分譲マンションの火災保険と保険金額の評価方法について学びましょう

このページは、マンションの火災保険の概要と、どのように火災保険金額を決めるのか理解することができます。
マンションを購入すれば、やはり火災保険にも加入する必要がでてきます。
でもマンションって、自分の持ち物とそうでない共有部分というのがあるけど、どういうふうに保険をかければいいのかな?なんて思っている方向けに解説していますのでご覧ください。

 

火災保険の見積もりしてみましたはこちらのページをご覧ください。

 

分譲マンションの火災保険はどうなっている?

マンションの火災保険について学びましょう。
分譲マンションの場合は、自分の持ち物である「専有部分」と、それ以外の区分所有者全体の持ち物となる「共有部分」とがあります。

 

共有部分については、通常はマンション管理組合で火災保険を掛けますので、個人では専有部分や家財に火災保険や地震保険を掛けることになります。

 

専有部分の面積とは何のこと?

分譲マンションの共有部分と専有部分には、境目がありますが、その境目を決める基準に「上塗り(うわぬり)基準」と「壁芯(かべしん)基準」の2つがあります。

 

上塗り基準では実際に使用可能な壁の内側だけの面積のことをいい、壁芯基準は、部屋を囲むコンクリート壁の中心線で囲んだ面積をいいます。
つまりは、壁芯基準計算の方が面積は広くなります。
ただし、現在ほとんどのマンションで上塗り基準が採用されていて、壁芯基準は数%です。

 

分譲マンションはどう評価するの?

評価には次の2つの方法があります。

 

  1. 新築費単価法による評価
  2. 分譲価格を基にする評価(年次別指数による評価法)

 

新築費単価法による評価とは?

専有部分のみを保険対象にする場合

 

計算式

新築費単価(区分所有建物専有部分)×専有面積=再取得価額
新築費単価は下記表の見本をご覧ください。壁芯基準に該当する場合は、単価を調整します。

 

新築費単価表の参考価格

下記表は目安として掲載したもので、新築費単価は保険会社によって異なります。
全国から一部抜粋、単位は千円/m2

 

 

物件種別/構造級別

地域 一戸建 区分所有建物(マンション・アパート等)
(専有部分のみ)
T構造 H構造 M構造 T構造 H構造
北海道 169 160 84 84 79
青森 172 146 87 87 72
岩手 184 156 93 93 78
宮城 186 160 94 94 80
秋田 190 145 96 96 72
山形 174 159 88 88 79
福島 187 160 94 94 80
茨城 185 173 93 93 87
栃木 205 174 104 104 87
群馬 187 173 94 94 87
埼玉 201 188 101 101 94
千葉 214 188 109 109 94
東京 270 205 139 139 103
神奈川 220 201 112 112 102
新潟 190 172 95 95 86
富山 177 172 89 89 87
石川 202 173 102 102 87
福井 197 173 99 99 87
山梨 190 176 95 95 89
長野 191 176 96 96 88

 

例)
東京都にあるマンション、専有面積100㎡を上塗基準で評価した場合
13.9万円 × 100㎡ =1,390万円 ←評価額=再取得価額

分譲価格を基にする評価(年次別指数による評価法)とは?

分譲マンションの分譲価額が分かったとしても、その中には土地代に相当する「敷地利用権の価額」が含まれています。そのため、そのままでは建物の価額は評価できません。

 

また敷地利用権の割合は、分譲マンションの所在地によって大きく異なるため、一概に約何%といった数字は存在しません。

 

しかしながら、敷地利用権には消費税が課税されていませんので、逆算から次の算式により建物の価額を算出することができます。

 

消費税から逆算する場合の計算式

購入時の消費税÷購入時の消費税率=建物(専有部分と共用部分の持分)の価額

 

ただし、上記計算式で算出した建物(専有部分と共用部分の持分)の価額は、購入価額であるため、新規分譲マンション以外はこれらから再調達価額を算出する必要があります。再調達価格とは現時点で同様のものを取得した場合に必要となる価格のことです。

 

そのため下記表の見本にあるような「年次別指数」を掛ける必要があります。そしてさらに、建物(専有部分と共用部分の持分)の価額には、共用部分が入っていますから、専有部分にのみ保険を対象とす場合にはそれを除く必要があります。

 

ですので、さらに評価基準に応じた割合を掛ける必要があります。一般的な割合は、上塗基準の場合は40%、壁心基準の場合は60%が目安とされていますが、上塗基準を適用しているケースがほとんどです。

 

