷害保険とはどういう保険なの?人身傷害保険との違いは?
自動車保険には、自身の補償として、搭乗者傷害保険や人身傷害保険がありますが、その違いについて解説してみました。
自損事故と自賠責保険、人身傷害補償保険の関係について
自損事故とはどういうもので、自賠責保険や人身傷害補償保険との関係はどうなるのかについて解説しています
無保険車傷害とはどういう保険なの?
自動車保険には、無料で自動付帯されている「無保険車傷害」がありますが、なぜこの補償が付帯されているのかについて解説しています。
他車運転特約とはどのような特約なの?
自動車保険に自動付帯されているのが他車運転特約です。この保険はどういった内容のものかについて詳しく解説しています。
自動車保険の弁護士費用保険を利用するケースについて解説
自動車事故でも、信号待ちのところ後ろから追突されたなどよくあります。こういった場合に弁護士費用保険を利用する必要がでてきますが、なぜその必要があるのかについて解説しています。
車両保険の等級と免責:飛び石や盗難、洪水などはダウンするの?
車両保険に加入していて、飛び石や盗難、洪水などで車両保険を使った場合に更新時の等級はどうなるのか、また免責とはどういったものかについて解説しています
車両保険の免責金額。0-10とか5ー10とはなに?
車両保険の免責に0-10とか5ー10などがありますが、これはどういった意味なのかについて解説しています。
自動車ローンと車両保険には大いに関係があります
車両保険と自動車ローンの関係について解説しています
中断証明書とは?なぜ必要なの?このような活用法もあります
中断証明書とはどういったものなのか。発行条件や利用法について解説しています。
ロードサービスの比較からみた自動車保険の違い
自動車保険にサービスとして備わっているロードサービスがありますが、その比較をしてみました。レッカーサービスの他にホテル代などの違いがわかります。
自動車保険の加入率(普及率)、低い県と高い県を教えて
自動車保険の加入率(普及率)で低い県と高い県について解説しています
車両保険の必要性をメリット・デメリットから考えてみる
車両保険は必要なのかどうかを理解するためにメリットとデメリットについて解説しています
自動車保険の見直しポイントについて解説
保険料はもっと安くならないのか、どうすれば安く契約できるのかなど、自動車保険の見直しポイントについて解説しています
自動車保険の等級引継ぎは保険会社を乗り換えしても大丈夫なの?
自動車保険の等級引継ぎは保険会社を乗り換えしても大丈夫なのかについて解説しています
初心者のための自動車保険講座
自動車保険と言っても、よくわからないという方はたくさいます。そこで、そういった初心者のために、自動車保険についてやさしく解説しています
家族間での自動車保険の等級引き継ぎ
子供が車を購入するという場合に、新たに自動車保険に入ったほうがいいのか、それとも他に方法があるのか、家族間での等級引き継ぎ(継承)について解説しています
1日自動車保険の比較!ちょいのり保険・1DAY保険・ワンデーサポーターの3社
1日だけ加入する自動車保険を比較してみました。東京海上日動のちょいのり保険やセブンイレブンでも加入できる三井住友海上の1DAYがあります。この保険の用途や保険料、ドライバー保険との違いについて紹介しています
家族限定では別居の子供は補償されないの?〈自動車保険〉
自動車保険の運転者限定には、本人限定、夫婦限定、家族限定などがりますが、保険会社によって違っていますのでご紹介します。
東京海上日動の「ちょいのり保険」がもうじき改定されます
東京海上日動のちょいのり保険。2017年4月の商品改定についての内容をご紹介