よって評価額(再調達価格)は、上記で算出した「建物(専有部分と共用部分の持分)の価額」に40%(上塗基準)を掛け、さらに建築費倍率も掛けて算出します。

 

マンションの建物価格(専有部分と共用部分の持分)×40%×建築費倍率=←評価額(再調達価格)

 

年次別指数表(建築費倍率)の参考表

下記表は目安として掲載したもので、建築費倍率は保険会社によって異なります。

 

建築年月 M構造 T構造 H構造
平成26年(2014年) 1.00 1.00 1.00
平成25年(2013年) 1.02 1.02 1.02
平成24年(2012年) 1.03 1.03 1.03
平成23年(2011年) 1.04 1.04 1.04
平成22年(2010年) 1.06 1.06 1.05
平成21年(2009年) 1.04 1.04 1.04
平成20年(2008年) 1.01 1.01 1.04
平成19年(2007年) 1.08 1.07 1.05
平成18年(2006年) 1.07 1.07 1.04
平成17年(2005年) 1.07 1.07 1.03
平成16年(2004年) 1.07 1.07 1.01
平成15年(2003年) 1.08 1.07 1.00
平成14年(2002年) 1.09 1.07 1.00
平成13年(2001年) 1.08 1.07 1.00
平成12年(2000年) 1.08 1.07 0.99
平成11年(1999年) 1.06 1.06 0.97
平成10年(1998年) 1.02 1.03 0.95
平成9年(1997年) 1.01 1.00 0.94

 

例1)東京都にある戸建て(木造建物・H構造)の場合
新築時の建築費:1,500万円、新築年:平成20年(建築費倍率:1.04)
1,500万円 × 1.04 = 1,560万円 ←評価額(再調達価格)

 

例2)例)東京都にある分譲マンション(M構造):建物部分の価格(専有部分と共用部分の持分):2,000万円、新築年:平成20年(建築費倍率:1.01)の場合

 

建物価格から専有部分の代金を算出するため、建物代金 × 40%で計算します。
2,000万円×40%=800万円
800万円×1.01=808万円←評価額(再調達価格)

マンションの火災保険のまとめ

分譲マンションの場合は、自分の持ち物である「専有部分」と、それ以外の区分所有者全体の持ち物となる「共有部分」とがあります。

 

共有部分については、通常はマンション管理組合で火災保険を掛けますので、個人では専有部分や家財に火災保険を掛けることになります。

 

分譲マンションの火災保険金額を評価するには、以下の2つがあります。

 

  • 新築費単価法による評価
  • 分譲価格を基にする評価

以上、マンションの火災保険と評価方法について学びましょうについての記事でした。

 

火災保険の比較検討で20万円以上の節約になる!?

 

次のページ
お父さん!火災保険では家財の補償はされませんよ

 

関連ページ

戸建てやマンションの火災保険選びで知っておきたい8つのポイント
はじめて火災保険に入る方向けに「火災保険の選び方」について解説。8つのポイントをチェックしよう
住宅総合火災保険と住宅火災の補償の違いは何?
火災保険の概要についてと住宅総合保険と住宅火災の補償の違い、全焼とはどういう状態をいうのかについて解説しています
火災保険で物置や蔵、車庫は補償範囲に入りますか?
火災保険で物置や蔵は補償範囲にはいるのかどうかについて解説しています
火災保険の保険金額はどうやって計算して決めるの?
火災保険の保険金額の決め方について解説しています
火災保険とは違う家財保険の役割を徹底解説!
火災保険は建物の補償はしますが、家財道具は補償対象外です。ここでは、家財となるのもの、保険金の目安などについて解説しています
火災保険の水災とはどういう災害が該当するの
火災保険の水災とはどういう災害があるのかについて解説しています
家財保険でノートパソコンやテレビの落雷故障は補償されるの?
家財保険でノートパソコンやテレビの落雷故障は補償されるのかについて解説しています
家財保険は必要なのか?保険料や保険金の相場・目安は?
家財保険は必要なのか?保険料の相場や保険金の目安等について取り上げています。
火災保険の見積もりをして実際に保険料を算出してみた結果
火災保険に加入するにあたりいくつかのサイトで見積もりをしてみました。その体験談を載せています。
火災保険の見積もりのポイントについて解説
火災保険に加入する際にはおおよその保険料を知るために見積もりをすると思います。では、その際にどのような点がポイントになるのかを取り上げてみました。
賃貸の家財保険とは?保険料の目安は?
賃貸マンション・アパートの家財保険とはどういったものなのか、また、保険料の目安などについてわかりやすく解説しています。
火災保険とは?
火災保険のことをわかりやすくまとめたページです。